エポックな日々, ニュース, ...

カルダノで構築するメリット:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック350

カルダノで構築するメリット

ブロックチェーンの歴史を変えるVasilハードフォークのメインネットへのカウントダウンが始まっています。この時点でカルダノで新規プロジェクトを立ち上げるメリットについて考察します。

第3世代のカルダノ

カルダノは、第3世代のオープンソースによるエネルギー問題およびセキュリティに優れた独自のプルーフ・オブ・ステークを用いたブロックチェーン・プラットフォームです。第1世代のビットコイン、そして第2世代であるイーサリアムが抱えている問題を研究し解決するように設計され開発が進められてきました。

ビットコインは分散型のプルーフ・オブ・ワークによるコンセンサス・アルゴリズ方式で暗号通貨を転送するように設計されています。そしてイーサリアムはこれに加えスマートコントラクトやカスタムトークンを利用でき、分散型アプリの開発が可能になりました。

カルダノはビットコイのUTXOモデルを基に開発された、革新的なEUTXO(拡張未使用トランザクションアウトプット会計モデル)を使用して、マルチアセットとスマートコントラクトをサポートしています。これによりカルダノは、システム障害なく複数の操作を処理するための安全で汎用性の高い環境を提供します。

このEUTXOモデルは、各UTXOは一度だけ消費できるため、トランザクション検証がはるかに簡単になるため、スケーラビリティとプライバシーが向上し、トランザクションロジックが簡素化されます。

IOGはブログ『Cardanoでスマートコントラクトのサポートを可能にした研究の概要』で次のように説明しています。

ビットコインによって実績が試されたUTXO台帳モデルは、安全性とスケーラビリティにとってのゴールドスタンダードです。

私たちは、イーサリアムが開発したスマートコントラクトの表現レベルを得ながらも、UTXOの比類なき安全性とスケーラビリティを維持するために、拡張UTXO(EUTXO)モデルを生み出しました。単純に、双方の最良の部分を取り入れたかったのです。

EUTXOがもたらすメリット

EUTXOは、イーサリアムをはじめとする他の会計モデルよりもユニークな利点があります。

カルダノのEUTXOモデルは、UTXOモデルの核となる安全性の利点を損なうことなく、より効率的なスマートコントラクトを提供する仕組みとなっています。

例えば、イーサリアムは、さまざまなユーザー定義のマルチアセット(トークン)を作成する機能を提供する事が可能ですが、イーサリアムのトークンは台帳で直接サポートされておらず、カスタムコードの繰り返しが必要です。

これは、トークン・コードはシステム自体の一部ではなく、複製され適応されるため、複雑さ、余分なコスト、非効率なレイヤーが追加されることになってしまいます。

この余分な追加コストのため、人為的なミスが発生する可能性があり、バグが発生した場合には金銭的な損失につながる可能性があります。

これに対して、カルダノは、台帳レベルで直接ネィティブにトークンが対応しており、イーサリアムが抱えてる上記の問題を解決しています。

このようにカルダノは、ビットコインの持つ安全性を継承しながら、イーサリアムが提供するスマートコントラクトやカスタムトークンなどの拡張性を獲得し、イーサリアムの持つ構造的課題を克服することに成功しています。

カルダノの安価な手数料とその革新的な仕組み

カルダノのEUTXOは、手数料において、予測可能な固定された手数料を提供し、さらに安価なコストを実現しています。

Messari

暗号市場のデータ、ツール、リサーチを提供するMessariが提供した、(執筆時点での)過去24時間のブロックチェーンで処理された純取引量と、徴収された手数料の合計の統計情報によれば、カルダノ(ADA)は24時間以内に米ドル建ての取引量でイーサリアム(ETH)を退け2位になっているにも関わらず、3位のイーサリアムの手数料は$4.52Mとなっており、カルダノの手数料は$12,341しか発生していません。

また、1位のビットコイン(BTC)が取引量は$48.72Bで(カルダノADA)の取引量$9.06Bのおよそ5.4倍にも関わらず、手数料は53倍以上になっています。

また、これに加えカルダノのEUTXOは、ファンジブルとノンファンジブルの両方の、複数の異なるトークンを含むバンドル(束)を一度に一つのトランザクションに入れて運ぶことが可能です。

IOGは記事『バベル手数料:ネイティブトークンで取引コストをデノミネーションする』で、好みのトークンを使ってプラットフォームと対話することを可能にする手数料の仕組みについて説明しています。

これは、バベル手数料と言われるもので、カルダノのUTXO(Extended UTXO)が、ADAだけでなく、実際には複数の異なるトークンを含むことができるトークンバンドルを運ぶことができ、かつカルダノ上のユーザー定義トークンで取引手数料を支払うことができる斬新な仕組みを提供します。

更にこのメカニズムを利用して、スポット取引のためのアトミックスワップのような他の様々な興味深いアプリケーションを可能にすることで、カルダノのアプローチの力と、ユーザーやステークプール運営者の多様で起業家的なコミュニティをサポートする能力を示すという可能性があります。

バベル手数料について詳しくは下記の記事をご参照ください。

イーサリアムの手数料と『Merge』アップグレード

高い手数料は、イーサリアムの混雑問題の悩みの種です。これはセカンドレイヤーによって解決されることを要求しており、これによって全体的なエコシステムに複雑な手続きと別のコストを必要とすることを意味します。これは率直に言って効率性欠くものとなっています。

news.coincu.comの記事『Ethereum’s Merge Will Not Reduce Gas Fees』によれば、イーサリアムの2022年の9月を予定している『Merge』アップグレードでは、多くの人が期待するようなネットワーク手数料の削減にはならないと伝えています。

