ニュース, ブログ, ...

カルダノはグローバルな金融インフラを運営するための大きな候補になるかもしれない

Cardanoは、Atala PRISMプロジェクトを通じて実装された分散型ID(DID)により、仲介者なしで運用できる取引ネットワークの上に金融サービスを構築できるため、グローバルな金融インフラを運営するための大きな候補になるかもしれないと、U.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Here Is How Cardano-Based New Digital Economy Is Developing: Details」を翻訳したものです。

カルダノをベースにした新しいデジタルエコノミーはこうして発展しています。詳細 by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年7月27日

カルダノは、仲介者なしで運用できる取引ネットワークの上に金融サービスを構築できるため、グローバルな金融インフラを運営するための大きな候補になるかもしれない。

Cardanoは、Atala PRISMプロジェクトを通じて実装された分散型ID(DID)により、これを実現することになる。Cardanoの軽量ウォレットであるLaceは、今後のバージョンで投票とIDを統合する予定である。

さらに、Laceは多くのCardano製品を使用し、さまざまな機能を統合的なユーザー体験に融合させる予定だ。これには、簡単な有権者登録のためのProject Catalystと、アイデンティティと個人データを管理するためのAtala PRISMが組み込まれる予定です。

暗号通貨を使った決済は拡大している。これらがステーブルコインになるのか、特定のプロジェクトのネイティブコインになるのかは不明である。Cardanoは経済のトークン化を可能にするため、大きなインパクトを与えたいと考えている。

消費者がよりプライバシーをコントロールできるDID(Decentralized Identity)は、この未来の柱になるかもしれない。また、ピアツーピアの支払いも、参加者が誰と会話しているかを確認できるようになるため、よりシンプルになることが予想される。DeFiはDIDによって根本的な機能を向上させたいと考えており、既存の金融サービスや企業もいずれはこのアイデアを取り入れることになるでしょう。フォーチュン500の企業であるDishや、アフリカのいくつかの国でもDIDが採用され始めている。

昨年、Input Output Global(IOG)はエチオピア教育省との提携を発表し、カルダノ上に構築されたAtala PRISM技術を利用して500万人のエチオピア人学生に学歴を確認する方法を提供することを発表している。

カルダノはこの空間で最も発展した資産として君臨している

Santimentによると、カルダノは暗号空間で最も発展した資産であり続けています。

コードプッシュ、イシューインタラクションなどの分析によると、カルダノは暗号で最も開発された資産として君臨しています。チームからの定期的なアップデートは、関連する開発のみが含まれるように除外されています。

この24時間で、Cardanoの更新されたTwitterハンドルによると、50のリポジトリで635のコミットがプッシュされました。

免責事項:ここで述べられた意見は投資アドバイスではありません – 情報提供のみを目的として提供されています。また、必ずしもU.Todayの意見を反映したものではありません。すべての投資および取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。