ニュース, ブログ, ...

通貨の暴落とインフレの高まりがエチオピアでの暗号通貨導入を後押しする

エチオピアでは、インフレ率の上昇とドルの不足により、闇市場での米ドルの価格が上昇し、暗号通貨を採用する人が増えています。一方、エチオピア政府は、カルダノとの協力関係を構築することを躊躇していないとNairametricsが記事で伝えています。

以下はNairametrics.comに掲載された記事「Crashing currency and rising inflation pushes cryptocurrency adoption in Ethiopia」を翻訳したものです。

通貨の暴落とインフレの高まりがエチオピアでの暗号通貨導入を後押しする by Nairametrics

by Ubah Jeremiah Ifeanyi 2022年6月9日

エチオピアでは、インフレ率の上昇とドルの不足により、闇市場での米ドルの価格が上昇し、暗号通貨を採用する人が増えています。

ブルームバーグによると、6月6日の闇市場でブルル(birr)は1ドル=82円で取引されており、先月初めから26%下落している。しかし、エチオピア通貨の公式レートは、本稿執筆時点で1ドルあたり51.56ビルと、1カ月で6%下がっている。

エチオピア国立銀行(NBE)は、暗号通貨は正当な支払い手段ではなく、住民はその使用を避けるべきだと表明している。同銀行は、エチオピアでの取引の決済に使用できるのは現地の通貨birrのみであると主張しています。

知っておくべきこと

  • エチオピアは、アフリカの多くの近隣諸国と同様に、暗号通貨の使用を明確に禁止しておらず、様子見をしています。一方、エチオピア政府は、この戦略の結果として、カルダノとの協力関係を構築することを躊躇していません。
  • カルダノは、ブロックチェーンベースの普遍的な学生資格認定システムの構築を意図するエチオピアの教育省を支援してきました。
  • カルダノの背後にいるチームであるインプット・アウトプット・グローバル(IOG)は、エチオピア教育省のために構築されているブロックチェーン・プロジェクトを立ち上げることが決まっていると、最近のYouTubeでの発表で述べています。
  • カルダノの採用だけでなく、政府がブロックチェーン技術に明らかに温情的であることも、NBEが暗号通貨は主にマネーロンダリング計画に使用されているという主張を繰り返すことを止めることはできませんでした。
  • 消費者物価は4月に年間ベースで37%上昇しましたが、これは主に食料品とガソリン代の上昇によるもので、ロシアとウクライナの戦争が長引く中、コストは増加し続けています。
  • 物価上昇圧力に対抗するため、政府は支出を抑制し、民間への外貨割り当てを制限しているため、闇市場に頼る輸入業者が増加しています。
  • 2020年後半に勃発した内戦により、エチオピアのドナー資金と米国市場への免税アクセスが失われ、さらにコロナウイルスの大流行とひどい干ばつによるサプライチェーンの困難が、通貨のひずみを助長しています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。