ニュース, ブログ, ...

カルダノ、TerraのUSTに対抗するアルゴリズム型ステーブルコインの発売を計画中 by Heraldsheets

カルダノとIOSTは、Terra USTの成功に触発されたアルゴリズム・ステーブルコインを開発する計画案を開示しました。

この新しい開発は、TerraやTronのように、不換紙幣の代わりにデジタル資産にステーブルコインを固定することを選択した他のいくつかのブロックチェーンの中に両当事者を位置づけられており、アルゴリズムによるステーブルコインが、ステーブルコインのシステムが直面する3つの重要な領域に対する解決策を提供することを目指しています。

問題点は以下の通りです。

  • オラクル価格の真正性の強化
  • 価格の安定性を維持し、インフレに対処するための希少性の処理
  • 短期的な価格の不安定さを抑制するための短期的な価格裁定システムの開発

これについてHeraldsheetsが詳しく伝えています。

以下はHeraldsheets.comに掲載された記事「Cardano Plans To Launch An Algorithmic Stablecoin To Rival Terra’s UST」を翻訳したものです。

カルダノ、TerraのUSTに対抗するアルゴリズム型ステーブルコインの発売を計画中

by Alicia Maher 2022年5月8日

アルゴリズム・ステーブルコインが一般に紹介されて以来、この新しい創造物は業界の多くの開発者のバズワードとなり、TerraのUSTは機能的なアルゴリズム・ステーブルコインのあるべき姿の申し子となりました。

TerraのUSTは、多くの開発者が自分たちのネットワークにステーブル・コインを作ろうとする試みを改善するために注目しているモデルです。

カルダノはIOSTと提携し、暗号に裏打ちされたアルゴリズム・ステーブルコインを立ち上げ

カルダノとIOSTは、Terra USTの成功に触発されたアルゴリズム・ステーブルコインを開発する計画案を開示しました。

この新しい開発は、TerraやTronのように、不換紙幣の代わりにデジタル資産にステーブルコインを固定することを選択した他のいくつかのブロックチェーンの中に両当事者を位置づけました。

アルゴリズムによるステーブルコインは、その価値が不換紙幣に固定されている暗号であり、場合によっては他のデジタル資産によって裏付けられ、安定化させることができる。さらに、アルゴリズム・ステーブルコインは新世代のステーブルコインであり、TetherやUSDコインのように不換紙幣のみを担保とするものとは多くの点で異なっています。

新しいステーブルコインのモデルを採用する論拠は、発行者が中央集権的なステーブルコインに伴うリスクを抑制する分散型構造が付属していることです。

水曜日に公開された、カルダノネットワーク上で進行中のアルゴリズムによるステーブルコイン開発の詳細を記した最近のブログ記事に基づいて、Djedは現在テストネット上で稼働しており、カルダノのネイティブトークンADAを使って安定化し、資産の準備通貨であるShenによって裏付けされる予定です。

カルダノネットワーク上のDjedは昨年9月にローンチされており、スケーリングが完了した後は、カルダノネットワーク上の運用の支払いに利用される見込みです。

IOSTの側では、このブロックチェーンは、アルゴリズムによるステーブルコインが、ステーブルコインのシステムが直面する3つの重要な領域に対する解決策を提供することを目指していると発表しています。問題点は以下の通りです。

  • オラクル価格の真正性の強化
  • 価格の安定性を維持し、インフレに対処するための希少性の処理
  • 短期的な価格の不安定さを抑制するための短期的な価格裁定システムの開発

ステーブルコインの未来はアルゴリズムにあり

Terraは、自社のUSDトークンをなんと100億ドル相当のBTCでバックアップすることを決定して以来、アルゴリズムによるステーブルコインの使用と採用をリードしています。このネットワークは短期間でその価値を高め、現在では時価総額の大きいステーブルコインの中で3位の座を占めています。

さらに、Terra USTは現在、時価総額で10番目の暗号資産としてトップ10に入り、ネイティブトークンのLUNAに迫る勢いであり、187億8000万ドルと評価されています。

Tronもまた、別のアルゴリズム・ステーブルコインが世界にその名を発表し、その分散型USDトークンのローンチに続いて大きな利益を記録しました。

とはいえ、規制当局は現在、ステーブルコインを従来の金融セクターに対するもう一つの脅威と見ており、ステーブルコインに対する厳しい規制が導入されても不思議はないでしょう。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。