ニュース, ブログ, ...

スマートコントラクトがカルダノをビッグ3の暗号にする

msn moneyの記事は、モーニングスターのポートフォリオマネージャーであるエイミー・アーネット氏の結論としてカルダノ(CCC:ADA-USD)は、ビットコイン(CCC:BTC-USD)やイーサリアム(CCC:ETH-USD)と並ぶ3大暗号通貨の1つとして上昇していくだろうと伝えています。

また、Robinhood Markets(NASDAQ:HOOD)も近いうちにADAの取引を許可するかもしれないと伝えています。

以下はmsn moneyに掲載された記事「Smart Contracts Will Make Cardano a Big 3 Crypto」を翻訳したものです。

スマートコントラクトがカルダノをビッグ3の暗号にする

By Mark R. Hake 2021年8月3日

カルダノ(CCC:ADA-USD)は、ビットコイン(CCC:BTC-USD)やイーサリアム(CCC:ETH-USD)と並ぶ3大暗号通貨の1つとして上昇していくだろう。これはモーニングスターのポートフォリオマネージャーであるエイミー・アーネット氏の結論であり、カルダノがスマートコントラクトを行う権限を与えられれば、ビッグ3のポジションを取ることになるという。

主な理由の1つは、カルダノが、この暗号通貨がスマートコントラクトを行えるようにするアロンゾ(Alanzo)テストネットの展開を間近に控えていることです。これらは基本的にブロックチェーンプラットフォーム上のアプリであり、Dapps(decentralized applications)と呼ばれています。

アーネット氏は先週、Business Insider誌に自分の予測を語り、機関投資家がこの暗号に興味を持つ可能性があることを示しました。彼女が同誌に語った内容は以下の通りです。

カルダノは、技術的に多くの可能性を秘めたプロトコルであるという点で、イーサリアムと似ています。カルダノはもちろん、さまざまなステーブルコインにも熱狂的な支持が集まっています。

アロンゾ(Alanzo)は開発の第3段階であるGoguenフェーズに入っています。それは、スマートコントラクトやネイティブなブロックチェーンを発行するときです。2週間前に、アロンゾのローンチの最初の部分、いわゆる「フォーク」が成功したという報告が出ました。8月中には完全なローンチの準備が整うはずです。

カルダノの今後

Coinmarketcap.comによると、ADAの暗号トークンは現在、第5位の暗号通貨となっています。7月31日時点での時価総額は420億4600万ドルで、ADA暗号トークン1個あたりの価格は1.32ドルだった。

今回のスマートコントラクトの導入は、本格的に発表されれば、暗号にとって大きな恩恵となります。価格が大幅に上昇することを期待しています。

カルダノのスマートコントラクト機能の全面発表の見通しについては、それほど悲観的ではない人もいます。Coindesk.comによると、7月中旬にPolymarketの予測市場で、アロンゾのテストネットができるのは10月になるだろうという予測が開設されました。

カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は最近、アロンゾのハードフォーク立ち上げの最初の部分は成功したと述べています。彼らは現在、ブロックチェーンプラットフォームのメインネット上で、カルダノのスマートコントラクトのウェブ互換を可能にする暗号通貨の機能を統合するために動いている。Cryptobriefing.comによると、これはどうやら9月に予定されているようです。

さらに、その次のステップとして、モバイルデバイスでのカルダノを許可することになっています。ブロックチェーン全体をダウンロードしなくても、モバイル機器でスマートコントラクトを可能にするというものだ。

ADAの暗号をどうするか

3月19日、最大の暗号化取引所であるCoinbase Global(NASDAQ:COIN)は、CardanoのADAトークンを同社の取引所で取引できるようにしました。これにより、その受け入れ可能性と取引のしやすさが増しました。

さらに、Robinhoodのような手数料無料の証券会社であるWebullが、カルダノの取引を承認し始めました。Robinhood Markets(NASDAQ:HOOD)も同じクリアリングエージェントを持っているので、近いうちにADAの取引を許可するかもしれない。カルダノはBinance USなどの取引所でも買えるので、簡単に売買ができる。

私は7月に、イーサリアムとビットコインが谷から反発し始めれば、カルダノも高値を更新する可能性が高いと書いた。ともかく、9月までにこの暗号通貨がスマートコントラクトの立ち上げに成功すれば、大きな回復が始まるかもしれません。

9月にそのスマートコントラクトの立ち上げが成功すれば、ADAは離陸する可能性があります。その時は、暗号ポートフォリオの一部をADA暗号に割り当てることが理にかなっているかもしれません。

公開日において、Mark R. Hake氏はビットコインとイーサリアムのロングポジションを保有していましたが、記事に記載されているその他のセキュリティは保有していませんでした。本記事で述べられている意見は、InvestorPlace.comの出版ガイドラインに従うものであり、執筆者の意見です。

Mark R. Hake氏は、個人金融について mrhake.medium.com で執筆しており、こちらで確認できる Total Yield Value Guide を運営しています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。