ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

WorldMobile、アフリカのオンライン化に向けてカルダノベースのトークンセールで4,000万ドルを調達

https://worldmobiletoken.com

World Mobile Token@wmtokenのツィートによると、仮登録の準備が整ったとして、worldmobiletoken.comへのリンクが掲載。SIPOが現在確認したところによると、現在Eメールによる仮登録の受付が始まっています。登録すると下記の内容が表示され、「オープンしたらすぐにお知らせします。」となっています。

Welcome to
World Mobile
Token

The token that’s opening a new world.

We’ll update you as soon as we’re open.

Here’s what to expect:
Get notified when WMT opens.
Create your private vault.
Complete KYC.
Enter the queue to buy tokens.
Get notified when it’s your turn.
Complete your purchase within 24hrs.
Miss your spot, requeue.
Receive a purchase confirmation.
Right now half the world is unconnected.
Let’s do something about it.

World Mobile Token Ltd
Fl 4 Banco Popular Bldg
Road Town VG1110
Virgin Islands (British)

Add us to your address book

World Mobile Token Ltd
Floor 4, Banco Popular Building
Road Town
Tortola VG1110
British Virgin Islands

Heraldsheets.comが「World Mobileはアフリカのオンライン化に向けて、カルダノベースのトークンセールで4000万ドルを調達中」という記事を掲載し、シェアリングエコノミーに基づいた新しいグローバルモバイルネットワークを実現しているWorld Mobile Token Ltdは、ユーティリティベースのWorld Mobile Token(WMT)をカルダノ・ブロックチェーン上で発売することを発表したと伝えています。

以下はHeraldsheets.comに掲載された記事「World Mobile Is Raising $40M in Cardano-Based Token Sale to Connect African Online」を翻訳したものです。

World Mobile、アフリカのオンライン化に向けてカルダノベースのトークンセールで4,000万ドルを調達中

By Solomon Odunayo June 15, 2021

World Mobileはアフリカのオンライン化に向けて、カルダノベースのトークンセールで4000万ドルを調達中

シェアリングエコノミーに基づいた新しいグローバルモバイルネットワークを実現しているWorld Mobile Token Ltdは、ユーティリティベースのWorld Mobile Token(WMT)をカルダノ・ブロックチェーン上で発売することを発表しました。

Herald Sheetsに共有されたプレスリリースによると、同社はこれまでに非公開で調達した500万ドルに加えて、公開販売の最初の5週間で4000万ドルの調達を目指しています。

報告書によると、KYC(Know Your Customer)アプリケーションが2021年6月15日に稼働する予定だという。これにより、参加者は自分専用のWMT保管庫を作ることができるようになる。

申請者は、承認されると通知を受け、Cardano(ADA)、Binance Coin(BNB)、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)でトークンを購入できるようになります。ただし、すべての参加者が24時間以内に購入するためには、カルダノのアドレスが必要になります。

この新しい開発の必要性について、報告書は次のように述べています。

世界銀行によると、世界では17億人の成人が銀行口座を持たないままです。世界銀行によると、世界には17億人の成人が銀行口座を持たない状態にあります。

このような手作業による対面での手続きは、口座開設、ローンや住宅ローンの申請、その他の金融機会へのアクセスなどの基本的なサービスを多くの層に与えていません。

アフリカのコミュニティに持続可能な接続性をもたらすことを目的としたイニシアチブ

広く知られているように、World Mobile Networkは、World Mobile Token(WMT)のシェアリングエコノミーを通じて、アフリカやその他の地域のコミュニティに持続可能な接続性をもたらすことを目指しています。

同社は、地域のビジネスオーナーに手頃な価格のネットワークノードを販売し、ブロックチェーンベースのデジタルIDを導入することで、アフリカ大陸に経済的自由、デジタルインクルージョン、ブロックチェーンの導入、インターネットへの接続を実現します。

現在、ワールド・モバイル・ネットワークは、タンザニアとケニアを皮切りに東アフリカで展開しています。このネットワークは、コミュニティに持続可能な接続性をもたらすことを目的としています。

WMTは、ワールド・モバイル・ネットワークのエコシステムを強化し、ワールド・モバイル・ネットワークのユーザーがデジタルバンキング、ヘルスケア、デジタルID、教育機関にアクセスできるようにします。

この新たな展開について、World Mobile Token LtdのディレクターであるSean Inggs氏は次のように述べています。

世界で最も有望なブロックチェーン上での我々のネイティブユーティリティートークンの発売は、我々のビジョンを前進させるものです。WMTは、何千人もの人々が身分証明書、教育、銀行、その他の基本的なサービスを利用できるようにするために、我々のエコシステムを後押ししてくれるでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。