エポックな日々, ブログ, ...

カルダノは今ただならぬ未来への跳躍の予兆の中にいます:ニュース動向&ステーキング報告 in エポック258

カルダノは今ただならぬ未来への跳躍の予兆の中にいます。

カルダノは全ての金融市場において世界の投資家の注目を集める銘柄の一つ

今、カルダノは全ての金融市場において世界の投資家の注目を集める銘柄の一つとなりつつあります。

最近の世界のカルダノニュースを見ていると、3月くらいから特にそうなのですが、世界の投資家やメディアの論調は、カルダノを非常にポジティブに投資対象として見ており、ビットコイン、イーサリアムよりも注目度が高く、しかも全体の金融市場においても大きな注目を集める銘柄の一つとして、認識されつつある様です。

理由は、ビットコインのETFやテスラのビットコイン導入、ペイパルなどの有名企業の参入。コインベースの株式上場。政府・中央銀行がもはや暗号市場を無視できない状況になりつつあり、暗号市場の底上げが顕著になる中、ビットコインやイーサリアムは既に投資対象としては十分なリターンを得ており、投資家が新たなビットコインやイーサリアムを探していることによるものと見られます。

カルダノが「買い」であるという多くのメッセージ

カルダノコミュニティがなぜカルダノを推すのかという理由そのもの、カルダノが説明したことを、広く大手メディアも注目し、それを肯定的にとらえ説明していることや、カルダノが「買い」であるというメッセージが、Nasdaqやmsn money、Yahoo!Finance、StockMarket、CoinBase、Binance、CoinMarketCapなど、大手企業傘下のメディアがこれらの記事を取り上げています。

そこで今回4月2日から13日までのたった二週間弱のニュースリストを下記に掲載してみましたので、是非ご覧ください。なんと壮観なタイトリングの数々でしょう!もちろん内容は全てカルダノが買いである銘柄として注目すべき理由のオンパレードなのです。

このメディアの急激とも言える論調の変化は非常に驚くべきことであり、カルダノファンにとっては夢の様な出来事ではないでしょうか?少なくとも今年の2月までは、これほどまでの論調は皆無だったと記憶しています。

02Apr:実用性と差別化で、カルダノは「買い」だ
04Apr:カルダノに新たなトレンド、ワイルドな価格が到来か
04Apr:カルダノ(ADA)、3ヶ月足らずで20万人以上のReddit購読者を獲得
04Apr:機関投資家の関心が高まる中、ビットコインと真っ向勝負を繰り広げるカルダノ
06Apr:カルダノの価格調整が続く。ADAはどこまで上昇できるか?
06Apr:カルダノADAは、あなたが本当に注目すべきアルトコインです。
07Apr:カルダノはその実用性と強力なリーダーシップで検討する価値がある
07Apr:カルダノが大幅に加速するとアナリストのMichaël van de Poppe氏が指摘 – 注目すべき重要なレベルはここだ。
08Apr:カルダノの成人式はビットコインとイーサリアムに打撃を与えるか?
08Apr:コインベースがカルダノ(ADA)を最大の暗号の一つと表現
09Apr:NFTブームはカルダノを5ドル以上にする可能性がある
09Apr:クリプト・ブルズがカルダノをショッピングリストに入れておくべき理由
10Apr:スマートコントラクトはカルダノをトップレベルの暗号通貨に昇格させる可能性がある
11Apr:BitBoy Crypto Ben Armstrong氏、アルトコインサイクル終了前にカルダノ (ADA)が8ドルになると考える理由を説明
12Apr:カルダノ (ADA) +3,290% 1年間のリターンはBTC, ETH, BNB, その他を上回る -Compound Capital Advisors Founder
12Apr:ADAの価格予測。カルダノが2021年の勝者となりうる理由
12Apr:カルダノ(ADA)Vs ポルカドット(DOT)どちらの暗号通貨が買いなのか?
13Apr:カルダノは他の暗号に比べて1つの大きな強みを持っているとコインビューロが指摘
13Apr:イーサリアムは第2位の暗号通貨のままでしょうか?

