ニュース, ブログ, ...

カルダノが重要な開発マイルストーンを達成、「10ドルADA」価格の期待が高まっている

IOGチームがCardanoノード1.35.0のタグ付けとリリースに成功し、メインネットVasilリリースの最終候補となることが確認できたことをご発表しました。

報告によれば、カルダノのコアソフトウェアすべてについて、コードを完成させています。また、新しい Plutus v2 コード(スマートコントラクトのパフォーマンスを大幅に向上させる新しい CIP を含む)のテストは成功し、パフォーマンスとコスト改善の面で非常にポジティブな結果を得たと伝えています。

https://github.com/input-output-hk/cardano-node/releases/tag/1.35.0

これに伴い、ADAは最近の暗号市場の上昇の最前線にあり、資産が10ドルの価格帯を獲得する可能性があると改めて信じられているとZycryptoが伝えています。

以下はZycrypto.comに掲載された記事「Cardano Clinches Important Development Milestone As ‘$10 ADA’ Price Prospect Gathers Steam」を翻訳したものです。

カルダノが重要な開発マイルストーンを達成、「10ドルADA」価格の期待が高まっている by Zycrypto

By Okoya David Kio – 2022年6月26日

ADAエコシステムが大規模な活動で燃え上がる中、約1000のプロジェクトが現在カルダノ上で構築されています。

カルダノの開発チームであるInput-Output Global(IOG)は、土曜日のレポートで、Vasilハードフォークのローンチに必要な最後のノードであるノード1.35.0が正常にリリースされたことを確認しました。

“本日、IOGチームは、メインネットVasilリリースの最終候補となることが確認できたカルダノ・ノード1.35.0のタグ付けとリリースに成功したことを報告します。”と同チームのレポートは伝えています。

チームは、このノードのリリースにより、長い間待ち望まれていたカルダノのアップグレードに大きく近づいたと指摘している。チームによると、ノードの準備は整っており、次のステップはカルダノ・テストネットでのVasilハードフォークの立ち上げの準備である。

IOGによると、テストネット上のステークプール運営者の75%がアップグレードした時点で、チームはテストネットアップデート案を提出するという。さらに、IOGは、コミュニティは今週中に開発に関するより多くの情報を期待すべきであると述べている。

Vasilハードフォークは、カルダノネットワークで最も期待されているアップグレードの1つです。これは、ブロックチェーンを、ネットワークのロードマップのBashoフェーズとして知られる、拡張性と相互運用性を高めた段階へと導くと期待されています。さらに、ネットワークのTVLとADA評価を高めることが期待される500以上の開発中のDAppsが、ハードフォークの開始を待っています。

アップグレードは6月末にライブになる予定でしたが、火曜日にZyCryptoによって、アップグレードは現在7月末にシフトされたと報告されました。チームはブログの投稿で、アップグレードの複雑さに特別な注意が必要であり、そのため、急いではいけないと明かした。

アップグレードを見越して、投資家とホエールはネットワークのネイティブADAトークンを蓄積してきた。その結果、ADAは最近の暗号市場の上昇の最前線にあり、資産が10ドルの価格帯を獲得する可能性があると改めて信じられています。

本稿執筆時点で、デジタル資産は0.5ドルの価格帯で取引されています。それは過去24時間で4.52%、過去7日間で11.45%上昇し、172億ドルの時価総額で、暗号化市場で8番目に大きなコインです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。