IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:Project Catalystがアフリカ向けインキュベーターを立ち上げ

IOGProject Catalystは、アフリカのビジネスインキュベータであるiceaddisと共同で、インキュベータ・スキーム「Ariob」を開始しました。Ariobは、エチオピアの古代セム語族であるGe’ez語で「始まりの集合体」を意味します。

以下はIOGブログに掲載された記事「Project Catalyst launches incubator for Africa」を翻訳したものです。

Project Catalystがアフリカ向けインキュベーターを立ち上げ

Ariobは、大陸全域でイノベーションを促進し、日常的な課題に取り組むことを支援します。

by Tim Richmond 2022年4月5日 6 mins read

Input Output GlobalのProject Catalystは、汎アフリカのビジネスインキュベーター、アクセラレーターであるiceaddisと共同で、インキュベーター制度Ariobを立ち上げました。Ariobは、エチオピアの古代セム語族であるGe’ez語で「始まりの集合体」を意味します。

この戦略的パートナーシップは、カルダノのイノベーションエンジンであるProject Catalystが資金提供するプロジェクトの成長を促進することを目的としており、Catalystの有望なスタートアップ企業に、アフリカの現実の課題を解決する製品開発を支援するベンチャー育成の専門知識とリソースへのアクセスを提供するものです。

なぜアフリカなのか?

アフリカには13億人の人々が住んでいます。魅力的で多様な大陸であり、ブロックチェーンのような新しいテクノロジーの採用が大きく加速しています。レガシーシステムへの忠誠心がないため、技術の進歩がはるかに定着しやすいのです。金融サービスのプロジェクト、国のアイデンティティーの枠組み、学問の発展には、産業と社会の双方を変革する大きな可能性があります。この進化は、起業家精神とイノベーションが過去にとらわれたアプローチを飛び越えるための肥沃な土壌を提供するものです。したがって、アフリカで最先端のプログラムを提供することに注力することは、カルダノのエコシステムの成長を加速させることができます。

昨年、Input Output Global (IOG) はエチオピア教育省との提携を発表し、カルダノ上に構築された Atala PRISM 技術を用いて、500万人のエチオピア人学生に学歴を確認する手段を提供することを発表しました。IOGはまた、ザンジバルのWorld Mobileと協力して、ブロックチェーン技術により、接続されていない人々を接続し、必要なオンラインサービスへのアクセスを可能にしています。

Project Catalyst、メンターシップ、インキュベーション

Project Catalystは、現在、最大規模の分散型イノベーション・ファンドの一つです。カルダノコミュニティが推進するエコシステム開発とイノベーションの中心的な存在です。資金調達ラウンドのたびに、コミュニティはカルダノに関連するさまざまなテーマの課題を提示します。これらの課題に対して、コミュニティは解決策と明確な計画を定義したプロジェクト案を提示します。そして、コミュニティは提示された提案に投票し、資金提供を受けるプロジェクトを選択します。

Catalystは、人々が素晴らしいアイデアを実現し、それを実行することを可能にしますが、資金調達は成功への道のりの一部に過ぎません。プロジェクトを育成し、ビジネスプランと効果的な市場投入戦略を正式なものにするためには、教育、指導、コラボレーション、製品ロードマップ開発など、その他の要素も必要です。

“BoostCamps“と名付けられたカタリストの資金提供を受けた最初の起業家プログラムは、Entreprenerdyのプラットフォームを使用し、参加プロジェクトが事業戦略を策定するためのセッションに参加することができました。Fund7は最新のラウンドで、アクセラレータ&メンターチャレンジを実施します。12のプロジェクトに資金が提供され、Cardanoで構築されるビジネスをサポートするプログラムやツールが作成される予定だ。

BoostCampsはこれまでに5つのコホートを受け持っており、そのうちの1つはアフリカでポジティブな変化を起こすことを目標とするプロジェクトに焦点を当てている。この活動は、今回の最新イノベーションであるAriobインキュベーターにインスピレーションを与え、厳選されたプロジェクトが2022年前半まで実施される支援プログラムに参加することになる。このプログラムでは、クリエイティブな可能性を引き出し、アイデアを検証し、プロトタイプを使用して最適な製品を見つけるためのサービスを提供します。また、教育機関、政府機関、NGO、地元企業などとの連携も行っていきます。

iceaddisの共同創業者で最高経営責任者のマルコス・レマ氏は、「カルダノはアフリカの現実の課題に対する解決策を生み出すプラットフォームであり、当社の最も価値ある関係の1つはカルダノのエコシステムと言えます。私たちは共に、次の大きなアイデアがアフリカの国々から生まれていることを示したいと考えており、その実現のためにリソースを投入する用意があります。

