ニュース, ブログ, ...

CMEグループがSolanaとCardanoのアルトコイン先物を検討中

アメリカ合衆国シカゴにあるデリバティブ取引所であるCMEグループ(シカゴ・マーカンタイル取引所)は、ソラナのSOLやカルダノのADAなど、時価総額の小さい暗号通貨に基づく先物を導入できないか検討しているとThe Blockが伝えています。

課題はあるが、これが採用されれば、ビットコイン、イーサリアムに続いて、SolanaとCardanoのアルトコインはこれまで以上に大きな追い風となるでしょう。

以下はThe Blockに掲載された記事「CME Group is considering altcoin futures on Solana and Cardano」を翻訳したものです。

CMEグループがソラナとカルダノのアルトコイン先物を検討中


by Osato Avan-Nomayo 2022年4月1日

近年、ビットコインやイーサリアムに関連する先物取引を開始したは、ソラナのSOLやカルダノのADAなど、時価総額の小さい暗号通貨に基づく先物を導入できないか検討しています。

シカゴを拠点とする取引所は、顧客からの要望が大きいことからアルトコイン先物契約の作成を「検討している」と、CMEの株式・暗号通貨商品担当ディレクターであるPayal Shah氏は、水曜日にロンドンで行われたCryptoCompareのデジタルアセットサミットでのパネルディスカッションの一部として述べました。

しかし、Shah氏は、アルトコイン先物の開始は、価格指数と規制に関する問題を整理することによると述べました。シャー氏によると、CMEの既存のビットコインとイーサリアムの先物は、5つの取引所からの価格フィードに基づくインデックスに依存しています。

「ビットコインとイーサリアム以外のコインに関しては、まずインデックスが必要か、インデックスを作成する能力が必要だ」と彼女は付け加えました。

規制について、シャー氏は、米国におけるアルトコインの規制が確実でない現状を指摘した。「どこに書類を送ればいいのかを知る必要がある」とShah氏は述べ、米国のどの規制機関がアルトコイン関連商品を管轄するのかが明確でないことに言及しました。

ビットコインとイーサリアムは、今のところ、米国証券取引委員会(SEC)によって非証券とみなされた唯一の暗号です。一方、SECはこれまで、多くのアルトコインが証券であると述べてきた。

2017年12月にビットコイン先物を開始して以来、CMEはイーサリアムのオプションと先物をリリースしてきました。3月には、CMEはマイクロビットコインとイーサリアムのオプションを開始しました。

2021年4月、CMEはTwitterで報道が流れた後、ドージコイン先物を開始するという噂を否定せざるを得なくなりました。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。