エポックな日々, ニュース, ...

カルダノ・スケーリング in 2022、Vasil詳細:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック329

カルダノ・スケーリング in 2022、Vasil詳細

Cardano360 March 2022

毎月、月の終わりに配信されるカルダノの世界の最新情報を伝える動画『Cardano360 March 2022』では、エコシステム全体から最も新鮮なニュースや特集コンテンツを見ることができ、カルダノで起きているイノベーションを楽しむことができます。

2022年のスケーリングと三つのマイルストーン

3月を終えて、2022年Q2に入ったカルダノが、2022年において最も注力して行なっているスケーリング開発の最新情報を発表し、特に6月のVasil HFのプレビューについて、更に踏み込んだ説明がなされています。

基本的に2022年のスケーリングは、2月、6月、10月の三回に分けてマイルストーンが実行されます。

IOGが行なっている拡張パイプラインと言われるスケーリングソリューションは、Dapps開発社が開発サイクルに組み込みながら統合できるようなリードタイムが必要であることから、小さな改善点をリリースしていく手法をとっています。

2月

まず2月は、下記の4つがハードフォークなしでアップデートが行われました。

  • CLIトランザクションの作成
  • リーダースケジュール マルチシグネチャ機能
  • ローカルmempoolモニタリング
  • スクリプトのコスト見積もり

これらは6月のVasilハードフォークを行うために必要な準備となっています。

6月:Vasil

6月Vasilではハードフォークが行われ次のようなアップデートが実行される予定です。

  • Plutus バージョン2.0
  • 暗号プリミティブの強化(VRF、KES)
  • スクリプト担保処理

Plutus バージョン2.0

まず6月のVasilハードフォークでは、Plutus バージョン2.0がリリースされ、主に次の4つの重要な領域が登場する予定です。

Referemce Scripts:リファレンスクリプト

まず一つ目はリファレンススクリプトです。

これにより取引を小さく、安くすることができます。他の取引から記録されたスクリプトをオンチェーンで参照することができるようになります。

既存のコードの再利用が可能なので、Dapps開発者にとって素晴らしい改善をもたらします。

Reference Inputs:リファレンス・インプット

もう一つは、リファレンス入力で、スクリプトからの入力を消費せずに参照できるようになり、同時並行処理性が向上します。

多くのスクリプトが同じ入力を同時に参照するので、同時実行性を向上させることができ、同時に多くのことを行うことができることで、スループットへの大きな改善となります。

Inline Dataums:インライン・データム

三つ目のInline Dataums:インライン・データムは、プロセスを簡素化します。ハッシュを使用する必要がなくなり、シンプルな入力を参照できるようになります。

IOGは、データムハッシュの代わりにデータムそのものを出力に添付できるようにすることを提案しており、これにより、ユーザー間のdatum値のやり取りがよりシンプルで便利になるとしています。また、低コストで実現できれば、システムを大幅に簡素化できるため、多くのアプリ開発者がこの機能を利用することが予想されます。

Redeemers in transaction information:トランザクション情報におけるリディーマー

最後に、Redeemers in transaction information:トランザクション情報におけるリディーマー(還元者)は、相互に作用する、より複雑なスクリプトを作成することがでるようになります。

Vasil:Crypto primitives:暗号プリミティブの強化(VRF、KES)

次に、Crypto primitives:暗号化プリミティブについて説明しています。プリミティブというのは、小さなレゴのようなものという意味です。

現在はVRFはVerifiable(検証可能)なランダム関数で、通常、秘密鍵で署名するメッセージを渡して処理する暗号ですが、暗号はコンピュータが基本的に行うには高価なを計算するので、数字はかなり重くなる傾向があります。

これまでは2つのVRFを実行し、2つの計算を行なっていました。これを一回に減らすことができるとして、そうすることで次のメリットがあります。

  • ノード検証時間が短縮されました
  • VRFを最新のバージョン9に更新
  • KES署名の署名サイズを縮小する

VRF optimization:VRF最適化

このVRF optimization:VRF最適化により、ノードの同期時間が大幅に短縮され、ノードが完全に同期されるまでの待ち時間が短縮されます。

Optimize KES:KESの最適化

そしてKESの最適化により、ブロックの伝播がより速くなり、ブロックチェーンのストレージが減少します(各ブロックのヘッダーが小さくなります)。

Collateral adjustment:担保の調整

旧バージョンでは、もしあなたが意図的に失敗したトランザクションを送信した場合、担保を失うことになりましたが、新しい担保の調整の仕組みでは、エンドユーザーが必要以上にリスクを負うことがないよう、担保を必要な額に正確に調整する仕組みが導入されます。

