ニュース, ブログ, ...

ADAのエコシステムが活発化し、約1000のプロジェクトがカルダノ上で構築中 by Zcrypto

現在、分散型アプリケーション(DApps)の開発を支援・促進するために最適化されたエコシステムを構築することを目標とするBashoフェーズにあるカルダノは、すでにかなりの成長を記録し、これまでに約1000のプロジェクトがカルダノ上で構築されているとzycryptoが伝えています。

以下はzycrypto.comに掲載された記事「Nearly 1000 Projects Are Now Building On Cardano As ADA Ecosystem Flares With Massive Activity」を翻訳したものです。

ADAのエコシステムが活発化し、約1000のプロジェクトがカルダノ上で構築中

By Newton Gitonga – 2022年4月9日

Hydraのアップグレードが間近に迫り、カルダノコミュニティは着実な成長とシステムの強化を確保することに注力している。現在、分散型アプリケーション(DApps)の開発を支援・促進するために最適化されたエコシステムを構築することを目標とするBashoフェーズにあるカルダノは、すでにかなりの成長を記録し、これまでに約1000のプロジェクトがカルダノ上で構築されています。

NFTプロジェクトがリード:カルダノの相互運用性が光る

NFTプロジェクトは47.9%と最も活発で、ブロックチェーンの性能に期待するクリエイターとユーザーが集まっています。アメリカのラッパーであるスヌープ・ドッグは、Clay Nationと提携し、ネットワークに「象徴的な」NFTを導入し、カルダノNFTの最新のセンセーションとなりました。

ブロックチェーン間の相互運用を可能にするプロジェクトに軸足を置くユーザーが増える中、カルダノもこのテーマでゲームを強化してきました。今年初めにK EVMプログラムを立ち上げた後、カルダノはすでにクロスチェーンの互換性に進出している。3月下旬には、EVMでないブロックチェーンにEVM機能を提供するレイヤー2プロトコル「Milkomeda」がカルダノ・メインネットで稼働し、ユーザーは初めてEthereum DAppsをカルダノエコシステムにデプロイできるようになりました。これにより、より多くのイーサリアムベースのDAppsと流動性がもたらされることになります。

最近のレポートによると、世界の融資産業の市場規模は2028年までに260億8000万ドルに達し、2021年から2028年までのCAGRは24.0%を記録すると推定されており、カルダノもそのパイの一部を取る準備を進めているようです。先月、カルダノ上の融資プロトコルであるADALendは、カルダノネットワークとVelasおよびBSCネットワークとの間の新しいブリッジ機能を発表した。この機能により、ユーザーは自分のADALコイン(まだ開発されていない)をブリッジすることができ、プラットフォームのユーザビリティと機能性を高めることができるようになります。

ステーキング、DappsがTVLを後押し

AADA financeはカルダノをベースにした分散型ファイナンスレンディングプロトコルで、CoinbaseがADAのステークをオープンした数日後に、彼らのアプリで$AADAのステークを可能にしました。

分散型取引所もカルダノネットワークにローンチし、数百万ドル相当の流動性がブロックチェーンを通じて流れるようになりまし。この成長はADAのTVLに反映されており、現在約2億9900万ドルに達しており、流動性のほとんどはDEXにあります。カルダノは現在、Kusama (KSM)、Polkadot (DOT)、Solana (SOL)、Uniswap (UNI) を約 311.33% の開発活動で追っています。

ADAUSD Chart by TradingView

とはいえ、高値更新の兆しが見えれば、それに見合った値動きをすることは間違いない。現在、ADAは3月14日の価格0.78ドルから37%上昇した1.24ドルの新高値に達した後、1.03ドルで取引されています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。