ニュース, ブログ, ...

ビットコイン対カルダノの論争が勃発、MITのイノベーターが両ネットワークのブロックチェーンの強さについて意見を交わす

MITのイノベーターが、ネット上でビットコインとカルダノの支持者の間でトレンドとなる議論を巻き起こしていることを紹介しつつ、今回のものは米国国防総省のメンバーからのものであり、ユニークであるとして、カルダノは本当にテスラでビットコインを置き換える最高の候補者であるかどうかについてzycryptoが伝えています。

以下はzycrypto.comに掲載された記事「A Bitcoin vs. Cardano Debate Erupts As MIT Innovators Disagree On The Blockchain Strength Of Both Networks」を翻訳したものです。

ビットコイン対カルダノの論争が勃発、MITのイノベーターが両ネットワークのブロックチェーンの強さについて意見を交わす

By Adrian Klent – 2021年8月14日

カルダノは本当にテスラでビットコインを置き換える最高の候補者なのか?

空軍省のIDE(Intermediate Developmental Education)国防フェローシッププログラムのレジデント学生で、MITの2023年システムデザイン&マネジメントクラスでエンジニアリング&マネジメントの修士号取得を目指すJason Lowery氏による研究提案が、ネット上でビットコインとカルダノの支持者の間でトレンドとなる議論を巻き起こしている。

アルトコインがビットコインを反転させるとか、ビットコインよりも優れているという議論は、暗号通貨コミュニティではよくある話題です。しかし、今回のものは米国国防総省のメンバーからのものであり、ユニークです。

Lowery氏は火曜日、自身のLinkedInプロフィールを通じて、航空大学校の研究テーマ「破壊的技術の抑止力への影響」に対応することを目的とした研究テーマが「相互確証保全」であることを発表しました。「A cases for Bitcoin as the fourth leg of US strategic deterrence」を発表し、コミュニティのメンバーにコメントを求めました。

しかし、米国国防総省の同僚であるPrescott Paulin氏(経歴を見ると、米国の防衛イノベーターであり、複数の特許を持つ起業家でもある)のコメントでは、彼が研究を “ビットコインではなく、ブロックチェーンでバックアップされたドル(CBDC)”についての方向に軸足を置いていることが示唆されています。

Paulin氏は、アメリカはその競争で中国に遅れをとっており、それによって世界の基軸通貨の優位性を失う可能性があると主張しています。また、別の提案として、Paulin氏は、CBDCは手始めにカルダノネットワーク上で開発することが大いに可能であるとも述べています。

このコメントに対して、Lowery氏はCBDCのアイデアとカルダノ・ブロックチェーンに対する批判にパンチを返すことはありませんでした。彼は、ブロックチェーンに支えられたドルは、パーミッションレス、ピアツーピア、無差別、包括的ではないため、ブロックチェーン技術の目的を失うことになると述べた。彼は、CBDCを馬車に例えています。要するに、彼にとってCBDCは無意味なものであり、多くの暗号通貨マキシマリストが不換通貨に対して表明している感情と同じです。

また、Lowery氏は、名ばかりの分散型ブロックチェーン(DINO)と考えている他のブロックチェーンと一緒になっているカルダノネットワークの提案にも取り組みながら、それらを「基本的には単なる裁定取引」と考えており、「ビットコインが急速に収益化される中で、ビットコインの容赦ない経路依存性と機会費用の痛みを伴う認知的不協和を調整する」のに役立ったことで価値があると述べています。

Lowery氏はコメントの最後で、アルトコインに投資する人々は次のビットコインを逃すことを恐れて投資しているため、アルトコインには価値があるだけだと述べていますが、「ビットコインが収益化された価値を得るのは、まさに『次のビットコイン』などというものが存在しないという事実からだ」と述べています。

それ以来、暗号コミュニティはこの(意見の)交換を興味深く監視しており、これが軍がブロックチェーン技術や特にビットコインの採用に関心を持っていることを示すシグナルになり得るかどうかは不明です。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。