ニュース, ブログ, ...

創業者のチャールズ・ホスキンソン氏によると、カルダノは量子攻撃に耐性のある作業を開始します by Cryptobuzz

カルダノの創設者のチャールズ・ホスキンソン氏の動画『Surprise AMA 12/06/2021』で、カルダノは量子攻撃に耐性のある作業を開始すると述べており、これについてCryptobuzzが伝えています。

以下はCryptobuzz.co.ukに掲載された記事「Cardano Begins Work on Becoming Resistant to Quantum Attacks, According to Creator Charles Hoskinson」を翻訳したものです。

創業者のチャールズ・ホスキンソン氏によると、カルダノは量子攻撃に耐性のある作業を開始します

by qudexcoronet 2021年12月9日

アメリカの開発者チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、彼のチームは現在、量子コンピューティングの時代に向けてカルダノ(ADA)を準備していると語っています。

量子コンピュータは、現在使われている古典的なコンピュータでは解決できない問題の答えを提供してくれると期待されているが、量子コンピュータが暗号業界を脅かすのではないかと懸念する声もある。

ホスキンソン氏は、YouTubeの新しい動画の中で、288,000人の登録者に向けて、ADAを量子攻撃から守るための作業が現在進行中であることを伝えています。

まず最初にやるべきことは、我々が持っているアルゴリズムを量子攻撃に対してモデル化することです。

私たちはそのプロセスに着手していますが、それは2022年の成果物の範囲ではありません。

しかし、知識はあるし、人材もいる。カルダノの今後5年間の優先事項であれば、それは可能なことです。

ホスキンソン氏によると、カルダノの量子攻撃耐性をすぐに作らないのは、大きなトレードオフがあるからだという。

我々は、許容できるトレードオフを実現するためには、数学と科学が必要なところに達していないという結論に達しました。

10年後、20年後の未来から何かを守るために何かを採用することで、今日、代償を払わなければならないようなシステムは望ましくありません。

カルダノの創設者は、量子コンピュータがまだ存在しないため、量子コンピュータの脅威は今日の現実的な問題ではないと述べています。

量子コンピュータの問題を改善するためには、遵守しなければならないすべての理論的特性をモデル化し、数学の技術水準を向上させて、より良いプリミティブを手に入れることの方が意味があります。

今のところ、これは学術的な課題であり、現実的な問題ではありませんし、懸念事項でもありません。どんな暗号システムにも脅威を与えるような量子コンピューターは存在しません。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。