ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

カルダノ(ADA)のメタバースが始動、数千人がそのデジタル不動産に投資 by Daily Hodl

メタバースがカルダノ・ブロックチェーンに登場しました。Decentraland や Ethereum 上の Sandbox Game などのプロジェクトに続いて、メタバースが Pavia.io という形でカルダノブロックチェーンに登場したと、Paviaがプレスリリースで発表しています。

このプロジェクトはDecentralandとやや似たスタイルですが、プルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーン技術に基づいて構築されています。

これについてDaily Hodlが伝えています。

Pavia公式サイト:http://www.pavia.io

以下はDaily Hodlに掲載された記事「Cardano (ADA) Metaverse Launches With Thousands Investing in Its Digital Real Estate」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)のメタバースが始動、数千人がそのデジタル不動産に投資

by Daily Hodl Staff 2022年1月19日

Paviaは、時価総額で第5位のブロックチェーンがスマートコントラクト機能を導入してから数カ月後に、カルダノ(ADA)ネットワーク上で初公開されました。

プレスリリースでは、Paviaは「最初のカルダノメタバース」であり、現実世界の活動や形態をデジタルで再現できる仮想現実空間であると述べています。

カルダノ・ネットワークはイタリアの数学者ジェロラモ・カルダノにちなんで名づけられたが、パヴィア・メタバース・プロジェクトは、この数学者の出生地である北イタリアのパヴィアにちなんで名づけられたものです。

このメタバースプロジェクトでは、約10万区画のNFT土地区画を持ち、60%がすでに完売しているという。パヴィアによると、第1期の仮想土地販売で29,000区画、第2期で31,000区画が販売されたています。

デジタル土地販売は2021年10月から11月にかけて行われ、現在、パヴィアのエコシステムには8,300人以上のバーチャル土地所有者がいます。また、Paviaによると、NFTの土地所有者は、2021年12月のブロックチェーンスナップショットに続いて、同社のゲーム内トークン「PAVIA」をエアドロップとして受け取りました。

Paviaによると、米国と英国からのバイヤーは、”規制の不確実性により “土地販売への参加が制限されました。メタバースプロジェクトによると、最終的な土地販売は2022年の第1四半期に行われる予定です。

Paviaの土地区画は現在、カルダノNFTのマーケットプレイスCNFTで、最低750ADA(約1,110ドル)、最高85万ADA(約126万ドル)で販売されています。

ADAは記事執筆時、1.48ドルで取引されています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。