ニュース, ブログ, ...

カルダノ財団、グルジア国立ワイン庁と提携

2022年9月14日カルダノ財団はブログで、グルジアの国立ワイン庁、ボルニジ・ワインメーカーズ協会、スカントラストと共同で、グルジアワインの品質と真正性を保証するソリューションをカルダノ・ブロックチェーン上で構築すると発表しました。

この4つのパートナーは、柔軟で公開された追跡ソリューションを開発し、高級ワイン生産地としてのグルジアの国際的な評判を高めていく予定とのこと。

カルダノ財団のエンジニアリング担当副社長であるメル・マッキャンは、次のように述べています。

カルダノ財団は、あらゆる種類の企業やシステムのためのソリューション開発を促進する技術統合の取り組みを誇りにしています。このコラボレーションは、創造的で費用対効果が高く、柔軟な認証・トレーサビリティシステムを開発し、収穫時点から消費時点まで、ワイナリーと顧客に透明性と信頼性を提供します。

カルダノ財団が主導するこのパートナーシップは、ワインメーカーにとって費用対効果が高く、顧客エンゲージメントを高める共有のスケーラブルなプラットフォームを開発することで、個々のワイナリーをサポートする予定とのこと。

また、パイロット・プログラムはボルニジ地方で展開され、地元市場と輸出市場の両方にサービスを提供する予定で、2022年秋に収穫され、2023年春に瓶詰めされたワインを最大10万本使用する予定です。ボトルには、消費者が製品の信頼性を確認し、その歴史について学ぶことができる、ユニークで安全なQRコードが付いた特別なラベルが貼られる予定です。

さらに、National Wine Agencyは、Cardanoブロックチェーンを使用して、輸出市場向けのワインに関する既存のワイン認証データから、公開された検証可能な記録を作成する予定です。

ソース:『Cardano Foundation Partners with Georgian National Wine Agency

これについてU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Founder Talks About “Key Cause” of Market Sell-off, ADA Down 8%」を翻訳したものです。

グルジアワインの品質を保証するカルダノ・ブロックチェーン by U.TODAY

by Alex Dovbnya 2022年9月15日

カルダノ財団は、グルジアの国立ワイン庁との提携を発表しました。

グルジアワインの品質を常に高く保つために、Cardanoのブロックチェーン技術が利用されることになる。

同財団は、スイスのコネクテッドグッズおよびパッケージングプラットフォームのスカントラストと共同で、「創造的」で「費用対効果の高い」認証およびトレーサビリティシステムを開発する予定です。

試験的なプログラムとして、クヴェモ・カルトリ地域の都市ボルニジで来春に瓶詰めされる10万本のワインが対象となります。消費者は、固有のQRコードを使ってその真偽を確認することができるようになります。

National Wine Agencyの会長であるLevan Mekhuzla氏は、Cardanoの技術により、サプライチェーンのトレーサビリティを大規模に展開することが可能になると述べている。

昨年、ジョージア州政府は、ノルウェーのブロックチェーン企業WiV Technologyと協力関係を結び、ワインの非偽造トークンを鋳造することにも成功しました。

ブロックチェーンの力を借りてワインの偽造をなくすという発想は、新しいものではない。2018年にさかのぼると、ベンチャーキャピタル企業のメディチ・ベンチャーズが、ワイントラッキング企業のVin-Xの株式を取得した。

U.Todayが報じたように、会計界の巨人アーンスト・アンド・ヤングの日本支社である。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。