ニュース, ブログ, ...

カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、最近のインタビューの中で、「ビットコイン・マキシマリズム」、「DeFiをRealFiに変える必要性」、「アフリカにおけるデジタルトランスフォーメーションの計画」等10の事柄について語りました。

以下はmarkets.businessinsider.comに掲載された記事「Cardano founder Charles Hoskinson discusses ‘bitcoin maximalism’, how DeFi needs to turn into ‘real-fi’ and his plans for digital transformation in Africa in a recent interview. Here are the 10…」を翻訳したものです。

カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、最近のインタビューの中で、「ビットコイン・マキシマリズム」、「DeFiをRealFiに変える必要性」、「アフリカにおけるデジタルトランスフォーメーションの計画」等10の事柄について語りました。

By Camomile Shumba 2021年9月18日

カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、先日Insiderのインタビューに応じました。

彼は、DeFiの未来から、彼が「ビットコイン・マキシマリズム」と呼ぶものまで、幅広いトピックについて語りました。

カルダノネットワークは最も急速に成長しているブロックチェーンの一つで、現在はスマートコントラクトを搭載することができます。

カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、1つのブロックチェーンが暗号分野を支配することはなく、むしろ “ブロックチェーンのインターネット “が存在すると考えています。カルダノは最近、スマートコントラクトやその他のアプリケーションをホストする能力を備えた大規模なアップグレードを実施し、非ファンジブル・トークンを導入しました。

そのネイティブなADAトークンは、今年1,250%近く上昇し、現在、時価総額ではビットコインとイーサリアムに次ぐ第3位となっています。

ホスキンソン氏は最近、重要なアロンゾ・ネットワークのアップグレード、分散型金融の未来、そしてカルダノのような小規模なブロックチェーンが、機関投資家が暗号のバンドワゴンに飛び乗ることによる恩恵をまだ受けていないことについて、Insiderと話をしました。

彼は、暗号空間における最大主義から、ネットワークにさらなる「品質基準」を歓迎することまで、さまざまなテーマを取り上げ、さらには、世界で3番目に急速に成長している暗号経済圏であるアフリカでの近々のツアーについても語りました。

ここでは、わかりやすくするために軽く編集したベスト10の名言をご紹介します。

  1. ”ビットコインが唯一の真実であり、他のものはすべてクソコインである。”ー残念ながら、この業界には最大公約数的な考え方があります。
  2. “もうひとつは、DeFiが「RealFi:リアルファイ」に変わって成長する必要がある。”ーガバナンスと真の分散化が必要。
  3. “メタデータの標準化、品質の標準化、真の顧客の存在、アイデンティティの構築、これらすべてが必要である。” ー分散型金融が成熟するために必要なものについて
  4. “暗号通貨の素晴らしいところは、この点で人間性から切り離されていることです。”
  5. “今、誰が一番安いかということではなく、分散が重要である。” ー異なる暗号ネットワークでの取引手数料の議論について。
  6. “(私は)すぐにアフリカに行って、南アフリカ、タンザニア、ザンジバル、ブルンジ、エチオピア、ケニア、エジプトに行って、5人の国家元首に会う予定だ” ー1年間で暗号導入が1,200%も急増しているアフリカへのツアーを予定していることについて、次のように述べています。
  7. “今回の(資金調達)ラウンドでは400万ドルを調達し、5万人以上が参加したと思うが、そのエンジンは成長し続けている。” ーカルダノの最新の資金調達活動について
  8. 「ほとんどすべての成長は、ビットコインのように有機的なもので、裏で市場を作るような中央の推進力はありませんでした。これは諸刃の剣で、我々がCoinbaseに上場するのに非常に時間がかかったことを意味しています。” ー純粋な有機的成長の課題について
  9. 「機関投資家は)ビットコインしか買わない傾向にあるが、最近はユーティリティーへの影響や環境への配慮などを投資基準にするようになってきており、ビットコインは除外されている」と述べています。ービットコインに対する投資家の懸念について
  10. 「しかし、彼らは現在、ユーティリティーへの影響や環境問題などを投資基準として採用し始めています。私たちは、このような割り当ての大部分を得るべきだと考えています」と述べています。 競合他社に対するカルダノの優位性について。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。