IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:Cardanoサミットを基盤に

以下はIOGブログに掲載された記事「Building on the Cardano Summit」を翻訳したものです。

IOGブログ:Cardanoサミットを基盤に

週末のサミットは、カルダノのすべてを紹介するだけでなく、成長する開発者コミュニティと協力するためのプラットフォームを提供しました。

2021年10月12日 フェルナンド・サンチェス

カルダノサミットでの取り組み

最近行われた2日間のカルダノサミットは、グローバルな開発者コミュニティと交流する絶好の機会となりました。この画期的なイベントは、カルダノとそのパートナー、そして開発者が一堂に会し、創造性と相互作用の相乗効果を発揮する舞台となりました。このコラボレーションは、いくつかの素晴らしい結果をもたらしました。

IOGチームは、分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトをホストするためのCardanoの進化した可能性を紹介するために、コーディングチャレンジやハッカソンを企画したり、それに密接に関わったりしました。私たちはこれらの経験から多くを学び、また多くの楽しみを得ました。

IOGが企画・主催した「Plutus Capstone Challenge」(IOコミュニティチームのマシュー・キャップス氏の尽力に脱帽)と、Cardano Summitと同時開催された「WyoHackathon」です。このイベントでは、IOGチームがいくつかのチャレンジカテゴリーの開催に協力し、IOGのHernán Rajchert氏とPablo Lamela氏が審査員を務めました。

Plutus Capstoneチャレンジ

カルダノは、Alonzoハードフォークによる「プログラム可能な」メインネットやスマートコントラクトの提供など、ここ数ヶ月で多くのマイルストーンを達成しました。

現在、新しい開発エコシステムが生まれつつあり、その基礎となるコミュニティの取り組みの一つとして、Plutus Pioneerプログラムがあります。2021年3月初旬のプログラム開始以来、2つのコホートが卒業し、3,000人以上がPlutusと関数型プログラミングの貴重な入門講座を受講しました。

今回のカルダノサミットでは、これまでの歩みを振り返るとともに、Plutus PioneersとPlutus開発者パートナーを表彰し、「キャップストーン」イベントでスキルを披露する機会を提供したいと考えました。

サミットのキャップストーンイベントでは、世界中の開発者が集まり、コーディングの課題を解決しました。課題は、コミュニティ全体がPlutus分散型アプリケーション(DApps)の構築に役立つツール、例えばチェーンインデックスエクスプローラーなどを提供するために特に選ばれました。イベントは地域ごとの8時間で構成され、アジア太平洋地域からヨーロッパを経て、アメリカまで太陽を追いかけました。イベントは、土曜日に太陽が沈むと同時に終了しました。

イベントについて

各地域ごとに、IOGとパートナー企業5社の経験豊富なPlutusエンジニアのチームが参加者を指導しました。私たちは、このキャップストーンをあえて地味で非公式なものにしました。これは、学習体験であり、今後のイベントのための「テストベッド」でもあります。しかし、参加者は熱心で、真剣にチャレンジしていました。特に、IOGチームは、参加者が複雑なソリューションを解決するために、決められた時間よりも長く、一緒に作業をしようとする姿勢に感銘を受けました。

また、イベント自体のコミュニケーションや構成、特にIOG、MetalampMLabsObsidian、DQuadrantのPlutusエキスパートによるサポートの質についても、非常に高い評価をいただきました。私たちのメンターのうち3人は、Lars Brünjes博士による2020年のHaskellトレーニングコースの卒業生でした。これらの卒業生が、今では開発者がPlutusアプリケーションを構築するのを手助けできる段階に達しているのですから、この前向きな進化を見るのは素晴らしいことです。また、Cardano Stack Exchangeの利用も始まっており、問題が投稿されるとすぐに解決策が提示されます。

イベント終了時には、先駆者たちのチームが16の洗練された投稿を行い、課題を推論して解決しようとしていました。その中には、DAppsのためのNFT認証、Cardano-APIウォレットファンドの配布ツール、コンカレンシーのためのTrinket to Gold ‘smelter’ゲームのデザインなどが含まれていました。

カルダノの開発者を集めて、生まれつつあるPlutusコミュニティを祝うことができたという満足感に加えて、この基礎的なコーディングチャレンジに対する熱意と好意的な支持は、今後の開催を後押ししています。競技期間を延長したり、チームイベントを開催したり、イベントマーケティングを実施して、開発者のエコシステム全体を盛り上げることを計画しています。

WyoHackathon 2021

この間、ワイオミング州ララミーでは、9月24日金曜午後6時から26日日曜午前9時までウィークエンドイベントが開催されました。参加者は、ワイオミング大学からライブで、そして世界各地からDiscordを使ってオンラインで参加し、DevPostを介して応募しました。IOGの代表者は、一部のチャレンジカテゴリー設定や審判としてこのイベントをサポートしました。 

WyoHackathonには複数のカテゴリーが設けられ、140人の参加者により、合計20エントリーが登録されました。

IOGチームはMarlowe関連のカテゴリー2つの運営をサポートしました。 

  • Marloweコントラクト – Marloweコントラクトとしてモデル化できる既存の金融契約を見つけ、Marlowe Playgroundで開発する。
  • Marloweの未来 – Marlowe Suiteのさまざまなコンポーネントをいかに変更できるかビジョンを提供する

Marloweカテゴリーには5つの応募があり、賞は以下のように授与されました。

Marloweコントラクトカテゴリー受賞者:

  • #1(賞金$5,000 prize)- Pass through billing(パススルー請求)- ベンダーがクライアントに製品を再販または貸し出しする、異議があるか否かに応じて手数料を受け取るシナリオを検討。
  • #2($2,000 prize)- Pizza delivery(ピザデリバリー)- 配達の遅延状況に応じて一部(または全額)返金を提供するコントラクト。実装はクライアントのみに問い合わせるため、悪質なクライアントの可能性を考慮していなかった。
  • #3($1,000 prize)- Turing toil(チューリングトイル)- 筋力値を返す架空のオラクルを使用してインセンティブを与え、2人のスポーツジム仲間を個人的に、またはお互いにやる気にさせる。

Marloweの未来カテゴリーの受賞者は1件のみ:

  • #1($1,000 prize)- Company Merger – 架空オラクルにより元の株価を考慮しながら、2つの企業の株式を取得して結合する。

現地で行われたハッカソンのプレゼンテーションに参加してくれたPlutusエンジニアリングチームのColin Hobbins、現地およびDiscord経由で参加者のサポートをしてくれたKegan McIlwainとStone Olguinには、この場を借りてあらためて感謝の意を表します。

イベントについては、IOHKの研究者兼開発者のPablo Lamelaが、「すべての応募のオリジナリティにすっかりリフレッシュさせられました。この種の見解は、今後Marloweをユーザーのためにいかによりよいものに、役立つものにしていくかを知るのに役立ちます」と述べています。

最後に

Capstoneイベントにより、Alonzo更新に続くCardanoに開発者コミュニティから大きな関心を寄せられていることが確認されました。Cardanoは現在、DAppとスマートコントラクトをサポートする、多用途のスケーラブルなプラットフォームとなり、より幅広いコミュニティに温かく受け入れられています。

サミットはわずか48時間のイベントでしたが、コミュニティとの密接なコラボレーションがこれで終了するわけではありません。むしろ逆です。今後数週間、数か月をかけて、私たちはCardanoの機能を開発、拡張し続け、開発者コミュニティに、エコシステムとの交流に必要なツールやサポートを提供していきます。

Cardanoサミット2021のウェブサイトおよびIOG’のTwitterでは、すべての発表およびセッションがご覧いただけます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。