ニュース, ブログ, ...

IOHKのチャールズ・ホスキンスン、Cardano 2022年ロードマップ公開を予告 By U.TODAY

カルダノの生みの親であるチャールズ・ホスキンソン氏は、『2022年のカルダノのロードマップ』がまとまってきており、カルダノエコシステムが成長し、洗練され、適応し、より強くなっており、カルダノの上で構築されている何百ものプロジェクトを満たすために、多くの素晴らしいイノベーションが生まれているとツィート。これをU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「IOHK’s Charles Hoskinson Teases Cardano 2022 Roadmap Release」を翻訳したものです。

IOHKのチャールズ・ホスキンスン、Cardano 2022年ロードマップ公開を予告

カルダノ(ADA)の生みの親は、自分のプラットフォームが成し遂げた成長に魅了されている
IOHKのチャールズ・ホスキンスンがカルダノ2022年ロードマップ公開を予告

By Vladislav Sopov Sat, 11/13/2021 – 15:22

カルダノのブロックチェーンソリューションを手がけるInput Output Global(IOG)の共同創業者兼CEOであるチャールズ・ホスキンソン氏が、次のロードマップに期待することを発表。

“The technology is unbelievable”:テクノロジーは信じられない!

ホスキンソン氏はツイッターで、2022年までのプラットフォームの展望をカバーするように設計されたカルダノの次のロードマップへの期待と印象を語りました。

同氏によると、カルダノ(ADA)はエコシステム構築の面で手ごたえのある成長を達成しました。”生きている “エコシステムが強くなっています。

カルダノのスマートコントラクトの構築に興味のあるプロジェクトは、カルダノの技術が「信じられないほど素晴らしい」ものであるため、そのメカニズムに多くの素晴らしい革新を期待すべきだとホスキンソン氏は付け加えています。

この発言は、イーサリアム(ETH)のマキシマリストから特許取得済みの批判を受けた。特に、彼らはブロックごとに1つのトランザクションしか処理できないカルダノのUTXOモデルの機会についての語りを思い出した。

カルダノ(ADA)にとって重要な年

2022年は、カルダノにとって特別な年になるでしょう。それは、スマートコントラクト機能が完全に有効化されたプラットフォームに近づく最初の年だからです。

U.Todayが以前取り上げたように、カルダノ(ADA)はメインネットのAlonzoハードフォークの実装後、8月にプログラム可能なブロックチェーンになりました。

このリリースは、2021年のカルダノ(ADA)にとって最も重要なものでした。また、2021年3月31日には、カルダノ(ADA)のガバナンスがステーキングプールに移行しました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。