ニュース, ブログ, ...

機関投資家の関心が高まる中、ビットコインと真っ向勝負を繰り広げるカルダノ

以前Decryptが記事で(Mar 10, 2021)「ボイジャー・デジタル(*)による暗号資産市場への調査によれば、米国の個人投資家は、ビットコインよりもカルダノに強気である」と伝えていましたが、調査やレポートによると、投票した投資家全体のうち、30%近くがカルダノに関しては強気であると見られており、代わりにビットコインを選んだ投資家は20%強しかいないことが明らかになっています。

今回はこの関連記事として、Zycrypto.comの記事をご紹介します。

参考記事
10 Mar, 2021:米国の個人投資家はビットコインよりもカルダノに強気:ボイジャー・デジタル調査
04 Apr, 2021:機関投資家の関心が高まる中、ビットコインと真っ向勝負を繰り広げるカルダノ

下記の記事はZycrypto.comの記事「Cardano (ADA) Adds Over 200,000 Reddit Subscribers in Less Than Three Months」を翻訳したものです。

機関投資家の関心が高まる中、ビットコインと真っ向勝負を繰り広げるカルダノ

by Erie Maxwell – 2021年4月4日

カルダノのADAは、ビットコインやイーサリアムよりもはるかに多く、最近の暗号世界を席巻しています。

調査やレポートによると、投票した投資家全体のうち、30%近くがカルダノに関しては強気であると見られており、代わりにビットコインを選んだ投資家は20%強しかいないことが明らかになっている。

前述のレポートや調査では、2021年2月にカルダノの取引量が200億ドルに達し、過去最高を記録したことが明らかになっています。

この成功により、カルダノは一時的に時価総額で4番目(実際は3位)に大きな暗号資産となりましたが、現在ではトップ暗号通貨の表の6位に落ちています。

実際のところ、ADAの最近の漸進的な進歩は、投資家や暗号通貨コミュニティにとって非常に衝撃的なものであり、VoyagerのCEOであるSteve Ehrlich氏は、カルダノが一時的にビットコインを上回ったという事実は、控えめに言っても実に予想外であると主張しました。

同CEOはさらに、このような情熱と熱意こそが、デジタルトレーディングや暗号通貨の世界で必要とされているものだと述べています。そのためスティーブは、他の暗号通貨がどのように対応し、どのようなイノベーションを起こすのかを楽しみにしています。

ビットコインはまだ最も人気がある

カルダノは人気と関心の両方を安定的に供給しているかもしれませんが、多数のトップベンチャーファンドは、ADAにはまだ先があると感じており、依然としてビットコインに好意的で、そのためカルダノではなくBTCを選んでいます。

しかし、最近のデジタル資産の成功は、決して控えめなものではありません。実際、ある投資家はADAに1200ドルの景気刺激策を利用し、全体の投資の一部として4万ドル以上を得ることに成功しました。

結局のところ、これは暗号通貨がますます普及していることを示すものであり、多くの情報源は、近い将来もこの状態が続く可能性が高いと指摘しています。

しかし、ビットコインの価格が高いため、多くの人がアルトコインという形で代替品を探すという選択肢を積極的に検討しています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。