ニュース, ブログ, ...

カルダノ、次回のハードフォークまでに2回の開発者向けイベントを計画 by Cryptoslate

Cardano(ADA)は、6月にVasilハードフォークの前に、今後2週間以内にバルセロナとオースティンで2つの開発者イベントを開催する予定あることをcryptoslateが詳しく伝えています。

以下はcryptoslate.comに掲載された記事「Cardano plans 2 developer events before next hardfork」を翻訳したものです。

カルダノ、次回のハードフォークまでに2回の開発者向けイベントを計画

by Oluwapelumi Adejumo 2022年5月6日

Cardano(ADA)は、6月にハードフォークを開始する前に、今後2週間以内にバルセロナとオースティンで2つの開発者イベントを開催する予定だ。IOHKの副社長であるTim Harrison氏がTwitterで発表した。

カルダノの開発者向けイベント

バルセロナのイベントは認証と監査に焦点を当て、5月末までに開催される予定だ。そして、次のオースティンでのイベントは、MarloweとPlutusに焦点を当て、6月中旬に開催される予定だ。

MarloweはCardanoのプログラミング言語の1つで、金融契約の開発・実行に使われる。一方、Plutusは、Cardanoをベースにしたスマートコントラクトプラットフォームである。

今後のCardanoの改善提案

6月29日までに、カルダノはVasilハードフォークを行い、ネットワークとスマートコントラクトの機能を改善することが期待されている。すでにIOHKは、ハードフォークに伴うCardano改善提案(CIP)の概要を発表している。

ユーザーは、CIP-31(Reference Inputs)、CIP-32(Inline Datums)、CIP-33(Reference Scripts )、CIP-40(Collateral Outputs)の4つの改良を期待できる。IOHKによると、これらのCIPはネットワークを改善するための新機能を提供する。

Inline Datumsは、データのハッシュを保存するだけでなく、オンチェーンにデータを保存できるようになります。

これにより、開発者がスクリプトと対話する際にデータを含める必要がない、より便利なアーキテクチャが提供されます。

参照スクリプトは、トランザクションをより小さくすることで、トランザクションをより安価にします。ユーザーはスクリプトを参照することでスクリプトと対話できるため、トランザクションごとに新しいスクリプトを含める必要がない。

担保出力は、取引を完了するのに十分な担保で、取引の検証プロセスを改善します。つまり、万が一取引に失敗した場合でも、ユーザーは担保を失うことがなくなります。

これらすべてのCIPは、Plutusのパフォーマンスを向上させ、ハードフォークが完了したときにアプリをより速く実行できるようにしながら、カルダノをより効率的にすることを目的としています。

カルダノに対するリテールの関心高まる

IntoTheBlockのデータによると、カルダノの個人投資家は過去30日以内に190%近く増加したことが分かっています。彼らはデジタル・トークンを1カ月未満で保有している。

ADAを1年以上保有しているユーザーは6%以上増加し、1カ月から12カ月の間にADAを保有しているユーザーは月単位で10%以上増加した。

これらのことは、暗号愛好家の間でカルダノへの関心が高まっていることを示しています。このブロックチェーンは、現在900を超えるプロジェクトが構築されており、ここ数ヶ月で最も活発なネットワークの1つとなっています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。