これはもはや夢ではない

この二週間だけをとってもそうなので、カルダノがいかに注目銘柄としても有力であることが一目瞭然となっています。(3月からすでにそういった傾向はありました。)

記事の内容をあげるとキリがないのですが、例えば、「04Apr:機関投資家の関心が高まる中、ビットコインと真っ向勝負を繰り広げるカルダノ」では、「ボイジャー・デジタル(*)による暗号資産市場への調査によれば、米国の個人投資家は、ビットコインよりもカルダノに強気である」と伝えていましたが、調査やレポートによると、”投票した投資家全体のうち、30%近くがカルダノに関しては強気である”と伝えています。”代わりにビットコインを選んだ投資家は20%強しかいないことが明らかに”なっています。”カルダノが一時的にビットコインを上回ったという事実は、控えめに言っても実に予想外”であるとしながらも、ビットコインの価格が高いため、多くの人がアルトコインという形で代替品を探すという選択肢を積極的に検討する中で、タイトルの通り「機関投資家の関心が高まる中、ビットコインと真っ向勝負を繰り広げるカルダノ」について言及しています。

また、「02Apr:実用性と差別化で、カルダノは「買い」だ」の記事では、カルダノのPOSシステムのビットコインのPOWに対する実用性と差別化を述べつつ、”カルダノは、教育、小売、農業、政府、金融、ヘルスケアなど、さまざまな分野での使用例を提示しているため、すでに他の多くのアルトコインよりも優位に立っている。”と述べています。

さらに「08Apr:コインベースがカルダノ(ADA)を最大の暗号の一つと表現」の記事は、コインベースは次のように言及しています。”カルダノ(ADA)を、ビットコインとイーサリアムが開拓した技術を組み合わせて、拡張性とエネルギー効率の高いスマートコントラクトプラットフォームを誕生させた第3世代のブロックチェーンプロジェクトです。”とし、Coinbaseは、カルダノ(ADA)を、ビットコインとイーサリアムが開拓した技術を組み合わせて、拡張性とエネルギー効率の高いスマートコントラクトプラットフォームを誕生させた第3世代のブロックチェーンプロジェクトであると説明しています。

最後に「09Apr:クリプト・ブルズがカルダノをショッピングリストに入れておくべき理由」では、”Cardanoの実用性の議論は比較的シンプルです。役に立つように設計されているからです”としながら、カルダノが、”いくつかの最高の暗号通貨の最高の属性を含む目的を持ったプラットフォームです。これはうまくいく可能性があります。大きな効果が期待できます。”と述べています。

この背景

この背景には、いよいよカルダノが満を持してスマートコントラクト市場に参戦する準備が整いつつあること、ブルームバーグやコインベースなどがカルダノをリストに挙げたことなど、数え切れないほどの多くの理由があります。

特にカルダノにはブロックチェーンの完成形として理想が現実的に実現されつつあると言うことが、火を見るより明らかになって来たことではないでしょうか?

例えば、カルダノは今や完全分散化や、スケーラビリティ、セキュリティ、ネットワーク、持続性において、ビットコインやイーサリアムの次にくる第3世代のブロックチェーンプラットフォームとして地位を獲得しその実力を証明しつつあります。

また、技術的かつ運営展開方法に至るまでの完璧なまでの実力を発揮しつつある中で、ビジネス戦略的にも「アフリカ・スペシャル」などを準備し、用意周到で考え抜かれた計画を実行しているからに他ならないからでしょう。

今や世界のブロックチェーン業界はもとより世界の金融市場がカルダノに気づき始めたと言うことに他なりません。

この今年の3月から4月中旬にかけてのニュースを見る限り、今後のカルダノの躍進は、我々の想像を超えることが十二分に予想できる段階に来ていると言えます。

カルダノは今ただならぬ未来への跳躍の予兆の中にいます。

皆さん準備はOKですか!?

ニュース動向 in エポック258

カルダノでNFTフィーバーが勃発、プロジェクトと売上が爆発的に増加

いくつかのプロジェクトが、カルダノの「time-based minting」ポリシーを用いて、スマートコントラクトなしで、NFTを作成しています。イーサリアムでは数百ドルのコストがかかるが、カルダノでは2ドル程度でNFTを作成することができます。

P2Pでネットワークの分散化を促進

ステークプール間のピアツーピア通信により、ネットワークの成長に伴い、カルダノはよりダイナミックでより効率的になります。

カルダノが大幅に加速するとアナリストのMichaël van de Poppe氏が指摘 – 注目すべき重要なレベルはここだ。

一度走り出したら、大きく加速して、ここからさらに2倍、3倍、4倍と引っ張っていくことになると思います。そして、そう、このサイクルの中で、市場は皆さんの多くが予想しているよりもずっと高くなるでしょう。

カルダノ、独自のサプライチェーン・トレーサビリティーおよび偽造防止ソリューションのライブリリースを発表

スキャントラストの物理的で安全なQRコードのトレーサビリティーとターゲットデータ機能を、サプライチェーンのトレーサビリティーと偽造防止のユースケースのために、 カルダノ・ブロックチェーンのスピードと低コストとともに活用可能

