ニュース, ブログ, ...

Marlowe、Plutus、K、IELEなどのプログラミングプラットフォームなど:チャールスさん動画:Few Brief Updates 2020/11/22 一部抜粋と要約

*この記事はチャールスさん動画:Few Brief Updates 2020/11/22から一部抜粋し要約したものです。

11月下旬と12月中にさらに2つの主要なアップデートがある。
さらに、来年に向けたロードマップも設定される予定です。

KとIELEのローンチに向けてランタイムベリフィケーションズ社との緊密な協力関係に加えて、より多くのスタッフを採用し、戦略的な投資を行っている。

MarloweとGoguenと同じく、IELEは カルダノにとって”必須 “のコンポーネントの一つ

IELEは、仮想マシン(VM)である。開発者はこれを使って、あらゆる一般的なプログラミングソフトウェアでdAppsを作成し、完成したらYellaを使って変換して実行することがでる。

Solidityプログラミング言語のサポートを持つIELEは、EthereumからCardanoへのdAppsの変換に最適なコンポーネントとなる。

以前の発言として、IOHKのCEOがEthereumの仮想マシンとYellaを比較した際、Ethereumの仮想マシンは「おもちゃのように見える」。

カルダノにとって重要な他のパートナーシップは、アフリカに関連したものだ。しかし、エチオピアでは戦争が起きており、同国を巻き込んだ発表ができなくなっている。

今月末、TrezorウォレットにADAのフルサポートがある。そのため、ADA保有者は間もなく、Daedalus TrezorとLedgerとの完全な統合の恩恵を受けることができるようになる。追加される機能の1つとして、一つノウォレットから分散して委任が可能これは2021年の第1四半期にLedgerとTrezorのために来る予定です。

私はDaedalusで遊んできました。
彼らが何を達成したかを見るのは信じられない。
我々はすぐにフルサポートを受けることになるだろう。
TrezosのためのFirmwireのアップデートがあるだろう。
12月に、そして12月か1月には多くの新機能を搭載したLedgerがあると思います。
12月の第一週にハードフォークがあるだろう。
このアップデートはトークンロック(投票や登録)に関連したもので、カルダノのメインネット上でゴグエンのインフラを整えるための下地作りを始める最初のものになるでしょう。
2021年には、さらに2つのアップデートが行われると予想されています。
1つ目はマルチアセットのサポートをもたらし、2つ目はPlutusプラットフォームの完全サポートをもたらすだろう。

FUND 3は、投票登録にトークンロックを採用した最初のファンドとなります。
FUND 3では、投票センターも完全にDaedalusで構築する予定です。
現時点では、投票センターはモバイルアプリケーションです。
我々はモバイルアプリケーションとDaedalusを持つことになります。

Cardanoコンポーネントが受けるであろうアップデートや改善についてはIOHKが取引所からより多くのサポートを受けている。したがってそれらが実装されている間、困難はほとんどなく、これらのプラットフォーム上でサポートを受けるために数ヶ月や数週間待つ必要がないユーザーのための不便が少ないだろうと期待しています。

Goguenに関する最も重要なニュースは、11月の終わりに発表されるだろう。

Marlowe、Plutus、K、IELEなどの他のプログラミングプラットフォームや、開発者がこれらのプラットフォームでできる「あらゆること」についてのアップデートを行う予定。

以上一部抜粋と要約でした。

IELEYellaとも言うと説明していましたが、違う呼び方より変わった発音にすぎませんでしたので、IELEに統一して修正しました。
Runtime Verification のCEOがルーマニア人だった理由からから”Yella”と言う呼び名が使用されていたようです。
🔽
https://github.com/runtimeverification/iele-semantics/

Sebastien Guillemot@SebastienGllmtさんに教えていただきました。ご指摘大変ありがとうございました。




お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。