ニュース, ブログ, ...

Vasilハードフォーク間近でカルダノの活動が活発化、最新動向はこちら by finbold

6月29日のVasilハードフォークが間近に迫り、カルダノの開発状況はあらゆる分野で活性化しており、最新動向についてfinboldが伝えています。

以下はfinbold.comに掲載された記事「Cardano activity ramps up as Vasil hardfork nears; Here are the latest developments」を翻訳したものです。

Vasilハードフォーク間近でカルダノの活動が活発化、最新動向はこちら

by Ana Nicenko 2022年5月6日

カルダノ (ADA) のエコシステムが成長し進化し続ける中、そのチームは、ネットワークのロードマップを実現するために毎週行われるすべてのアップデートをリストアップし、観察者にあらゆるステップで熱心に情報を提供してきた。

コア技術の面では、Vasilハードフォークに関する重要なアップデートがあった。これは、Finboldが以前に報告したように、2022年6月に予定されており、プロトコルを拡張し、その取引スループットを劇的に増加させ、それに伴って量と流動性を高めることを保証している。

4月29日のチームの最新状況によると、月末にはノードチームとコンセンサスチームが、カルダノ・ブロックチェーンの現在のコンセンサスアルゴリズムであるウロボロスプロトコルを、来るべきハードフォークのために準備していた。

さらに、チームはUTXO HDのパフォーマンス特性(Cardanoブロックチェーンの保存方法を定義)、拡散パイプラインのテスト、ベンチマークなどの作業を続けてきました。さらに、カルダノはネットワークのパフォーマンスをさらに高速化するために、ブロックサイズを10%増加させた。

あらゆる分野で頑張るカルダノチーム

一方、3月上旬に稼働したカルダノのDaedalus 4.9.0ウォレットについては、いくつかの作業が行われた。すなわち、そのチームは新しいcardano-node v.1.34.1をテストしてそれと統合し、またLedgerハードウェアウォレットに関連するいくつかのWindows問題を修正してテストしている。

その他、カルダノの開発会社Input Outputのコミュニティとエコシステム担当副社長Tim Harrison氏は5月5日、カルダノが5月末から6月中旬にかけて、バルセロナとテキサス州オースティンの2カ所で開発者向けイベントを開催する見込みであることを発表した。

ハリソン氏によると、バルセロナのイベントは監査と認証に焦点を当て、オースティンで行われるイベントの焦点は、カルダノベースのスマートコントラクトプラットフォーム「Plutus」と、カルダノ上で金融契約を書き、実行するために開発された言語「Marlowe」であるとのことだ。

この両者は、Plutusについてはバグの修正とドキュメントの段階的な更新、Marloweについてはメインネット上での最初の契約の実行と新機能の追加など、独自の改善を目撃している。

また、3月下旬にはPlutus Scriptsの数が急増し、2,000の大台を超えたことも特筆に値する。これらのスマートコントラクトは、前回のハードフォークイベントの一環として、2021年9月にブロックチェーン上でローンチされました。

一方、CoinMarketCapのデータによると、プレスタイム時点でのCardanoのデジタル通貨ADAの価格は0.863ドルで、過去24時間で5.10%、過去7日間で2.21%の上昇を実証しています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。