ニュース, ブログ, ...

カルダノがビットコインUTXOとEVMの中間に位置するスマートコントラクト用のeUTXOモデルの開発を加速

カルダノの開発会社IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、自身の動画でカルダノでスマートコントラクトのeUTXOモデルを開発し、ビットコインのUTXOとイーサリアムのバーチャルマシンのスマートコントラクトの中間を見出すことが主な焦点であると説明し、また2022年はカルダノにとって実行可能な年であり、多くの開発実行がこの年を待っていると考えていることをthemarketperiodicalが伝えています。

以下はthemarketperiodical.comに掲載された記事「Cardano Plans To Develop eUTXO Model For Smart Contracts, Might Be The Middle Ground Between Bitcoin UTXO And EVM」を翻訳したものです。

カルダノがスマートコントラクト用のeUTXOモデルの開発を計画、ビットコインUTXOとEVMの中間となるかもしれない

by Antonio K Smith January 5, 2022

  • カルダノのCEOは、2022年はカルダノにとって実行可能な年であり、多くの開発実行がこの年を待っていると考えている。
  • チャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノでスマートコントラクトのeUTXOモデルを開発し、ビットコインのUTXOとイーサリアムのバーチャルマシンのスマートコントラクトの中間を見出すことが主な焦点であると説明した。
  • また、カルダノは2021年に最も開発された暗号プロジェクトとなり、14万件以上の開発がGithubに記録されました。

Alonzoハードフォークによるカルダノへのスマートコントラクトの導入は、2021年をネットワークにとって素晴らしい年にしました。カルダノのCEOでIOHKの創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、今年はdApps(分散型アプリケーション)のフレームワークを強化するために本当に重要な年になるかもしれないと考えています。ホスキンソン氏は、ダップや開発に関するビデオで、今年のカルダノの意欲的なロードマップを明らかにしました。彼はまた、今後数カ月はdAppsエコシステムをより良くすることだけを中心に据えると述べました。

カルダノは、コミュニティによって管理される約22のネットワーク強化提案であるImprovement Proposalsを提示し、今年中に稼動させる予定です。ホスキンソン氏は、カルダノのスマートコントラクトのeUTXO(拡張UTXO)モデルを開発することに主眼を置いていると説明しました。

また、EVM(Ethereum Virtual Machine)スマートコントラクトと、関数型プログラミング言語Forthを活用したBitcoinのUTXOモデルとの違いを強調した。そして、EVMの不要な機能を捨て、BitcoinのUTXOモデルの機能性を取り入れたeUTXOモデルを開発し、両者の中間に位置するカルダノに注目したのです。

eUTXOの開発

また、同主任は、今年10月までにeUTXOの開発を完了する見込みであり、この目標達成のために手を抜かないことを明言した。さらに、ホスキンソン氏は最近のビデオで、展開を模索している他のいくつかのCIPについて説明し、その多くは、カルダノが完全なdAppネットワークに進化するための準備をさらに進めることを目的としています。Cardano dApp-Wallet Web Bridge(CIP-30)は、dAppsとカルダノウォレットとの通信を可能にするWebページベースの接続ブリッジを確立する予定です。

ホスキンソン氏によると、2022年前半にカルダノネットワークでローンチするために、12のカルダノプロジェクトが進行中だという。最初のDEX MueseliSwapの導入に続き、このネットワークはDeFi TVLアグリゲーターのDeFiLlamaに初登場しました。その後、同ネットワークはDeFi領域における有力候補としての地位を確立しつつあります。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。