ニュース, ブログ, ...

カルダノ(ADA)創業者が語る2025年ロードマップの先にあるもの by Cryptonews

Musings and a bit of an AMA (Back from Africa)

チャールズさんが、自身の動画『Musings and a bit of an AMA (Back from Africa)』で、2025年ロードマップについて言及しており、これをCryptonewsが伝えています

以下はCryptonews.moneyに掲載された記事「Cardano (ADA) founder talks about what lies forward in 2025 roadmap」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)創業者が語る2025年ロードマップの先にあるもの by Cryptonews

By ADMIN 2021年11月15日

カルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、来るべき2025年のロードマップの中で何を期待すべきかを明らかにしました。

アフリカツアーから戻ってきて初めてのAMAで、ホスキンソン氏は2025年のロードマップがどのように形成されているかを語った。現在、ワーキングチームがBasho(芭蕉)とVoltaire(ヴォルテール)の残りのフェーズで何をすべきかを評価しているところだという。また、もうひとつのグループである “次世代技術 “についても同様です。

しかし、これらは現段階では、2025年のロードマップを確定する前に、オープンガバナンスで投票を行う必要がある提案だとホスキンソン氏は述べています。

現在、大規模なワーキンググループがあり、そのワーキンググループでは、BashoとVoltaireに残されたものを数値化しています。また、並行して次世代技術の検討を行っているワーキンググループもあります。

Bashoは、大量の取引を想定して、開発や採用を支援するためにコミュニティの効率を高め、スケーリングすることを意味します。一方、ヴォルテールは、IOHKが事業から撤退したときに、カルダノが実際に分散化されるように、自立したエコシステムを作ることに関係しています。

では、2025年のロードマップは、前回のロードマップとどう違うのでしょうか?

現在のフェーズでは、まだ大きな課題が残っています。

まだ決まっていないロードマップの目標をイベントのタイムラインに合わせるには、3回のHFCイベントを通して行う必要があります。これは、2月、6月、10月に予定されています。

さらにホスキンソン氏は、より具体的な内容が明らかになった時点で発表すると付け加えました。とはいえ、ロードマップの目標を達成するためには、HFCの開催日が影響します。

カルダノには3つの大きな変化があり、それが2月、6月、10月の3つのHFCイベントです。その期間のどこかで、ロードマップのコンセプトをゆっくりと展開していくことになるでしょう。

と述べています。

具体的な内容については言及しなかったが、ホスキンソン氏は、BashoスケーリングとVoltaireガバナンスのフェーズが終了したことに関して、「人々が満足するような素晴らしいこと」に言及した。

最近話題になっているのが、Hydraのレイヤー2スケーリングソリューションです。IOHKでは、「アイソモーフィック・ステート・チャンネル」という専門技術により、Hydraヘッド1つにつき1,000トランザクション/秒(TPS)、1,000ヘッドを組み合わせて1,000,000TPSを実現するとしています。

カルダノの顧客数は数十万人から数十億人へ

2025年のロードマップは、これまでのロードマップを終わらせて、カルダノを新たな時代に導くという、かなり厄介な区間をまたいでいます。

従来のロードマップでは、インスピレーションの設定、分散化、グッドコントラクト、スケーリング、ガバナンスがテーマでしたが、新しい2025年のロードマップでは、数十万人の顧客から数十億人の顧客へと成長するための課題に焦点を当てています。

2025年のロードマップは、数百万人から数十億人へと成長していく中で、エコシステムとしてどのような未来の市場、問題、懸念を捉える必要があるのか、という点に重点を置いています。

と述べています。

ブロックチェーンの専門知識を用いて建設的な世界の変化をもたらすことが、カルダノチェーンの最終的な目標なのです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。