ニュース, ブログ, ...

カルダノのカタリストサークルはどのようにそのガバナンスモデルを改善するか

IOGが発表したカルダノの”カタリストサークル”がどのようにそのガバナンスモデルを改善するかについてnewsbtcが伝えています。”カタリストサークル”の発足によって、カルダノ・コミュニティはプロジェクト・カタリスト内のコミュニティの希望、要望、ニーズ、懸念を知ることができます。

以下はnewsbtc.comに掲載された記事「How Cardano’s Catalyst Circle Will Improve Its Governance Model」を翻訳したものです。

カルダノのカタリストサークルはどのようにそのガバナンスモデルを改善するか

By Reynaldo Marquez 2021年7月10日

カルダノは完全な非中央集権化に向けて急速に進んでいる。数カ月前、その開発者であるIOGとそのコミュニティは、Dパラメータが0を下回ったことを祝った。 この会社は、ADAホルダーがネットワークをさらにコントロールできるように構えた、Project Catalystを補完するものとして、Catalyst Circleを発表した。

プロジェクト・カタリストは、カルダノに価値を提供するイニシアチブをサポートするために開始されました。Catalystは、ファンドを通じて運営されます。この資金は、参加者がプロジェクトを実現するための資金援助に使用されます。

このプロジェクトは現在、ファンド4を終えたところで、カルダノの自立のビジョンの一部となっています。IOGはこのプロジェクトを、分散型イノベーションへの貴重な実験と呼んでいます。

投票数、資金調達額、あるいはイノベーションプロセスへの参加者数など、どのような指標をとってみても、Catalystはカルダノの将来の成長にとってかけがえのない支柱となっています。

しかし、IOGは、プロジェクト・カタリストの成長が、コミュニケーション、調整、投票システムにおける代表性などの点で、コミュニティに新たな課題をもたらす可能性があることを認めています。そこで、Catalyst Circleを「人間センサーアレイ」として活用することにしました。

Catalystで活動するさまざまなグループの代表者が、その生態系やコミュニティの懸念、反対意見などを議論することができる。議論の内容はバックログに記録され、誰もがアクセスできるようになるとIOGは述べています。

この活動により、プロジェクト・カタリスト内のコミュニティの希望、要望、ニーズ、懸念を知ることができます。また、(カタリスト)サークルは、自分たちの将来の形を決定し、サークルv2の選挙プロセスを定義する責任があります。

カルダノコミュニティはどのように彼らのガバナンスモデルに新しいリンクを持つことになるか
IOGは、サークルが果たすべき4つの主な目的を概説している。

コミュニケーションの改善、他のグループによって境界が越えられた場合の指摘、プロセスの改善、Project Catalystの操作性の向上、Circle V2の選挙プロセスの定義である。

IOGはサークル・カタリストを常に進化することができるエンティティとして設計しました。そのメンバーは3ヶ月ごとに選出される。彼らは特定の義務と責任を果たさなければならない:中でも最も重要なのは、サークルの新しいイニシアチブ、変更、および政策提案の導入についてカルダノコミュニティに情報を提供する義務である。

Catalyst Circleのメンバーの最初の選挙が行われました。世界中から代表者が選出され、現時点では提案を検討することになっています。将来的には、カルダノは1つのCatalyst Circleではなく、複数のCatalyst Circleを同時に運営することも可能です。

最終的には、メンバー次第で、分散型ガバナンスを正当化するという目標を進め、現状に代わる道を開き、ブロックチェーンガバナンスの未来を構築するための新境地を開拓し続けることができます。
本稿執筆時点で、ADAは1,37ドルで取引されており、1時間チャートと7日チャートでは小幅な上昇となっています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。