エポックな日々, ニュース, ...

世界ブランドへ躍進するカルダノ、重要な局面にたどり着いたVasilハードフォーク最新状況:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック359

世界ブランドへ躍進するカルダノ、重要な局面にたどり着いたVasilハードフォーク最新状況

最新Vasil更新状況

まさにカルダノの史上最大のハードフォークの一つであるVasilハードフォークの準備は整いつつあります。具体的な日程を決める上でのコミュニティが到達すべき3つのクリティカルマス指標は、あともう少しのところまで来ています。

3つのクリティカルマス指標は下記の通りで、カルダノの開発会社IOGがVasilのアップグレードに向けたエコシステムの準備ページ『Ecosystem readiness for Vasil upgrade』がリリースされ、このページではクリティカルマス指標に基づいた最新の情報が更新提供されています。

  • メインネットブロックの75%が最終的なVasilノード候補(1.35.3)によって作成されていること。
  • 約25の取引所がアップグレード(ADA流動性の80%に相当)
  • TVLによるトップ10のDAppsは、PreProductionで1.35.3にアップグレードし、メインネットの準備ができたことを確認しています。

この記事によれば、現在ノードリリース候補(1.35.3)が配信され、ダウンストリームのコンポーネントがアップデートされたため、SPO、開発者、取引所は現在、ハードフォークコンビネーターイベントの前に最終統合テストとアップグレードを実施しているとのこと。

このうちSPO(ステークプールオペレーター)によるVasilノードリリース候補(1.35.3)のアップグレード率は、エポック360開始時点で73%に達しており、クリティカルマス指標の一つ目の『メインネットブロックの75%が最終的なVasilノード候補(1.35.3)によって作成されていること』を既にクリアしています。

また、SIPOも三つのプール[SIPO][SIPO2][SIPO3]のコア、リレーノードのv1.35.3へアップグレードを完了し、全プールでのブロック生成を確認済みです。

残りの指標の25の取引所と主要Dapps開発者の準備が整えば、IOGはカルダノ財団と密接に協力し、メインネットのアップグレード日程を決定するとしています。

Vasiハードフォークイベントの日程は9月中

カルダノの創始者でありカルダノの開発会社IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏の最新動画『Vasil Update 08-26-2022』によれば、ダウンストリームのコンポーネントは31日にリリースされるとのこと。そして、取引所では、カルダノの取引量の約30~40%を占めているバイナンスはアップグレードを完了しており、クラーケン・コインベースなど、他の取引所もそれに続くと伝えています。

また大規模なテストも並行して行われており、今のところ大きなバグも問題もなく、すべてのインフラは順調に進んでいるとのこと。うまくいけば、コミュニティと協力して、ハードフォークの日程はもうすぐ決定すると伝えており、おそらく9月中と述べています。

Vasilがもたらす業界トップクラスのパブリックブロックチェーン

記事『Ecosystem readiness for Vasil upgrade』によれば、カルダノはこれまでにShelley、Allegra、Mary、Alonzoという大型アップグレードを経てきました。一つ前のAlonzoハードフォークでは、Maryで導入されたネイティブトークンに加え、Plutusスクリプトを使ったスマートコントラクト開発を可能にする多機能な環境を導入し、Cardano上の分散型アプリケーション(DApps)、分散型取引所(DEXs)、分散型金融(Defi)ソリューション開発のための新しい可能性の数々をもたらしました。

そして今、さまざまな新しいアプリケーションを効率的に開発するために、台帳を拡張・最適化することで、カルダノエコシステム上でリリースされている93のプロジェクトに、Vasilのリリースを待って現在開発中のプロジェクト1075の大半が、一気に雪崩れ込んでくることになるでしょう。

Vasilアップグレードは、Cardanoコミュニティで愛され、尊敬されていた故Vasil St Dabovにちなんで名付けられました。このアップグレードは、カルダノのハードフォークコンビネーター(HFC)アプローチを用いて大幅な改善をもたらし、スループットの向上、スクリプト効率の向上、ブロック伝送のレイテンシーの短縮によってネットワークのパフォーマンスを向上させます。

