ニュース, ブログ, ...

カルダノ、7日間で大量のDeFiインフローを記録、dAppsの数が増加

DefiLlamaのデータによると、カルダノのDeFiエコシステムの総価値ロック(TVL)は、過去24時間で7.36%の正の増加を記録しています。また、カルダノのdAppsの数が増加し、そのチェーンに付加価値を与えており、7日間にわたり大幅なDeFi流入を記録しています。

これをU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Records Substantial DeFi Inflows Over 7-Day Period as Number of dApps Increases」を翻訳したものです。

カルダノ、7日間で大量のDeFiインフローを記録、dAppsの数が増加 by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年07月19日

DefiLlamaのデータによると、カルダノのDeFiエコシステムはより多くの資本を引き寄せており、その総価値ロック(TVL)は過去24時間で7.36%の正の増加を示しています。CardanoのDeFiは、7月13日から7月18日の間におよそ2100万ドルの資金流入を経験しました。これを反映して、total value locked(TVL)は7月13日の約1億955万ドルから7月18日の1億2831万ドルに増加しました。

CardanoのTVLは現在、ステーキングされたガバナンストークンの価値を除くと、およそ1億2831万ドルとなっています。しかも、ステーキングを含めると、そのTVLは現在1億5535万ドルであり、12個のdAppがこれに貢献しています。これは、年初の6つのdAppsから増加したものです。

Wingriders(WRT)は35.36%の優位性を持ち、現在5494万ドルをロックしていています。MinSwapは2位で、4,294万ドルをロックしています。SundaeSwapは現在、2459万ドルの価値がロックされています。

Vasilはより多くのプロジェクトの立ち上げを可能にするかもしれない

Vasilのアップグレードは、いくつかの重要な機能を提供することを目的としており、Cardanoのパフォーマンスを大幅に向上させると同時に、追加のプロジェクトの立ち上げを可能にするかもしれません。さらに、既存のdAppsにアップグレードパスを提供し、スピード、トランザクション能力、スクリプトパワーを向上させることも目的としています。

ネットワークパフォーマンスを強化するために、IOGはすでに2022年にいくつかの一貫したパラメータの最適化(ブロックサイズやスクリプトのメモリユニットの増加など)の実装を開始しています。Diffusion Pipeliningを含むVasilハードフォークは、ブロック伝搬時間を加速させ、より良いスループットを可能にすることで、物事を一段とシフトさせます。

VasilはPlutusプラットフォームをさらに強化し、開発者がより速く、より効果的なdAppsを生産できるようにしたいと考えています。現在のPlutus V1バージョンでは、参照入力、参照スクリプト、インラインデータムを使用できないため、Vasilハードフォーク後のエポックから、Plutus V2の機能にアクセスできるようになる予定です。

Vasilハードフォークは、暫定的に7月最終週に予定されています。

免責事項:ここで述べられた意見は投資アドバイスではありません – それは情報提供のみを目的として提供されています。必ずしもU.Todayの意見を反映するものではありません。すべての投資および取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。