New Now change address for collateral:担保の住所変更(*)新しいお釣りの担保アドレス

担保の住所変更を行う予定であり、スクリプトユーザーは担保に入れた金額をそのまま使うことができるようになり、より信頼性と確実性を高めることができます。

(*)Nori – 1STEP Cardano SPO(@nori_crypto)さんよりお知らせいただき、誤訳箇所を修正させていただきました。大変ありがとうございました。

Vasil : Script collateral adjustment:スクリプト担保の調整

このように新しいVasil : スクリプト担保の調整では、スクリプトのユーザーは担保に正確な金額を使うようになり、それ以上は使えなくなりました。

担保の住所変更の新設を行い。また、Adaトークン以外のトークンを含むことができることで、スクリプトの利用者に、より信頼性と確実性を与えることになります。

10月:Chang
  • ガバナンス
  • スマートコントラクトの進化
  • パフォーマンス

10月のChangハードフォークの準備も進んでおり、ガバナンス、サイドチェーンからライトウォレット、エキサイティングなパイプラインによるパフォーマンスまで、さらなる成長を目指した取り組みが行われる予定です。

Wave Financial:カルダノのDeFiエコシステムの成長を支援するADA Yield Fundを立ち上げ

2022年3月30日、米国ロサンゼルス/シンガポール – SEC規制のデジタル資産投資運用会社であるWave Financial LLC(ウェーブ)は、Wave ADA Yield Fundを立ち上げることを発表しました。

ADA Yield Fundは、急速に拡大するカルダノのDeFiプラットフォーム新興企業に流動性とその他のリソースを提供することを目的としており、このファンドは、カルダノのエコシステムで立ち上げられた新しい分散型金融(DeFi)プラットフォームを支援するために、初期1億ドルから数百万ドルを並べて流動性を提供するように設計されています。

このようにカルダノは、アーリーステージ・エコシステム・ファンドであり、WAVE Financial、IOG、Emargoと協力し、非中央集権的なシステムを構築している多くの企業や金融アプリケーション位焦点を当てるもので、

詳しくは下記の記事を参照してください。

今こそ真の分散化を促進する権利章典を

カルダノ(ADA)の創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、ドバイで開催されたBinance Blockchain Weekで、「ブロックチェーン技術の核心は、お互いを信頼していない人々の間の信頼にあります」と述べ、暗号通貨コミュニティに真の分散化の概念を示す業界の権利章典を制定するよう提案しました。

上記の動画はBTBFさん(@btbfpark)によるチャールズ・ホスキンソン氏がドバイで行なった『カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏が、真の分散化を促進する権利章典を呼びかけ』の動画です。

このスピーチは我々暗号業界の全てのコミュニティの核となる『分散化』の信念が、世界を変える真の動機であり、これを今私たち一人ひとりが自分自身のために、「本当に分散型であるならば、自分たちで考えなければならない」とホスキンソン氏は熱く語っており、暗号コミュニティのみならず世界の人が耳を傾けるべき必見の名スピーチとなっています。

今、各国政府が暗号資産への規制を計画する中、真の分散化の意味を考え、その権利をもう一度我々自身が自分たちの手で選択するときではないでしょうか?

最後にチャールズさんの熱いメッセージをお届けします。

あなた方は建設者であり、したがってあなた方は決定者である。

何を基に建設するか、どのように建設するか、どのようにパートナーになるかを選択する。

あなた方が大切にするものが、最終的にこの業界の性格を決めることになるのです。

この問題を解決すれば、暗号通貨の分野だけでなく、世界を変えることができるのです。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック329

暗カルダノADAの24時間の米ドル取引量は、現時点でビットコインの4倍以上を記録
Binance Blockchain Weekでカルダノ創業者が語るビットコイン(BTC)、Web3、哲学などの話題
この新しいカルダノの製品であるAadaFinanceは、Aaveは直接のライバルとなります。

カルダノエコシステム上のP2P融資プロトコルであるAadaFinanceは、5月にプロトコルの最初のバージョンを立ち上げ、カルダノのプラットフォーム上で事実上P2P融資を可能にする予定です。

