ニュース, ブログ, ...

イーサリアムは第2位の暗号通貨のままでしょうか?

下記の記事はMoneywebの記事「Will Ethereum remain the second largest cryptocurrency?」を翻訳したものです。

イーサリアムは第2位の暗号通貨のままでしょうか?

ポルカドットやカルダノなどの小規模な暗号通貨が、スマートコントラクト分野におけるイーサリアムの優位性に挑戦している。

By Ciaran Ryan 2021年4月13日 00:02

イーサリアムの過去12ヶ月間の1,330%の急上昇は、分散型金融(DeFi)と非ファンジブル・トークン(NFT)の劇的な出現によってもたらされたものですが、この分野での優位性を目指してイーサリアムに迫る暗号通貨が他にもあります。

その中でも、昨年1年間で3,500%以上上昇したカルダノや、2020年8月に初めて取引されてから1,360%上昇したポルカドットが代表的です。

これらの暗号通貨は、ビットコインとどう違うのでしょうか?

ビットコインの主な目的は、従来の不換通貨(ランドやドルなど)に代わる有力な通貨としての地位を確立することであり、ピアツーピアのデジタルキャッシュとして設計されました。今日、ビットコインは、価値の貯蔵庫(金に似ている)と交換媒体(通常の通貨のような)の両方として使用されています。

ビットコインとは異なり、イーサリアム、ポルカドット、カルダノは、単に価値の保存やデジタル現金として機能する以上のことができるブロックチェーン技術を提供する暗号通貨プロジェクトです。彼らは、スマートコントラクトや分散型アプリケーションを実行するための多目的ブロックチェーンを提供しています。これは、エンドユーザーが何を達成したいかによって、彼らのブロックチェーンが複数の方法で使用できることを意味します。

例えば、イーサリアムのブロックチェーンのネイティブな暗号通貨であるETHは、ビットコインと同じようにデジタル通貨として使用することができますが、それは主要な目的ではありません。例えば、イーサリアムのブロックチェーンに搭載されている暗号通貨であるETHは、ビットコインと同様にデジタル通貨として使用できますが、それは主要な目的ではありません。

スマートコントラクトと分散型DAppsとは何ですか?

スマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)というと難しく聞こえますが、実際にはシンプルな概念です。これらは、ブロックチェーン上で動作するコードやプログラムのことで、特定の条件に基づいて自動的にアクションを実行します。

例えば、注文した料理が配達され(アクション完了)、顧客が注文を受け取ったことを確認した場合(条件完了)、フードデリバリーサービスへの支払いが承認される(支払い完了)といった具合です。
また、複数のスマートコントラクトを組み合わせると、「DApps」と呼ばれる分散型アプリができあがります。これは、iOSやAndroidの携帯電話上で動作するアプリのようなものですが、代わりにブロックチェーン(イーサリアム、ポルカドット、カルダノなど)の上で動作します。

これらのスマートコントラクトを実行したり、DAppsを動作させたりするには、各ブロックチェーン上のネイティブな暗号通貨を使用して、マイナーがトランザクションを処理して検証するためにかかるコストを支払わなければなりません。スマートコントラクト・ブロックチェーン・ネイティブ暗号通貨の価値が上がるのは、これらのブロックチェーンネットワークの利用者が増えることによってです。これは単に、需要が当該暗号通貨の供給を上回ったということです。

これは何を意味するのでしょうか?

イーサリアム、カルダノ、ポルカドットは、スマートコントラクトや分散型アプリケーションの開発・実行を可能にするオペレーティング・システムとしてのブロックチェーンを提供しています。これにより、貸付、ゲーム、投資、利息の獲得はもちろん、保険の購入や国家間の取引など、何百万もの潜在的なユースケースが可能になります。

