ニュース, ブログ, ...

カルダノはすぐに冷え込む可能性があるが、長期的なブルケースは残っている

msn moneyは、現在の暗号市場における傾向で目先の利益を求めた投資、例えばドージェコイン(CCC:DOGE-USD)などではなく、長期的視点にたった投資つまり実体があり、説得力のあるブルケースを求めるのであれば、カルダノを検討しようと伝えています。

下記の記事はmsn moneyに掲載された記事「Cardano Could Soon Cool, But the Long-Term Bull Case Remains」を翻訳したものです。

カルダノはすぐに冷え込む可能性があるが、長期的なブルケースは残っている

by Thomas Niel 202021-05-08

先月の暗号「フラッシュ・クラッシュ」での引き下げに続き、カルダノ(CCC:ADA-USD)は大きく跳ね返ってきた。これは、他のアルトコイン、つまりビットコイン(CCC:BTC-USD)以外の暗号通貨の最近のパフォーマンスと一致している。

カルダノ、イーサリアム(CCC:ETH-USD)、ドージェコイン(CCC:DOGE-USD)などのアルトコインは、BTCと連動するのではなく、ここ最近はBTCを上回るパフォーマンスを見せている。これらのアルトコインで瞬く間に生み出される財産に乗り遅れることを恐れて、このような傾向が生まれたのは理解できるでしょう。

今後もこの傾向は続くのでしょうか?

最近の取引で状況が過熱していることを考えると、一時的な調整があるかもしれません。しかし、これが短期的なトレンドなのか、それとも数ヶ月先まで続くのかを判断するのは時期尚早だと思います。

しかし、目先のことは少し不確かですが、カルダノの長期的なブルケースは成り立っています。その理由は以下の通りです。

カルダノとアルトコインへの狂奔

最近までアルトコインは、暗号市場のベンチマークであるビットコインと同じ方向に取引されていました。ビットコインに比べれば、より大きな動きをしたかもしれません。しかし、ビットコインが上昇すれば、他のコインも上昇しました。また、下がれば他のコインも下がりました。

しかし、フラッシュクラッシュ以降、この状況は変化しました。確かに、時価総額最大の暗号は、最近の安値から部分的に回復しました。しかし、ビットコインは、4月14日につけた64,000ドルを超える高値には達していません。一方、カルダノのような銘柄は、立ち直っただけでなく、新高値を記録しています。イーサリアムでもこのような動きが見られ、さらにはみんなが好きな「ミームコイン」であるDOGEでは極端な動きを見せています。

繰り返しになりますが、この投機的なマニアは簡単に消えてしまいます。あるいは、予想以上に長く続く可能性もあります。アルトコイン、特にDogecoinが高騰しているというニュースがメディアに溢れているため、投機家たちはそのパイを奪おうとしています。しかし、2月に起きた「ミームストック」の短期的なバブルと同様に、これは壮大な上昇の後に大きな調整をもたらすかもしれない。

そのため、今日、カルダノを追いかけることは有益な行動ではないかもしれません。しかし、目先の値動きを推測することは、一つの遊び方に過ぎません。より危険性の低い方法としては、ブロックチェーン取引への大量導入に対する長期的な賭けとして扱うことができるかもしれません。

ADA-USDとその実用化のカタリスト

Dogecoinのような名前に関しては、投機がもっぱら運転席に座っています。しかし、カルダノには、短期的に助けとなる副次的な要因があります。さらに言えば、この副次的な要因が、今後数年間、より大きな可能性を秘めているかもしれません。

これは、Ethereumの状況に似ています。イーサリアムへの関心は、4月下旬に始まった投機的な動きと、その有用性への評価の高まりにより、一気に高まったが、現在は冷え込んでいるかもしれない。しかし、分散型金融(DeFi)アプリケーションでの利用が拡大するにつれ、その価格も上昇し続ける可能性があります。

さて、これは正確な比較ではありません。私は、カルダノが次のETHだとまでは言いません。このアルトコインはまだ初期段階にあります。しかし、今後のプロトコルのアップグレードにより、DeFiでより広く使われるようになることが期待されます。とりわけ、このアップグレードによって、カルダノのブロックチェーン上でスマートコントラクトが可能になります。

そして、それはほんの始まりに過ぎません。Yahoo!Financeによると、このコインの創設者であるチャールズ・ホスキンソンは、「2025年までのブロックチェーン開発のロードマップを示した」とのことです。時間がかかりそうですね。しかし、このコインがDeFiとブロックチェーンの普及においてEthereumと同じような存在になれば、忍耐が報われるかもしれません。

結論としては カルダノの長期的な視点

このコインのブロックチェーンが継続的に強化されることで、その利用が広まる。その結果、ADA-USDの価格に多くのポイントが入ることになります。しかし、これは何年もかけて行われることが予想されます。この考え方は、「すぐに稼げる」機会を探している投資家の反感を買うかもしれません。この種のトレードでは、投機的に最高値を更新している月替わりのアルトコインを追いかける方が良いでしょう。

しかし、長期的な暗号のプレイ、つまり実体があり、説得力のあるブルケースを求めるのであれば、カルダノを検討しよう。今日買う前に、事態がさらに冷静になるのを待ったほうがいいかもしれません。しかし、大規模なプルバックがあった場合には、堅実な長期的機会と考えてください。

公開日時点で、Thomas Nielはビットコインとイーサリアムのロングポジションを保有していました。同氏は、本記事に記載されている有価証券のその他のポジションを(直接的または間接的に)保有していなかった。

InvestorPlace.comの寄稿者であるThomas Nielは、2016年からウェブベースの出版物に単一銘柄の分析を書いています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。