この開発により、カルダノはまもなく、アーリームーバーの優位性を持つAaveやCompoundのような企業と肩を並べることができるだろうとwatcher guruが伝えています。

MilkomedaC1がメインネットで公開:カルダノ搭載EVMを本日より提供開始

Milkomedaは本日、カルダノ DappsのEVM互換性をメインネットで公開しました。Milkomedaは、Cardano、Solana、Algorandのような非EVMチェーンにEVM互換性をもたらすレイヤー2(ロールアップを利用)として機能し、Milkomedaの互換性へのアプローチは、サイドチェーンの開発によるものです。

これにより、Dappsの開発者は、イーサリアムのプログラミング言語Solidityでコードを書きつつ、その製品をカルダノチェーン上にデプロイすることができるようになります。

カルダノ(ADA)ドバイのホスキンソン氏は「かなり満足」。Vasilハードフォークによる価格への効果は?
ADA Handle 2022ロードマップ

ADA Handle Standardによって完全にオンチェーンセキュリティーが確保され、NFTを利用したCardanoウォレットアドレスのネーミングソリューションを提供するADA Handleが2022ロードマップを発表しています。

ADA Handleはカルダノのステークプール・オペレーターのためのSPOポータルを構築中。CIP-0022を我々のメカニズムに統合し終えたら、SPOがプールティッカーの支払いと鋳造を行えるようにするアクセスポータルを出荷する予定です。

カルダノ、Milkomedaを通じてイーサリアムのdAppsとEVMの互換性を獲得

カルダノのエコシステムにイーサリアムのdAppをデプロイすることを目的としたMilkomeda C1がメインネットでリリースされたことで、カルダノは、Milkomeda EVMサイドチェーンを通じてEVM互換となったことについて、cryptomodeが伝えています。

米WisdomTree、カルダノやソラナのETPを欧州でローンチ

米資産管理会社WisdomTreeは29日、3銘柄の暗号資産、ソラナ(SOL)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)の現物に連動するETPを、スイスのSIXとドイツのクセトラに上場

Symons Labプロジェクト『イザナミ』 のロゴが完成しました!

日本神話において、イザナミとイザナギが地球に島々を生み出した「国生み」の際に使用したとされる「天沼矛(アメノヌボコ)」をモチーフにしたデザインです。

「国生み」の際、イザナギとイザナミは天上から天沼矛を大海に突き立て、それを引き抜いた際に滴る雫から島々が生み出されたという説がありま す。その雫と矛を組み合わせました。

カルダノは、機関投資家の需要が高まっている

10万ドル以上のオンチェーン取引量は2022年(3カ月間)だけで50倍に増加。昨日は、これらの大口取引で合計690億9000万ドルが動かされ、オンチェーン総量の99%を占めました。

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏が、真の分散化を促進する暗号憲法を呼びかけ

カルダノ(ADA)の創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、ドバイで開催されたBinance Blockchain Weekで、「ブロックチェーン技術の核心は、お互いを信頼していない人々の間の信頼にあります」と宣言、暗号通貨コミュニティに真の分散化の概念を示す業界の権利章典を制定するよう提案しました。

これを地元メディアのCity A.Mから伝えています。

カルダノ、3月より新型クジラの流入を確認、最大で1200万ADAを保有:報告書

オンチェーンデータアグリゲーターのSantimentが提供するチャートによると、カルダノのクジラの量は今月1.7%急増しており、3月からのカルダノへの新しい鯨の流入は、最大1200万ADAを保有していると報告しています。

また、3月29日、IntoTheBlockは、カルダノ・チェーンが通常よりも金融機関からの需要が高まっていることを共有、この一連の動きをU.TODAYが伝えています。

IOGブログ:AIとブロックチェーンのシナジーが人類の未来に果たす重要な役割

現在活発に進められているSingularityNETの分散型AIプラットフォームのイーサリアムからカルダノへの移植は、AIとブロックチェーンの融合における一つの劇的なマイルストーンを示しており、AGIX ERC20コンバーターブリッジは、4月18日にメインネットでライブになる予定となっています。

カルダノ(ADA)に対する機関投資家の関心の高まりが2022年の取引量を50倍に押し上げ、価格にも恩恵が…!

ステーキング状況 in エポック329

SIPOエポック329終了時点ステーキング動向
SIPO、SIPO3、SIPO3エポック329ステーキング報告
SIPOエポック329ステーキング報告
SIPO2エポック329ステーキング報告
SIPO3エポック329ステーキング報告

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。