ニュース, ブログ, ...

カルダノ財団、2023年のADA計画の概要を発表

YouTubeチャンネルLearn Cardanoが公開した動画『Interview with the CEO of the Cardano Foundation, Frederik Gregaard』で、カルダノ財団のCEOであるFrederik Gregaard氏がADA計画の概要を発表しました。

Gregaard氏は、「短期的にも長期的にも本当に針が動く」と信じている2023年のCardanoの計画に対して興奮を示し、また、そのコミュニティの外でエコシステムが成熟することを期待しました。

これをFinbold.comが伝えています。

以下はFinbold.comに掲載された記事「Cardano Foundation outlines ADA plans for 2023 – here are the key notes」を翻訳したものです。

カルダノ財団、2023年のADA計画の概要を発表:主要なメモ by Finbold.com

by Ana Nicenko 2022年11月16日

暗号通貨市場FTXクラッシュの余波に苦しみ続けているが、Cardano(ADA)チームは、Cardano FoundationのCEOであるFrederik Gregaard氏を含め、そのプラットフォームの将来について楽観的である。

実際、Gregaard氏は11月15日に公開されたインタビューでLearn CardanoのPeter Bui氏に語ったように、「短期的にも長期的にも本当に針が動く」と信じている2023年のCardanoの計画に対して興奮を示し、また、そのコミュニティの外でエコシステムが成熟することを期待しました。

彼はこう説明しています。

私が興奮していることはたくさんあります。今はまだ話すことのできない統合がありますが、短期的にも長期的にも本当に針が動くので、それが実現することを望んでいます。しかし、私が主に期待しているのは、今日カルダノを知り、愛している人々の外でカルダノが成熟するのを見ることだと思う。私たちの周りで見ているものは騒乱である。

さらにGregaard氏は、現在の騒乱に対するカルダノの利点を挙げ、プラットフォームが 「実行、改善、実装、地域コミュニティでの価値の付加を続け、ブロックチェーンを構築し、世界中で実装する新しい方法を模索し続けている。」と述べています。

普及と教育

プラットフォームが繁栄するためにコミュニティができることは何かと司会者から問われたカルダノ財団のCEOは、トークン所有以外のカルダノのユースケースを広めることが最も重要であると述べました。

ブロックチェーンが真に価値を与える場所についての情報は非常に少なく、(…) 雇用を守り、新しい仕事を作り、持続可能な足跡を作り、オペレーションモデルを変えることができる産業は非常に多くありますが、それらのユースケースについての情報は非常に少ないのです。

2つ目の部分は、「教育(ブロックチェーンに関する)が、多言語や配信スタイルで、より利用可能、消費可能、アクセス可能になることを保証する 」ことです。

彼が強調したように、カルダノ財団は、学校や職場などの地域コミュニティでブロックチェーンの授業をボランティアで行う場合も含め、これを達成するために必要なツールを「喜んで提供しようとする」だろう。

拡大し続けるエコシステム

一方、カルダノは過去2年間、スマートコントラクトやスケーラビリティの導入、暗号ウォレットの加速的な成長の記録、1週間で3万件以上の追加など、多くの改善を経てきたとFinboldは報じている。

また、カルダノがLaceと呼ばれる新しい軽量のマルチチェーン暗号ウォレットを開発していることは注目に値します。これは、Web2とWeb3の要素を単一のインターフェースにシームレスにリンクすることを約束し、チームはこれをゲームチェンジャーとみなしています。

プレスタイムでは、カルダノのADAトークンは、先週の衝撃の後、暗号通貨市場の下落が減速し始める中、一日で1.30%、一週間で6.49%下落し、$0.3362という価格で取引されています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。