“Revix社のCEOであり創業者でもあるSean Sanders氏は、

暗号市場はすでにAppleよりも大きく、ビットコインやイーサリアムだけではなく、さまざまなものにさまざまなアプリケーションが存在するようになるからです。

もしあなたが、”新しい常識 “を形成するトレンドを利用したいと考えているのであれば、グローバルで、世代的で、デジタルな資産への投資を検討してください。
サンダースは、契約や税金の支払いから入札関連資金の追跡まで、あらゆることが個人と企業を直接つなぐ配管に組み込まれ、幅広い種類の新しいビジネス関係が築かれる未来を描いています。

大きな汎用ブロックチェーンの戦いが始まっています。イーサリアム、カルダノ、ポルカドット、そしてEOS、VeChain、Tronが、ブロックチェーンベースのアプリケーションのための次の世界的な分散型オペレーティングシステムになるために競争しています。

とSean Sandersは言います。

これは、1990年代初頭のインターネットの発展や、2000年代初頭のクラウド技術にも通じる、ここ数十年で最もエキサイティングな開発のひとつです。

“そして、確実に言えることは、大きな勝者と敗者が出るということです。”と付け加えます。

すべての暗号通貨がデジタルキャッシュになろうとしているわけではないので、これは誤った表現です。スマートコントラクトバンドルは、スマートコントラクトに対応した上位5つの暗号通貨を収録し、市場の変化に合わせて毎月自動的にアップデートされます。これは、どの暗号通貨が次の大きなサクセスストーリーになるかに賭けることなく、この急成長中の暗号テーマに安全に投資する最も安全で簡単な方法だと考えています。

次は何ですか?

イーサリアムネットワークはこの分野を支配するようになりましたが、イーサリアムのオリジナル創設者の一部が開発したカルダノやポルカドットなどとの深刻な競争に直面しています。実際、過去12ヶ月間でカルダノとポルカドットは、以下のリターンに示されるように、大きく追い上げています。

ソース Revix社
スマートコントラクト分野での覇権争いが始まっている

チャールズ・ホスキンソン氏はイーサリアムの共同設立者の一人であり、イーサリアムが抱えるスピードとスケーラビリティの問題を解決するためにカルダノを設立しました。

また、Vitalik Buterinと共同でイーサリアムを開発したGavin Woodは、イーサリアムを「地球上に1台のコンピュータを」と表現しましたが、2016年にイーサリアムを離れ、カルダノと同様にイーサリアムよりも柔軟性と拡張性に優れたポルカドットネットワークを立ち上げました。

これらはいずれも、新興のDeFi、NFT、分散型ゲームの分野で支配的なプレーヤーになろうとしています。イーサリアムもイーサリアム 2.0と呼ばれる大規模なアップグレードを行っており、その主な目的は、トランザクションのスループットを現在の毎秒15件から毎秒数万件に引き上げることです。カルダノは、ネットワークが十分に発達した後、1秒間に100万件の取引を行うことを計画しているが、それがいつになるかは未解決である。

イオス(EOS)は、もうひとつの分散型ブロックチェーンネットワークで、1秒間に数百万件の取引を約束しており(まだ実現していませんが)、その上にスマートコントラクトを構築して、タスクスケジューリングやアカウントリカバリーなどの優れた機能を持たせることができます。また、イオスはいくつかの取引所で取引されている暗号通貨です。

トロンもまた、少し違いのある分散型のブロックチェーンプラットフォームです。2017年にシンガポールを拠点とするTron Foundationが、CEOのJustin Sunを筆頭に設立したもので、コンテンツ制作者とコンテンツ消費者の間で、仲介者なしのピアツーピアの取引を可能にすることを目的としています。

Netflixがプラットフォーム上でコンテンツをホストし、加入者が映画を見ることでコンテンツクリエイターに料金を支払うのに対し、Tronは誰もがデジタルコンテンツをプラットフォームにアップロードでき、視聴者がコンテンツクリエイターに直接料金を支払うことになる。

トロンは、誰もがデジタルコンテンツをプラットフォームにアップロードでき、視聴者がコンテンツ制作者に直接報酬を支払うことができます。

以下に示すように、Revixのスマートコントラクトバンドルは、過去12ヶ月間で非常に高いパフォーマンスを示しています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。