ニュース, ブログ, ...

ノンカストディアルの融資プロトコルであるAada Financeは、Cardanoメインネット上でライブを開始

ノンカストディアルの融資プロトコルであるAada Financeは、Cardanoメインネット上でライブを開始しました。

このアプリは、カルダノネイティブアセットの貸し借りを可能にする初めてのプラットフォームであり、カルダノのeUTxOモデルを最大限に活用することを目指しています。

アプリガイドはこちらの記事『How to use the platform?
Aada Financeリンク先:https://linktr.ee/aadafinance

このことについてCryptoadventure.comが記事で伝えています。

以下はCryptoadventure.comに掲載された記事「Aada Finance Is Live and Open for Lending and Borrowing on Cardano Mainnet」を翻訳したものです。

Aada Financeがカルダノ・メインネット上で貸し借りを開始 by Cryptoadventure.com

ノンカストディアルの融資プロトコルであるAada Financeは、Cardanoメインネット上でライブを開始しました。

このアプリは、カルダノネイティブアセットの貸し借りを可能にする初めてのプラットフォームです。さらに、このプロトコルは斬新なNFTボンド機能を導入しており、ユーザーはオープンマーケットでローンを譲渡・取引できるようになります。

Aada Financeの共同創業者であるMantas Andriuskaは、次のように述べています。

Aada Financeのプロトコルを立ち上げ、カルダノ上での貸し借りを通じて新しいDeFiユースケースを促進できることに興奮しています。ピアツーピアはブロックチェーン上に構築する正しい方法であり、私たちはeUTxOモデルを最大限に活用する予定です。最終的に、私たちの主な目的は、効率的な貸し借りを提供することです。このソリューションは、カルダノ・コミュニティがここ数カ月間熱心に待ち望んできたものです。

DeFiイノベーションの足跡をたどる

AadaのV1プロトコルのローンチは、Vasilハードフォーク前のセンチメントと完全に一致するものです。しかし、単に先行者としての優位性に頼るのではなく、この貸出プラットフォームは、その斬新なNFTボンド戦略で際立っています。

チームの最も重要な機能であるNFTボンドは、ローンをNFTの形でトークン化することにより、DeFiにイノベーションをもたらします。その結果、貸し手と借り手はローンを譲渡・売却することができ、DeFiにおける清算人の役割に道を開くことになるのです。

まとめ

この1年、カルダノのエコシステムでは活発な開発活動が見られましたが、Aadaもその例に漏れませんでした。ブロックチェーンは、まだそのDeFi dAppsの大部分がローンチされていません。しかし、Aada Financeは先発者の優位性を活用することに成功しました。ブロックチェーン上で初の本格的な貸し借りプロトコルとなることで、このプラットフォームはカルダノエコシステムのより広い採用への道を開くものです。

免責事項:これは有料のプレスリリースです。読者は、同社に関連するいかなる行動を取る前にも、各自で調査する必要があります。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。