イーサリアムの高いガス料金は、「コンセンサスメカニズム」の機能ではなく、ブロックスペースに対する需要の増加によるもので、Mergeの目的は、PoWのコンセンサス機構を非推奨とし、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)に置き換えることであると説明しています。

記事は、ネットワーク料金は減らないと結論付けており、その代わり、ユーザーはレイヤー2のソリューションを使ってコストを削減することができると述べています。

ますます楽しみが加速するカルダノの成長

カルダノは、2020~2021年にマルチアセットとスマートコントラクトのサポートが導入され、カルダノネットワークは分散型アプリケーション(DApps)を作成するための機能環境となりました。

そして現在カルダノは、今月から来月初旬にかけて予定されているメインネットでのVasilハードフォークの準備が、最終段階に来ています。

これにより、新機能と改善を通じて、機能性、パフォーマンス、スケーラビリティ、相互運用性の向上をカルダノにもたらすでしょう。

また開発環境であるPlutasがバージョン2へアップグレードすることで、スマートコントラクトおよび分散型アプリの開発環境は、より効率的に、簡単にカルダノの優れた先進的な機能を活用することが可能になります。

カルダノエコシステムで開発中のプロジェクトは、1000を超え、スマートコントラクトの数は2900と3000に迫る勢いです。

またGithubリポジトリで行われているカルダノの開発活動は、イーサリアム(ETH)やコスモス(ATOM)などの主要な暗号プロジェクトを圧倒的に上回って、堂々の1位を獲得しています。

また、現在イザナミも既に7月から本格的に研究開発チームを稼働させ、チーム一丸となってカルダノでの開発方法の習得と評価をスタートさせ、非常にエキサイティングな日々を送っています。

カルダノでの構築のメリットは、いろんな意味で大きいと自信を深めています。

また、株式会社サイモンズが提供するポイントシステムへの地域からの引き合いも、非常に多くなっているとのことで、ますます今後のイザナミの展開が楽しみなところです。

今年の秋から冬にかけてのカルダノの成長が本当に楽しみでなりません。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック350

GrayscaleがBCH、LTC、LINKを削除し、Cardanoが大型ファンドの中でウェイトを維持

2022年7月8日 (GLOBE NEWSWIRE) 世界最大のデジタル通貨資産運用会社で、Grayscale® Digital Large Cap Fund (OTCQX: GDLC) (Digital Large Cap Fund), Grayscale® DeFi Fund (DeFi Fund), Grayscale® Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund (GSCPxE Fund) の運用を行うGrayscale Investments®は、本日各商品における、2022年の第二四半期のレビューに関し、ファンド構成比率の更新を公表しました。

カルダノNFTの最大手マーケットプレイスでADAの銀行カードによる購入が可能に

カルダノ最大のNFTマーケットプレイスであるJPG Storeは、MoonPay決済サービスのプラットフォームへの統合を発表、これにより銀行カード&ApplePay経由でADAを購入する機会が到来しました。

Santimentオンチェーンデータアグリゲーターは、大規模なウォレットがADAの投棄をやめ、このコインの蓄積を再開したと報告
カルダノ創業者、イーロン・マスクのTwitter入札撤退とプラットフォーム構築計画についてこう語る

カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏は、テスラのイーロン・マスク氏によるツイッター買収の試みが失敗した場合に備えて、新しい分散型ソーシャルメディアのプラットフォームをゼロから構築することを提案。

カルダノのスマートコントラクトが3,000を超える勢い

Cardano Blockchain Insightsのデータによると、Cardanoが提供するスマートコントラクトプラットフォーム「Plutus」に基づくスマートコントラクトの総数は、7月12日時点で2,900と新たなマイルストーンに到達し、3,000を超えるまであと100スマートコントラクトとなりました。

カルダノのADAペイメントがADA Payプラグインを通じて700万の事業者が利用可能に

COTIは、Catalyst fund 7の受賞者の一人であるRodolfo Miranda氏が、中堅企業向けのOdoo(On Demand Open Object)上のADA Payプラグインを完成させたことを発表し、これによりカルダノのADAペイメントが、このプラグインを通じて700万の事業者が利用可能になりました。

VasilハードフォークはCardano (ADA)に10倍の利益をもたらす可能性

Coinquora.comは、現時点では、最大のライバルである時価総額約1280億円のイーサリアム(ETH)よりも実用性が高いことを見ると、カルダノの時価総額約140億円は、比較にならないほど矮小化されており、VasilハードフォークはCardano (ADA)に10倍の利益をもたらす可能性があると伝えています。

カルダノ(ADA)700万社以上の企業で決済可能に!冬の時代でも前進あるのみ!
カルダノが日々の開発活動でリードしていることがデータから明らかに

公開されているGithubリポジトリで行われているCardanoの開発活動は、Ethereum(ETH)やCosmos(ATOM)などの主要な暗号通貨を上回っており、最近のデータによると、Cardanoは過去24時間において最も活発に開発されている暗号通貨となっています。

ステーキング状況 in エポック350

エポック351開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック350ステーキング報告
SIPOエポック350ステーキング報告
[SIPO]は6200個目のブロック生成に成功
SIPO2エポック350ステーキング報告
[SIPO2]は4200個目のブロック生成に成功
SIPO3エポック350ステーキング報告
[SIPO3]は2800個目のブロック生成に成功

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。