ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

SigularityNETがEthereumからCardanoへの移行フェーズ2を開始

この記事は、CRYPTO NEWS FLASHの記事「SigularityNET starts its phase 2 of migration from Ethereum to Cardano」を翻訳したものです。

By REYNALDO 2021年2月9日

SingularityNETコミュニティは、Ethereumからの移行を開始するためにCardanoで10億AGIトークンを造幣することに賛成票を投じました。

このトークンは91年の間に1.5%の下落率で発行されます。

EthereumベースのSingularityNET(AGI)がCardanoへの移行を開始しました。プラットフォームの次のステージに向けた開発を加速させることを目的としたイニシアチブのフェーズ2の一環として、そのコミュニティは、AGIトークンをCardanoブロックチェーン上に統合することに投票しました。

SingularityNETは、画像処理、タイムラプス分析、データ分析などの単純なタスクを持つAIエージェントをホストする分散型プロトコルを持つAIソリューションです。2020年10月上旬にIOHKとの提携により、Cardanoに移行することが発表された。

SingularityNETのCEOで創業者のBen Goertzel氏は、Cardanoは “Ethereumよりも優れたブロックチェーン “であると述べ、移行を正当化した。投票は4日間続き、Goertzel氏の支持を得た。最終的には、賛成が1億8700万票、反対が2000万票でした。明確な支持を受けたことを踏まえ、Goertzel氏はコミュニティの参加に感謝し、次のように述べています。

私たちは、この提案が利益をもたらすことができる分散化された一般的なインテリジェンスという私たちの使命に向けて取り組むための最良の方法だと本当に感じています…。

この投票に注目し、私たちが話していることを理解するために時間を割いてくれた皆さんに感謝します。私たちは、コミュニティの信じられないほどの支持を得て、より速いペースで進むことができることに興奮しています。

SingularityNETとカルダノ上での開発状況

移行の一環として、10億個のAGIトークンがカルダノブロックチェーン上に作成されます。このトークンは、毎月の期間をかけて徐々に発行され、発行率は低下します。最初の発行は1,500万AGIで構成され、発行率はプロセス中に1.5%減少します。

合計すると、発行完了までに91年を要する。Goertzel氏は、「プラットフォームの開発を支援するために、より多くのリソースを割り当てることができる」ことを期待している。次のステップは、SingularityNETの分散型ガバナンスモデルを強化することになるだろう、とGoertzel氏は付け加えた。

SingularityNETの次の段階にとても興奮しています。Charles Hoskinson氏とCardanoコミュニティ全体の協力に感謝しています。私はこれを非常に重要なことだと考えています。Cardanoチームとそのコミュニティは、私たちの次の目標に向けて貴重な味方となるでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。