ニュース, ブログ, ...

カルダノファンの一部が「Djedが稼動したらすぐに$ADAが狂ったように走る」と予想する理由 by CryptoGlobe

FinTechスタートアップのCOTI Groupが、カルダノを搭載したアルゴリズム・ステーブル・コインDjedのパブリックテストネット版のリリースについて発表したことを受けて、カルダノファンの一部が「Djedが稼動したらすぐに$ADAが狂ったように走る」と予想する理由についてTheCryptBasicが伝えています。

以下はcryptoglobe.comに掲載された記事「Why Some Cardano Fans Expect $ADA to ‘Run Like Crazy as Soon as Djed Goes Live’」を翻訳したものです。

カルダノファンの一部が「Djedが稼動したらすぐに$ADAが狂ったように走る」と予想する理由

by Siamak Masnavi 022年5月5日

FinTechスタートアップのCOTI Groupが、カルダノを搭載したアルゴリズム・ステーブル・コインDjedのパブリックテストネット版のリリースについて発表したことを受けて、一部のカルダノファン(著名な$ADAホエールも含む)が、Djedのメインネット立ち上げが$ADA価格を大きく押し上げる理由を説明し始めています。

Djedとは?

2日間にわたるCardano Summit 2021の2日目である日曜日(9月26日)、Cardano($ADA)の開発を担当するブロックチェーン技術企業IO Global(IOG)とFinTechスタートアップCOTI Groupは、前者が開発、後者が発行するカルダノ用の新しいアルゴリズム・ステーブルコイン、Djed(ジェド)を発表しました。

Djedはスマートコントラクトを使用し、価格の安定化を図る。Djedは、分散型金融(DeFi)において有用である。それは、”ベースコインのリザーブを維持し、ステイブルコインとリザーブコインを鋳造して燃やす “という仕組みです。

Djedのホワイトペーパーには、Djedプロトコルは “目標価格にペグされた範囲の価格でステーブル・コインを売買する自律銀行のように振る舞う “とあり、Djedは “銀行が不安定な暗号通貨を備蓄しているという意味で “暗号に裏打ちされたものだと述べられています。また、Djedは “安定性の主張が正確かつ数学的に述べられ、証明された最初のステーブル・コイン・プロトコル “であることにも言及しています。

昨日公開されたブログ記事でIOGは、Djedが “ベースコインの予備を維持しながら、他の様々な安定資産と予備コインを鋳造して燃やすことで運用される “とし、”カルダノ・ネットワークでの取引手数料の支払いに使用するよう設計されており、取引コストをより予測可能にし、そのためユーザーにとって不安定で法外なガス代は回避されます。”と述べています。

COTIチームは、”ステーブル・コインは、支払いの決済や手数料をカバーするために、多くの暗号化ユーザーに採用される「キラーアプリ」である “と考えているそうです。

COTIグループのCEOであるShahaf Bar-Geffen氏は、次のように語っています。

ステーブル・コインのエコシステムは、過去数年間で驚異的に成熟しています。ブロックチェーン参加者は、ステーブル・コインを利用して日常的な取引を行っています。なぜなら、ステーブル・コインは、送り手と受け手の場所に関係なく、シームレスに貨幣価値を交換することを可能にするからです。Djedステーブル・コインをカルダノ・ブロックチェーンに追加することで、プラットフォーム上での取引決済方法が大幅に改善されると思います。

また、IOG共同創業者兼CEOのチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は次のように述べています。

Djedステーブル・コインは、暗号空間におけるゲームチェンジャーとなる可能性があり、業界がすでに天文学的な成長を経験している時に、全く新しい観客にアピールします。Djedは、暗号市場の価格変動に対抗する強固な方法を証明し、形式的検証に対する我々のコミットメントを共有しています。

COTIは、カルダノのエコシステムの長年のパートナーです。この新しいベンチャーに彼らが参加するのは素晴らしいことです。

Djedのパブリックテストネットバージョンがリリースされました。

今日早くに公開されたブログポストで、COTIは彼らの分散型アルゴリズム・ステーブル・コインのパブリックテストネットバージョンがリリースされたことを発表しました。

このブログ記事では、このリリースによって、「トライアル資金を使って、架空の安全な空間でプロトコルの主要機能をテストすることができ、”リスクを負わずにプロトコルのダイナミクスを理解する機会を皆に与える”」と述べている。また、”SundaeSwap、Minswap、WingRidersは、それぞれのプラットフォームでテストプールを通じてDjedのテストを始めている 」と言及されています。

COTIチームは、”パブリックテストネットの目的は、リリースのあらゆる側面をテストすること “であり、”いくつかの技術的な問題が発生することが予想される “と皆に注意を促している。Public Mainnet版については、6月にリリースする予定とのことです。

Djedのメインネットローンチにカルダノファンが興奮する理由

Djedのパブリックテストネット版がリリースされたその日、ある暗号ファン(Twitterの”@sneakergarnish“)は、「$djedの鋳造には$adaを担保としてロックする必要がある」ので、$ADAは「djedが稼働するとすぐに狂ったように走るだろう」と言いました。

ある大人気の偽名カルダノ($ADA)クジラ(Twitterで「@cardano_whale」)はこの評価に同意し、さらに一歩進んで、人々は$ADAをロックアップすることで得られる$DJEDステーブル・コインを使って、さらに$ADAを購入できることを指摘、そのため、Djedのメインネット立ち上げは$ADAにとって “最初の本当の供給ショック” をもたらす可能性があると考えているようです。

現在(5月5日午前11時30分UTC時点)、CryptoCompareのデータによると、$ADAは$0.8684前後で取引されており、過去24時間で5.63%上昇している。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。