ニュース, ブログ, ...

カルダノは2021年にGitHubで最も開発された暗号化プロジェクトになった – Santiment

CryptoRankSantimentによるデータで、2021年にGitHubで最も開発された暗号プロジェクトはカルダノであることがわかりました。2021年のカルダノの開発イベントは14万件を超えているとcryptobuzz.co.ukが伝えています。

また、先週行われたYoutubeのライブセッションで、カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、カルダノブロックチェーン上で開発中のプロジェクトが約127件あることを明らかにしました。

以下はcryptobuzz.co.ukに掲載された記事「Cardano became the most developed crypto project on GitHub in 2021 — Santiment」を翻訳したものです。

カルダノは2021年にGitHubで最も開発された暗号化プロジェクトになった – Santiment

by qudexcoronet 2022年1月3日

CryptoRankとSantimentがまとめたデータによると、2021年にGitHubで最も開発された暗号プロジェクトはカルダノで、14万件を超えるイベントがありました。

トップ3を占めたのは、2位のKusamaと3位のPolkadotで、1年間のイベント数はほぼ同じでした。CardanoはEthereumの開発アクティビティを大差で上回り、Ethereumは4位となりました。

Santimentでは、GitHubのイベントを、課題の作成、プルリクエストの作成、課題またはプルリクエストへのコメント、コードリポジトリのフォーク/スターリング/ウォッチングなどのいずれかと定義しています。

2021年に@Githubで最も開発された暗号化技術

Santimentfeedによると、@Cardano, が業界で最も開発されたプロジェクトとなり、@Kusamanetwork、@Polkadotがそれに続くとされています。

CryptoRankプラットフォーム (@CryptoRank_io) 2022年1月3日

先週行われたYoutubeのライブセッションで、カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、カルダノブロックチェーン上で開発中のプロジェクトが約127件あることを明らかにしました。また、ホスキンソン氏は、nonfungible token(NFT)の人気の高まりにより、ADAのユーザー数が既存の200万人から10倍に増加することを予想しています。

カルダノの技術的な進歩は、ポスト・アロンゾの牽引役にもなっている。ブロックチェーンの注目すべき進行中の作業の1つは、レイヤー2のHydraアップグレードで、台帳自体を分割することなく、オフチェーンの取引をステーキングプールに流すものです。理論的には、それぞれが数百のトランザクションを処理する数百の「Hydra・ノード」によって、ネットワークの高度な線形スケーリングを可能にすることができます。

もうひとつ注目すべきは、カルダノ・ブロックチェーン独自のISPO(Initial Stake Pool Offering)と呼ばれる斬新なフィンテック資金調達の仕組みです。この設定では、ブロックチェーンの愛好家が自分の暗号通貨をプロトコルに委ね、報酬として出資した新しいプロジェクトのトークンを受け取ることができます。これに対し、ADAのステーキング報酬は開発者に行きます。資金は委任者のウォレットから出ないため、このプロセスはむしろ安全です。そのようなプロジェクトの1つであるGenius Yieldは、ISPOのプールが24時間以内に1億1800万ドルを突破しました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。