汎アフリカの主要なインキュベーターおよびアクセラレーターの1つとして、我々はAriobインキュベーターを通じて、ポテンシャルの高いCatalystスタートアップの開発を推進することを切望しています」。

Ariobインキュベーターに参加するプロジェクト

DirectEd:ブロックチェーン技術の透明性、ピアツーピア、スマートコントラクト機能を用いて、低所得国の学生に対する奨学金を促進するソリューションを開発し、コストの削減と汚職の排除に取り組んでいます。多くの優秀な学生は、自分の可能性を実現するための経済的手段がありませんが、篤志家は2つの理由で寄付を躊躇することがあります。1つは、寄付金が直接学生に渡ることを確認できないこと、もう1つは、寄付金が本来の目的に使用されることを確認するために、寄付金に条件を付けるとコストがかかることです。DirectEdは、透明性が高く、安全で、低コストな方法で、条件付きのピアツーピア寄付を直接学生に行うことで、これらの問題を解決しています。

CheCha:ジンバブエの小銭危機を解決するためのデジタル米ドル券システム。CheChaは、顧客とベンダーの間で信頼できる第三者機関として、マイクロローンを促進する役割を担っています。ベンダーはパートナーネットワークに参加し、クローズドループシステム内でのローン償還を可能にし、adaウォレットの導入により、ユーザー間の送金も可能になりました。さらに、このプラットフォームは、国内で初めて一般的に認知されたフィアットとクリプト間の流動性市場にもなります。

CanuckCrypto Ekival:ブロックチェーンベースのエスクローサービスで、ユーザーがハワラシステム(代理人にお金を支払い、代理人が遠隔地の仲間に最終受取人への支払いを指示する送金システム)を送金に適用できるようにするものです。エキバルは、他の場所にいるユーザーが受益者に代わって取得を約束できる価値の蓄積(送金の場合は流動性プール)を、場所ごとに表示します。

Thrift Finance:THRIFTトークン保有者が管理、維持、アップグレードする分散型かつ信頼性の高い倹約貯蓄システムです。Thriftは、スマートコントラクトを通じて、アフリカのために、よりアクセスしやすく、効率的な金融システムを作ることを目的としています。

DeliveryChain:ブロックチェーン上に構築されたピアツーピアのソリューションを通じて、中央集権的な郵便業界を破壊したいと考えています。その目的は、アフリカ全域でより安く、より速く、より信頼性の高い小包の配達を可能にすることです。

Hippocrades:ブロックチェーンを活用し、セキュリティやプライバシーを損なうことなく医療システム間の情報交換を可能にする分散型医療情報交換システム。また、Hippocradesは、開発者がWeb3に対応した分散型医療アプリケーションを構築するための医療モジュールとAPIを提供しています。

WADA:アフリカ大陸とディアスポラでアフリカ人をエンパワーするWeb3マイクロレンディングソリューションの構築。WADAのビジョンは、ブロックチェーン技術によって実現される、より包括的な経済と社会です。

African Blockchain Center for Developers (ABCD):アフリカの人々を指導し、革命的なプロジェクトを構築する機会を提供することを目指す人材エコシステムです。ABCDの活動は、学習機会を提供し、スキルを持つ人材と潜在的な顧客との橋渡しをすることで、開発者のスキルギャップを埋めることを目的としている。

Waya Collective:世界の製造業に新しい均衡を見出すために、分散型企業ネットワークを構築しています。現在の中央集権的な生産方式は、長く複雑なサプライチェーンと相まって、関係者全員にとってかつてないほどの負担となっています。Waya Collectiveは、アフリカにフォーカスした生産者に、融資、ノウハウ、信頼できるパートナーのネットワークへのアクセスを分散型方式で提供することを意図しています。

詳細はこちら

これらのプロジェクトの進捗を随時追っていきますので、続報をお待ちください。

Ariobインキュベーターは、アフリカにフォーカスしたプロジェクトであれば誰でも参加できますので、アイデアを練っている方はぜひご連絡ください。

チャレンジの提案、Project Catalystの詳細、他の人が投稿したチャレンジに答えてみたい方は、Catalystメーリングリストを購読し、Catalyst Telegramコミュニティーに参加してください。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。