ニュース, ブログ, ...

カルダノ(ADA)に支えられた「Djed」ステーブルコインは透明性と価格安定性を約束する

カルダノの開発者であるInput-Output Global(IOG)は、Djedステーブルコインの予告を、ブログ記事「Djed:実証済みの価格安定性のためのアルゴリズムステーブルコイン実装」で発表しました。これをcryptoslateが、スマートコントラクトを用いて安定化プロセスを自動化することで、Djedは他の企業にはない新鮮な選択肢を提供していると伝えています。

以下はcryptoslate.comに掲載されて記事「Cardano (ADA) backed ‘Djed’ stablecoin promises transparency and price stability」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)に支えられた「Djed」ステーブルコインは透明性と価格安定性を約束する

Djedステーブルコインの導入で、カルダノのエコシステムがレベルアップ

By Samuel Wan – August 22, 2021 at 9:00 am utc

カルダノでのスマートコントラクトの開始が間近に迫り、そのエコシステムや競合チェーンに対してどのように発展していくのかが注目されています。

そのような考察の1つに、ステーブルコインがあります。ステーブルコインは、あらゆる暗号化エコシステムに不可欠な要素です。ステーブルコインは、フィアットとのギャップを埋め、ボラティリティへの解決策を提示します。

今週初め、開発者であるInput-Output Global(IOG)は、Djedステーブルコインを予告しました。このステーブルコインは、価格の安定性を証明するアルゴリズムトークンであると説明しています。

しかし、これは何を意味するのでしょうか?

Djedはアルゴリズムで制御され、安定しています

IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、7月中旬に投稿したビデオの中でDjedについて語っています。

IOGは過去3年間、ステーブルコインのコンセプトを実験してきたと言います。これには、アルゴリズムでバックアップされたもの、資産でバックアップされたもの、CBDCなど、さまざまな種類の調査が含まれています。

しかし、今年になってから、上級幹部が実験をまとめて、カルダノ・ネットワークに展開するアルゴリズム型のステーブルコインを開発することを決定しました。

今年の初めに、Ergoで行われた実験の一部を利用して、実際にフェンスに向かって撮影し、カルダノに展開できるアルゴリズムステーブルコインを目指すというアイデアがありました。

これは、”自律的な銀行として機能する、暗号化されたアルゴリズムのステーブルコインコントラクト “と説明されています。つまり、スマートコントラクトが「ベースコイン」のリザーブを管理し、ステーブルコインとリザーブコインを採掘して燃やし、ペッグを安定させます。

このプロセスには、手数料の徴収も含まれており、それがリザーブに蓄積されます。リザーブコインの保有者は、価格変動のリスクを負う一方で、徴収された手数料から利益を得ることができます。

このようにして、安定した交換手段を提供しています。しかし、Djedはドルへのペッグに限定されるものではありません。対応する価格指標を契約書に提供するオラクルがある限り、他の通貨との併用も可能です。

カルダノの科学的手法で開発

正式な検証と「科学的手法」というカルダノ社の哲学に沿って、Djedは市場で初めて正式に検証されたステーブルコインです。

IOGによれば、上下限の維持、市場暴落時の堅牢な設計、債務超過にならない、リザーブドレインができないなどの特徴は、数学的定理によって証明できるという。

さらに、原資産はブロックチェーン上で公開されているため、完全な透明性を持っていると主張しています。さらに、スマートコントラクトを用いて安定化プロセスを自動化することで、Djedは他の企業にはない新鮮な選択肢を提供しています。

日本時間の本日未明、ADAは2.56ドルとなり、史上最高値を更新しました。これは、この7日間でカルダノが23%成長し、バイナンスコインを抜いて3位になったという素晴らしい結果を受けたものです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。