IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:ERC20のカルダノへの導入

以下はIOGブログの記事「Bringing ERC20 to Cardano」を翻訳したものです。

ERC20のカルダノへの導入

当社の新しいERC20コンバータにより、AGIのようなイーサリアム(Ethereum)トークンが当社のプルーフオブステーク・ブロックチェーン上で動作するようになります – testnetにまもなく登場

by Francisco Landino 2021年5月17日 7分読む

ERC20をCardanoに導入する

ブロックチェーンプロトコルを接続し、アプリケーションを共同開発することは、分散型金融(DeFi)の約束を達成し、従来の銀行システムに代わるものを提供するために不可欠です。

トラッキングサイトであるDeFi Pulseによると、総計「750億ドル」以上の暗号通貨がDeFiにロックアップされているという。1年前には、その総額はわずか7億ドルでした。この価値のほとんどは、ERC20トークン規格に基づく暗号資産の形である。

しかし、イーサリアムのプルーフ・オブ・ワークのインフラは、コストが上昇し続けるという課題があります。私たちはこの問題を予見し、代替手段を提供することをカルダノの設立理念の一つとしていました。それが実現しようとしています。

アプリケーション開発者や企業の多様なユースケースを拡大するために、カルダノはERC20トークンのプラットフォームへの移行をサポートします。AlonzoハードフォークとPlutusスマートコントラクトが登場します。展開されると、サポートされているイーサリアムトークンのユーザーは、イーサリアムの混雑したネットワークから持ち込むことができ、カルダノの取引容量と低い手数料を利用しながら、強化されたセキュリティ、コスト削減、相互運用性を享受することができるようになります。

なぜERC20なのか?

なぜこの規格がビジネスニーズの観点から市場のトレンドに合っているのか、ERC20の性質を詳しく見てみましょう。まず、当然のことながら、イーサリアムは2015年にスマートコントラクトと「プログラム可能なお金」の概念をブロックチェーンにもたらしました。それ以来、トークン化とERC20トークンが人気を博したのは、日常のビジネス取引における有用性のためです。ブロックチェーン上に構築されたアプリケーションは、以下のような役割を果たすトークンを提供することができます。

  • 決済単位
  • 取引単位
  • デジタルサービスへのアクセス
  • 報酬やインセンティブ
  • 投票権
  • 投資メカニズム

優れた設計のERC20トークンは、多くのニーズに対応しており、利便性が高まれば高まるほど需要が高まり、それに応じて価値も高まっていきます。そのため、これらのトークンは広く使用されており、ウォレットや取引所からのサポートも充実しています。

イーサリアムとカルダノ

ERC20規格はイーサリアムのために考案されたもので、今日現在、このトークン規格に基づいた契約は40万件以上あり、その例としてBinance coin(BNB)、Tether(USDT)、Uniswap(UNI)、Dai(DAI)などが挙げられます。

イーサリアムは人気のある機能的なブロックチェーンプラットフォームですが、速度が遅くなり、価格も高くなっています。より多くのネットワーク参加者が分散型アプリケーションと対話するにつれ、取引を検証するために支払われる「ガス」手数料が急激に上昇しています(図1)。

イーサリアムのガス料金

図1.イーサリアムのガス料金 増加するイーサリアムのガス料金

イーサリアムユーザーが経験している問題は、「DeFi Adoption 2020」で引用されているCointelegraphの調査でも指摘されている。

イーサリアムで構築されたプラットフォームの45%が、DeFiの大量導入を制約する問題のトップ3に、スケーラビリティと高いガス料金を挙げている。

イーサリアムはまだこれらの課題を解決しておらず、短期的にも解決しそうにありません。そのため、多くの企業が他の選択肢を検討したいと考えるでしょう。

ERC20トークンのカルダノへの移行を可能にすることで、当社はイーサリアムに対するカルダノの優位性を活用した価値提案を提供することに注力しています。特に、イーサリアムの高コストでしばしば混雑するトラフィックと比較して、カルダノのトランザクション処理能力の高さと手数料の低さが挙げられます。

ウロボロスが可能にすること

ネットワークの混雑と高い手数料の問題を解決する鍵は、カルダノのウロボロス(Ouroboros)プルーフオブステークコンセンサスメカニズムです。ウロボロスは、イーサリアムのプルーフ・オブ・ワークと比較して、ネットワーク上の取引を処理するために必要なエネルギーが非常に少なく、小さな国ではなく、大きな家のスケールの電力で動作します。このため、ウロボロスは環境に優しいだけでなく、取引を処理するために必要な手数料もはるかに少なくて済みます。