また、カルダノは遂に最もユニークで強力なスマートコントラクト型のパブリック・ブロックチェーンとして、業界トップクラスのプラットフォームとなることになります。

カルダノの今後の飛躍の可能性を益々大きなものにする二つのニュース

カルダノは、『トップブランド親密度2022:MBLM Top Brand Intimacy 2022』レポートによると、商スコア52.6で、暗号通貨ブランドのトップとして浮上し、自動車メーカーのBMWや食品加工会社のネスレといった他の主流ブランドを抑えて、全体で26位にランクインしました。

これは、いよいよカルダノが暗号業界のみならずグローバル企業全体を通じて、更なるインパクトを与える存在として、次のレベルの飛躍と成長を遂げると考えられます。

また、CoinJournalの記事Cardano the most popular cryptocurrency on Instagram」によれば、メジャーで最大規模のSNSプラットフォームであるInstagram上で、最も人気のある暗号通貨のランキングを確認したところ、Instagramで最も人気のある暗号としてランキングされています。

そしてカルダノ・コミュニティ最大のグローバルイベント「Cardano Summit 2022」がやってくる

そしてカルダノ・コミュニティ最大のグローバルイベント「Cardano Summit 2022」の日程が発表されました。

カルダノ財団のTwitterによるとCardano Summit 2022と銘打たれたこのカルダノ最大のイベントは、ブロックチェーン技術に関心のあるすべての人に無料で公開され、コミュニティをひとつにすることを目的としています。

開催日は2022年11月19日~21日に開催予定で、3つのイベントオプションがあり、メインステージイベント、コミュニティ主導型イベント、バーチャル参加があります。Cardano Summit 2022の参加登録は、9月に開始される予定です。

メインステージイベントは、スイスのローザンヌにあるSwissTech Convention Centreで行われる予定です。同様に、多数のコミュニティ主導型イベントが、世界中のさまざまな都市(50カ所以上)で開催される予定です。

Cardano Foundationは、サミットの時間とアジェンダに関する具体的な情報は、現在最終調整中であるため、追って共有されることになると説明しています。

このようにカルダノコミュニティは、規模も質において業界トップクラスかつ世界の名だたる企業へと成長しており、今後の飛躍の可能性を益々大きなものにしています。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック358

カルダノの創設者、”Hush-Hush “文化への批判に対処
Instagramで最も人気のある暗号通貨はカルダノ
Vasilハードフォークが近づく中、Cardano Summit 2022の日程が確定
Vasilハードフォークの最終候補となるcardano-node1.35.3 のマニュアルがリリース
カルダノは最新の「トップブランド親密度2022」レポートで最高位の暗号ブランドとなる
カルダノ(ADA)、「ブランド・インティマシー」(親密度調査)でトップの暗号通貨となる!!
Project Catalyst Found9投票更に延期
  • Aug 4, 2022 @ 11:00 UTC – SNAPSHOT (already took place)
  • Sep 1, 2022 @ 11:00 UTC – VOTING START (24 hour soft launch when things ‘may’ break)
  • Sep 2, 2022 – VOTING START (full on)
  • Sep 15, 2022 @ 11:00 UTC – VOTING END
  • ± Sep 21, 2022 – TALLYING & RESULTS

https://t.co/iAeD9cDLPH

The Mithril Repo is now open
カルダノ週間開発リポート:2022年8月26日
SundaeSwap Labsは、Vasil ハードフォークを経たプレビュー環境でテスト
チャールズ・ホスキンソン氏:Vasil Update 08-26-2022
Vasilのアップグレードに向けたエコシステムの準備状況
SIPO]+[SIPO2]+[SIPO3]コアノード、リレーノード全てv1.35.3にアップグレード完了

ステーキング状況 in エポック359

エポック360開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック359ステーキング報告
SIPOエポック359ステーキング報告
[SIPO]は6600個目のブロック生成に成功
SIPO2エポック359ステーキング報告
SIPO3エポック359ステーキング報告
[SIPO3]は3100個目のブロック生成に成功

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。