ニュース, ブログ, ...

ホスキンソン氏:暗号市場の低迷についてVCと「ウォール街タイプ」を非難 by CryptoSlate

チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、自身の動画『A Few Musings』で、市場の低迷とVCと’Wall Street types:ウォール街タイプ’の責任について、いくつかの真実について発言しこれをCryptoSlateが伝えています。

以下はCryptoSlate.comに掲載された記事「Hoskinson blasts VCs, ‘Wall Street types’ for downturn in crypto markets」を翻訳したものです。

ホスキンソン氏:暗号市場の低迷についてVCと「ウォール街タイプ」を非難

by Samuel Wan 2022年5月11日

カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は水曜日に、暗号市場の低迷について自身の見解を示す動画を投稿しました。

彼は、10年以上暗号に携わっているため、すべてを2度見てきたと述べています。彼や他の “オールドガード “は、もう何も怖がることはありません。さらに、ステーブルコインの崩壊やプロジェクト終了詐欺などの不都合な出来事があっても、それが暗号の終わりを意味するものではないとも述べています。

新しい人々は、例えばステーブルコインの崩壊やBitconnectの崩壊など、何かが発生した途端に、これは暗号の終わりだと言い出します…

暗号の総市場規模が沈む

暗号の機関投資家の資金はしばしば賞賛されていますが、ホスキンソン氏は、デジタル資産に「ウォール街タイプ」を持つことは、価格を伴うことを明らかにした。すなわち、それは彼らにとって時代が悪くなったときに捨てるべき、もう一つの資産に過ぎないのです。

ほとんどの(機関)企業は、それ(暗号)をハイリスク・ハイリターンの資産として見ており、不況の時にはポートフォリオを再配分します。これは常にウォール街のタイプを招き入れる危険性がありました…そして市場が彼らの望む方向でないとき、彼らはそれを捨てます。

このような状況が、機関投資家と個人投資家の間に格差を生んでいる。個人投資家は、壊れたシステムから抜け出したいから、持ち続けることを選択する。しかし、同時に、彼らはこの問題に対する信念のために苦しんでいるのです。

暗号の時価総額は、2021年11月初旬の高値から1兆4870億ドル(51%)減少しています。

ゆっくりと着実にレースを勝ち抜く

ホスキンソン氏はこの機会に、カルダノの研究開発に対する科学的アプローチを改めて強調し、それが「セクシー」ではなく、「メディアから愛されていない」ことを認めました。しかし、彼はそれがブロックチェーン構築にアプローチする唯一の方法であると信じています。

その結果、機能する強固なプロトコルと、何よりも規模に応じた真の分散化が実現されるのです。

私たちが論文を書くのに時間をかけたのも、その論文に形式的手法を適用するのに時間をかけたのも、一度測定したら二度切りするのに時間をかけたのもそのためです。しかし、他の人たちはそうせず、VCの主人のために利益を追い求めたのです。

ホスキンソン氏は、暗号通貨の意義は、「何も持たずに幸せになれるという、提供されているディストピア的な未来」とは異なる選択肢を人々に与えることであると、私たちに思い起こさせました。

街中が血に染まっても、カルダノの創始者は、これまでやってきたことを続けていくと語った。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。