また、カルダノでは、会計モデルが組み込まれたネイティブトークン機能をサポートしているため、スマートコントラクトの実行コストがかかりません。これは、さまざまな種類の資産の追跡、移転、所有権が、スマートコントラクトではなく、台帳によって処理されることを意味します。イーサリアム上でERC20トークンを作成・移転するには、標準的な契約タイプを手動で変更する必要がありますが、そのためのロジックはカルダノに組み込まれており、エラーや脆弱性のリスクも排除されています。

ERC20コンバーターの仕組み

カルダノは現在、ADAとネイティブトークンをサポートしており、160,000以上のトークンが鋳造されて成功しています。今回、ERC20コンバーターを発売することで、将来の相互運用性を確保するとともに、ビジネスチャンスを拡大するための強固な基盤を構築します。

当社のERC20コンバーターは、発行組織とそのユーザーがERC20トークンのカルダノへの移行を扱えるようにするためのツールです。トークン発行者(自分のトークンのカルダノへの移行を可能にしたい組織)と、そのユーザー(トークン保有者)がツールを使ってERC20トークンをカルダノネットワークに移動させることができるように設計されています。

ユーザーは数回のクリックで自分のイーサリアムトークンを変換することができ、横断的に移動すると、これらのトークンは、ERC20と同じ価値を持ち、同様に動作するカルダノ上の特別なネイティブトークンに「翻訳」されます。さらに、ユーザーが後からそうしたいと思えば、トークンをカルダノ上で焼いてソースネットワークに戻すこともできます。双方向の兌換性が組み込まれています。

ERC20コンバーターツールのバージョンを専用のテストネット上で近々スピンアップする予定です。IO Globalは現在、カルダノへの移行に向けてパートナーと協力しており、SingularityNETはその第一弾となる。ERC20コンバーターは、新しいSingularityNET AGIXトークンを導入しますが、このトークンの導入は、SingularityNETからCardanoへの移行計画の最初のマイルストーンとなります。初期テストネットでは、カルダノとEthereum Kovanの両方のテストネットでAGIXトークンを使いながら、移行のプロセスを評価することができます。

アカウントの認証には、Chromeブラウザの拡張機能であるMetamaskを使用することができますが、その他のオプションも追加される予定です。また、ユーザーはDaedalusテストネットのアドレスを追加する必要があります。これにより、トークンをカルダノに移行したり、残高や取引を簡単に追跡したりすることができます。

ユーザーはERC20コンバーターのアカウントにログインすると、移行可能なSingularityNETトークンが表示され、トークンをクリックすると、トークンの残高などの詳細が表示されます。ユーザーは、トークンを選択し、変換したい金額を表示した後、カルダノアドレスを指定してトークンを移行します。トークンがそのアドレスに移行すると、Daedalusウォレットからの支払いや取引に使用できるようになるという。すべての活動は、EtherscanとCardano Explorerの両方で見ることができます。

ERC20コンバーターのダッシュボード

図2. ERC20コンバーターのダッシュボード

後の段階では、ユーザーはダッシュボード内に異なる種類のトークンが表示されます。移行可能なトークンが最初に表示され、まだ対象となっていない場合は、変更に関する更新情報を購読することができます。

今後の展望

ERC20コンバーターのパートナーシップの数が増えるにつれて、サポートされるトークンの種類も増えていきます。現在、パートナーは自分のトークンのカストディアンである必要がありますが、Plutusスマートコントラクトがメインネット上で動作するようになれば、組織をオンボーディングしながら、より高い相互運用性を実現することができます。

私たちの目標は、多くのトークンをサポートし、ビジネス取引の可能性を生み出すことです。そのため、さらに先、さまざまなトークンに対応することで、ERC20コンバーターがブロックチェーン間のブリッジとして機能し、効果的なクロスチェーンコミュニケーションを促進することになります。

ERC20コンバーターのテストネットは、現在、一般公開前の品質保証テストの最終段階にあります。この段階では、ユーザー・ジャーニーをテストし、発生している問題を修正するとともに、ユーザー・エクスペリエンスを向上させることができます。また、専用のテストネット環境には、ユーザーがコンバーターの機能をテストするための関連ドキュメントや手順を近日中に提供する予定です。

最新情報は、5月のCardano360ショーでお伝えします。また、私たちのツイッターでのアナウンスにもご注目ください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。