カルダノ財団、スイスのScantrust社とのサプライチェーンソリューションの初展開を発表

カルダノはScantrust社と共同でサプライチェーンソリューションの最初の展開を発表。

このソリューションは将来的にはユニリーバ、エクソンモービル、レミー・コアントロー、デュポン、シンジェンタなどに利用される可能性があります。

カルダノの成人式はビットコインとイーサリアムに打撃を与えるか?

deVere GroupのCEO、Nigel Green氏が、100%完全分散化を成し遂げ、更にスマートコントラクトプラットフォームへのアップグレードを控えたカルダノが成人した時、ビットコイン、イーサリアムに打撃を与える存在になると指摘

コインベースがカルダノ(ADA)を最大の暗号の一つと表現

コインベースがカルダノ(ADA)を、ビットコインとイーサリアムが開拓した技術を組み合わせて、拡張性とエネルギー効率の高いスマートコントラクトプラットフォームを誕生させた第3世代のブロックチェーンプロジェクトと伝えています。

IOGブログ:スマートコントラクトがやってくる

アロンゾ・Alonzoハードフォークは、カルダノのトークン・アップグレードをベースに、ビジネス・アプリケーションを作るためのツールを開発者に提供します。

カルダノ(ADA)はまもなくオンチェーンの流動性が高まる可能性があり、その方法は以下の通りです。

Cryptoslate.comはネットワークのニーズに合わせて特別に構築された分散型資金調達プラットフォームと流動性ソリューションであるOccamRazerの立ち上げにより、Cardanoエコシステムは、オンチェーン流動性の大規模な拡大を見ることができると報じています。

NFTブームはカルダノを5ドル以上にする可能性がある

msn moneyが記事でカルダノが5ドルを目指す可能性があり、その理由として今流行りのデジタルコレクションのNFT((Non Fungible Token:ノンファンジブルトークン:代替性のないトークン)ブームかもしれないと述べています。

クリプト・ブルズがカルダノをショッピングリストに入れておくべき理由

Investorplaceが大幅に上昇した後も、カルダノADA-USDには注目する価値があるという記事を掲載しています。その中で目を引くのは、カルダノは「いくつかの最高の暗号通貨の最高の属性を含む目的を持ったプラットフォームです。」という部分で、その理由について書いています。

カルダノのアタラ・プリズム(Atala PRISM)に対するフォーチュン 500社や政府の需要は労働力の供給を上回る

Crypto News Flashが、カルダノのアタラ・プリズム(Atala PRISM)「政府規模のプロジェクトのため」に設計されている。また、政府だけでなく、フォーチュン500企業からも関心が寄せられており、現在は労働力の供給を上回っていると報じています。

IOG、「カルダノ」の新ノードソフトとP2Pのロードマップを公開

Crypto News Flashがカルダノ新ノードバージョン1.26.1とP2Pのロードマップについて記事にしており、カルダノのノードバージョン1.26.1には、パフォーマンスの向上と、スマートコントラクトのサポートに必要なコンポーネントの一部が含まれており、今後予定されているP2P通信は、ブロックチェーンを連合ノードに依存しないようにし、分散性を高めると伝えています。

カルダノ、ビジネスユースケースでスマートコントラクトを予告、DeFiも登場

IOGがブログ記事「スマートコンラクトがやってくるーSmart contracts – here we come」でカルダノスマートコントラクトの最新情報を掲載しました。これによりIOGはカルダノのアロンゾ(Alonzo)アップグレードは2021年第2四半期に実現する見込みと述べています。CRYPTOSLATEは今回のスマートコントラクト搭載がどのようにビジネスユースケース及びビジネスニーズを満たすのかの方法について報じています。

カルダノはその実用性と強力なリーダーシップで検討する価値がある

Investorplaceはカルダノについて大変興味深い内容の記事を掲載しています。カルダノはその実用性と強力なリーダーシップで検討する価値があるとしながら、その理由について述べています。また、カルダノとイーサリアムには共通の絆があるとも述べており、大変興味深い内容となっています。

さらに、筆者は暗号通貨は価値の貯蔵と実用性の両方を兼ね備えた方法を考えなければならないと結論づけながら、カルダノは実用性の面で、リップルと比較し実用性の面で良い仕事をしていると述べ、何か大きなことに参加したいのであれば、カルダノ以上の選択肢はないと結論づけています。

カルダノ・エポック258ステーキング状況

SIPOエポック258ステーキング報告

[SIPO]は2200個目のブロック生成に成功しました!
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック258ステーキング報告
SIPOエポック258ステーキング報告
SIPO2エポック258ステーキング報告
SIPO3エポック258ステーキング報告

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。