ニュース, ブログ, ...

カルダノ:次の90日と30日はこうなる

チャールズさんは自身の動画「The Next 90 Days」でカルダノが次の90日と30日で起きることについて説明しました。これをambcrypto.comは記事で伝えています。

以下はambcrypto.comに掲載された記事「Cardano: Here’s what next 90 and 30 days will appear like」を翻訳したものです。

カルダノ:次の90日と30日はこうなる

By Jibin George 2021年5月25日 5時間前

ここ数週間、カルダノにとって、特に開発面では忙しい日々が続いています。今現在、カルダノは待望のAlonzoハードフォークに向けて本格的に進んでいます。

アロンゾ(Alonzo)は2021年3月のMaryハードフォークに続くもので、後者ではカルダノのネイティブアセットのサポートが認められました。一方、アロンゾでは、開発者が最終的にカルダノ上でスマートコントラクトを構築できるようになります。IOHKのチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏が数ヶ月前に共有した最新情報によると、アロンゾの日付はまだ決まっていませんが、暫定的に7月下旬のある時点で予定されています。

前述のハードフォークと最近のカルダノの動向は、ホスキンソン氏の最新のビデオアップデートの主題でした。また、その中で、カルダノの創設者は、カルダノのエコシステムにとって次の90日がどのようなものになるかを説明しました。

同氏によると、アロンゾは「共同作業」であり、スマートコントラクトという「大きなエンジン」には、グローバルとコミュニティの両方の参加が必要だという。このことは、Plutus Pioneersプログラムの幅広い参加と活動によって強調されており、Plutus Pioneersプログラムでは、”多くの人々がAlonzoを使って遊び、コードを実行できるようなベースラインの作成 “が奨励されているという。

プログラムが終了すると、アロンゾ・ブルーでは、これらのパイオニアたちが開発企業と一緒に働き、プルスのコードを走らせてアシッドテストを行いながら、アルファテストネットに組み込まれることになる。

ホスキンソン氏は、次の30日間は前述の取り組みで忙しくなると言います。ある程度の安定性が得られれば、パブリックテストネットは「Alonzoのものを動かす」ためにアップグレードされます。

では、その先は?ホスキンソン氏はこう言う。

そして、ウォレットや取引所、カストディアンなど、カルダノのインフラを運用している統合パートナーとの話し合いを直ちに開始します。

ここで注目すべきは、ロードマップが予定通りに進んでいるとはいえ、開発面ではまだ日が浅いということです。例えば、現在アロンゾ上でコードが実行されていますが、「修正すべきバグや改善すべき安定性がたくさんあります」し、統合もたくさん残っています。実際、ホスキンソンは、90日後にアロンゾがメインネットに登場するとは限らないことを示唆し、「期待を管理」しようとしています。

アロンゾがプロジェクトのターゲットであることは明らかだが、次の90日間では、カルダノは次のことに集中するだろう。

実行可能なプロジェクトやその可能性を持っている人たちが、ただつるつるに枯れてしまわないようにすること。むしろ、必要なサポートを受けて、次のレベルに持っていけるようにします。

ロードマップ案の詳細は、次回の「Cardano360」で明らかにされる予定です。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。