ニュース, ブログ, ...

Vasilの発表以来、カルダノが数百万件以上の取引を記録:9月19日にメインネットアップデート案が提出

9月19日にメインネットアップデート案が提出され、Vasilのアップデートがファイナルマイルに到達、これが9月22日のハードフォークイベントのトリガーとなり、Alonzo時代からBabbage時代の到来となります。この時点でカルダノはVasilの発表以来、既に数百万以上のトランザクションを記録しています。

これをU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Records Millions More in Transactions Since Vasil Announcement」を翻訳したものです。

Vasilの発表以来、カルダノが数百万件以上の取引を記録 by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年9月17日

Cardanoネットワークは、合計で5,000万件以上の取引を処理し、Cardanoにとって新たなマイルストーンとなった。Cardanoscan.ioによると、現時点では50,033,448件以上のトランザクションが実行されています。

5,000万トランザクションおめでとうございます #Cardano

@EdnStuff 2022年9月15日

Vasilのバージョンアップに関する発表が行われた6月上旬、U.Todayが報じたカルダノ財団によるトランザクション数は4250万とされました。

現在、この数は800万件近く増えている。Vasilハードフォークは当初、6月下旬に開始される予定だったが、さらなるテストの必要性に基づき、その後延期された。

6月下旬、CardanoブロックチェーンビルダーであるInput Outputは、Vasilノード1.35.0のリリースに伴い、Vasilネットワークのアップグレードのカウントダウン開始を発表する声明を発表しています。IOGチームは7月3日にテストネットをVasilの機能にハードフォークし、そのためテストが継続されました。

Vasilのハードフォークは9月22日にメインネット上で実行される予定であり、取引量がかなり増加することが予想されます。

Vasilは現在、最終マイルに入っています

Vasilのアップデートはまだファイナルマイルにあります。U.Todayが報じたように、注意すべき重要な日付があります。まず、9月19日にメインネットアップデート案が提出され、9月22日のハードフォークイベントのトリガーとなり、AlonzoからBabbageへの移行時代の到来ともなる見込みです。IOGは、Vasilのケイパビリティは9月27日のエポック366の開始時に利用可能になると述べているため、メインネットで利用可能になるまで5日間かかる可能性があります。Plutus V2コストモデルもこの日にメインネットで利用可能になる予定です。

エコシステムの準備に関する最近のIOGレポートでは、Vasilノード候補1.35.3によってメインネットブロックの98%がすでに作成されており、「ノードの準備」という指標はすでに満たされていることを示している。また、流動性上位12取引所のうち、Binance、Upbit、MEXC、Bitrue、AAX、WhiteBIT、BKEXの7取引所がVasilレディネスを表明しているとのことです。

免責事項:ここで述べられた意見は、投資アドバイスではありません – それは情報提供のみを目的として提供されています。また、必ずしもU.Todayの意見を反映するものではありません。すべての投資および取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。