ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

CardWalletとMatrixSwapのパートナーシップ発表

CardWalletとMatrixSwapがパートナーシップ発表しています。このパートナーシップの目的は、協力してWeb3 Aappの接続を探求することにあるとし、両者が協力して成功を収めることで、コミュニティのメンバーが多くの分散型アプリケーションを利用できるようになるため、カルダノのエコシステムを強化するために協力していくとCardWalletブログが伝えています。

さらに、Matrixswapは、他のDEX-esで資産が取引可能になるとすぐに新しい市場ペアをリストアップすることができるため、エコシステムのメンバーに大きな先行者利益をもたらすと伝えています。

また、この記事では、Matrixswapが提供するVirtual Automated Market Maker:vAMM、合成(または仮想)流動性を提供するシステムについて説明しています。

以下はCardWalletのに掲載された記事「CardWallet Partnership Announcement With MatrixSwap!」を翻訳したものです。

CardWalletとMatrixSwapのパートナーシップ発表

By Tiago Serôdio 2021年10月29日

2018年にUniswapがローンチしたとき、自動化されたマーケットメーカーシステムの活用に成功した最初の分散型プラットフォームの一つとなりました。それ以来、自動化されたマーケットメイキングアルゴリズムにより、人々が中央集権的なエンティティを必要とせずに暗号を取引できるようになったため、Decentralized Exchanges(DEX-es)の成長は指数関数的なものとなりました。

次のパートナーシップの発表は、マルチチェーンの分散型仮想AMMベースの永久スワップ取引プロトコルであるMatrixswapとのものです。Matrixswap社との提携により、我々のコミュニティに最高のDEX体験を提供できることを嬉しく思います。

このパートナーシップの目的は、協力してWeb3 Aappの接続を探求することです。私たちが協力して成功を収めることで、コミュニティのメンバーが多くの分散型アプリケーションを利用できるようになるため、カルダノのエコシステムを強化するために協力していきます。さらに、Matrixswapは、他のDEX-esで資産が取引可能になるとすぐに新しい市場ペアをリストアップすることができるため、エコシステムのメンバーに大きな先行者利益をもたらします。

それでは、Matrixswapとは何かを簡単に説明しましょう。

Matrixswapとは?

Matrixswapは、ポリゴン、ポルカドット、カルダノをベースにした分散型の仮想AMMベースの永久先物取引所です。

従来のAMMとは異なり、ユーザーは任意の資産の永久契約を最大25倍のレバレッジでロングまたはショートすることができます。ほとんどの分散型デリバティブ取引プラットフォームは流動性の問題を抱えていますが、Matrixswap vAMMは無限のオンチェーン流動性を提供しています。

Matrixswapはまた、マルチトークンスワップを特徴とするDEXアグリゲーターを提供しており、ユーザーは複数のトークンを1回の取引で一括して行うことができます。

なぜMatrixswapなのか?

Matrixswapが提供するユニークな機能の中で、ユーザーフレンドリーなものをご紹介します。

  • 既存のいくつかの分散型取引所は流動性に関して懸念がありますが、MatrixswapのvAMMは無限のオンチェーン流動性で最大25倍のレバレッジで取引を提供します。DEXでは流動性が低いと市場が不安定になり、予期せぬ価格変動を引き起こす傾向があるため、この点は重要な違いです。
  • CardWalletと同様、Matrixswapは100%ノンカストディアルであり、完全にオンチェーンです。これは、ユーザーが自分の鍵と資金を管理することで、最高のセキュリティを確保することを意味しています。
  • スマートコントラクトは、ユーザーが市場にあるあらゆる資産のデリバティブへのエクスポージャーを得ることができるように構築されています。
  • 導入計画は、PolkadotやCardanoなどの人気の高いエコシステム上にあり、クロスチェーンブリッジを活用することで、異なるブロックチェーンネットワークから流動性を引き出し、トレーダーに最大限の資本効率を提供することを目指しています。

Matrixswapには他にもいくつかの興味深い機能があり、その概要はこちらのドキュメントページに記載されています。

vAMMとは何かについて簡単に説明します。

Virtual Automated Market Maker(vAMM)とは、合成(または仮想)流動性を提供するシステムで、トレーダーはブロックチェーン上で完全にデリバティブを売買することができます。

Virtual Automated Market Makerは、AMMプロトコルをベースにしていますが、両者の違いは、AMMが流動性プロバイダーからの流動性を利用してトークン・スワップを行うことができるのに対し、vAMMはトークン・スワップから永久契約などのデリバティブにまで適用を拡大している点です。

vAMMはプラットフォームごとに異なるものがあり、価格発見のために普及しているという意味でも興味深い。それでは、今回の提携の何が面白いのかを見ていきましょう。

今回の提携での楽しみな点は?

CardWalletとMatrixswapは、カルダノのエコシステムのために安全で主権的な世界を作るという共通のビジョンを持っています。MatrixswapをCardWalletに統合し、Web3のDappsに取り組むことは、コミュニティにとってこのビジョンを強化することになります。

人気のあるクロスチェーンDEX-esの一つであるSushiswapは、わずか24時間で629,912,911ドル以上の取引量を記録しています。これは、近い将来のクロスチェーンDEXの可能性を示しています。カルダノコミュニティの規模が急速に拡大していることを考えると、MatrixswapのようなカルダノベースのDEX-esでは、このような数字の上昇が見られるでしょう。

DEXとの統合は非常に重要な時期に来ています。私たちは、Web3 dappsを含む一連のDeFi製品をユーザーに提供するための革新的な方法を模索しています。私たちのチームが協力して取り組むことで、革新的でエキサイティングなものをコミュニティに提供できると確信しています。

CardWalletのCEO兼共同設立者であるティアゴ・セローディオ氏は次のように述べています。

カルダノのエコシステムが急速に拡大している中、Matrixswapのようなプロジェクトと提携できることにとても興奮しています。Matrixswapのようなプロジェクトと提携できることを大変うれしく思います。彼らは、コミュニティのメンバーに多くの機会を提供するという我々のミッションと一致しています。斬新なアイデアを一緒に模索することに興奮しています。

カードウォレットは、カルダノエコシステムにおけるエキサイティングなプロジェクトとの提携を、今後も発表していく予定です。今後も最新情報をお見逃しなく。
最新情報はMatrixswapをフォローしてください。

Website | Twitter |Telegram|Telegram Announcement Channel| Discord

CardWalletについて

CardWalletは、Occam Associationによってインキュベートされた、カルダノブロックチェーンと他のいくつかのプロトコルのために構築された、ノンカストディアルのウォレットソリューションです。カルダノのネイティブトークンとVisa、Mastercard、ApplePayのフィアットオンランプにすぐに対応できることから、CardWalletは暗号エコシステム全体の主要なウォレットプロバイダーとして急速に普及することが期待されています。CardWalletの戦略的・技術的パートナーには、Scalable Solutions、Simplex、Occam.fi、Nodeseeds、Crypto Dorm Fundなどがあります。詳細は、CardWalletのウェブサイトをご覧ください。

CardWalletのソーシャルメディアチャンネルをフォローして、最新のニュースを入手してください。


Twitter — 
https://twitter.com/CardWallet_fiTelegram — https://t.me/cardwallet_communityMedium — https://medium.com/cardwalletLinkedIn — https://www.linkedin.com/company/cardwallet

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。