エポックな日々, ニュース, ...

2021年はニュークリプト時代の到来そしてカルダノの飛躍。カルダノステーキングライフ”エポックな日々”:in 240

2021年はニュークリプト時代の到来そしてカルダノの飛躍

皆さん新年明けましておめでとうございます。2021年はカルダノそしてクリプト業界全体にとって素晴らしい幕開けとなりました。

ビットコインは40000万ドルを超え、カルダノADAも¥36.70へ上昇し、時価総額も1兆円となりランキングは6位にとなっています。異次元の世界へ到達した感がありますが、カルダノに関しては今年のアップデートが目白押しのため、まだまだ始まったばかりだという認識です。

ということは今年の飛躍は想像を超えるものと予想しています。笑

今年もたくさんのニュースが目白押しで全てをフォローすることはできませんが、じっくり腰を落ちつけて振り払われないようにしたいところです。笑

12月と1月現在の主要ニュースをまとめていますので、よろしかったらこちらをご覧ください。

最新セレクトニュース with SIPOツィッター
2021年1月8日現在
2020年12月

2020年7月にバイロンからシェリーに移行し、ステーキングが始まって以来多くのアップデートがあり、来年の3月には100%完全分散化が達成され、全てのブロックが、カルダノコミュニティの手によって生成されることになります。

また昨年の12月にはゴウグエンプロジェクトのスマートコントラクトのハードフォーク、アレグラがリリースされました。またDevnetなど多くの開発プログラム言語や開発コミュニティを取り込む開発プラットフォームもリリースされ、今年の3月までにはスマートコントラクトプラットフォームとして、メインネットに接続されます。

また、プロジェクトカタリストによりヴォルテールプロジェクトが始動、カルダノ1.0の最後の天蓋となるガバナンスプラットフォームも動き出しました。

さらに今年6月(あくまでも予想)には芭蕉プロジェクトによるスケーラビリティやエンタープライズ向けのソリューション、ジェロニモに関する発表も予想され、2025年に向けた新たな提案カルダノ2.0の発表もありそうです。

何しろ2021年は大忙しのカルダノプロジェクトですが、ついにカルダノが実際に大きく飛躍する地固めを完了し、超がつく飛躍を得ることが容易に予想されるところまで来ましたので、今年は本当に1日1日が目を離せませんね。

SIPOステーキング状況

カルダノステークの一プールとして活動しているSIPOも、プールを[SIPO]:7月開設、[SIPO2]:11月開設、[SIPO3]:12月開設と徐々に基盤を固めながら、現時点でのブロック生成は1727(2021-1-8現在)、ステーク量126.6Mとなっております。これも一重に皆様の熱い応援のおかげです。本当に感謝しています。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

今後は更なるハードフォーク予定されており大変大忙しとなりますが、これまでのサーバー運営もしっかり問題なく動作してきましたので、引き続きアップグレード及びセキュリティの監視などしっかりこなしていきたいと思います。

また、シリーズとして「カルダノステーキングライフ”エポックな日々”」をスタートさせ様々な観点からカルダノニュースやステーキングライフの日常をお伝えしていきますので、よろしかったらおついあいくださいませ。

今年は、新しいことにも調整したいといき気持ちもありますので、今後ともどうぞ”SIPO”を引きつつづきよろしくお願いいたします。

それではまた!

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。