ニュース, ブログ, ...

カルダノ創設者:「美しいものを作るには時間がかかる」、コミュニティからの声はこちら

カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン氏は、ゴシック建築の傑作とポーズを取りながら、「時には、どれだけ時間がかかろうとも、人々に美しいものを作らせなければならない」とツイートしていいます。これについてカルダノコミュニティは、カルダノのエコシステムの構築を暗に示していると受け取っており、これについてU.TODAYが伝えています。

以下U.TODAYはに掲載された記事「Cardano Founder: “Beautiful Things Take Time To Build”; Here’s What Community Says」を翻訳したものです。

カルダノ創設者:「美しいものを作るには時間がかかる」、コミュニティからの声はこちら by U .TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年07月31日

カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン氏は、ゴシック建築の傑作とポーズを取りながら、「時には、どれだけ時間がかかろうとも、人々に美しいものを作らせなければならない」とツイートしている。このツイートに対して、Twitterユーザーはさまざまな意味を作り上げている。何人かは、カルダノのエコシステムの構築を暗示していると受け止めた。

「つまり、カルダノは140年後に完成するのか?」これに対し、あるTwitterユーザーは質問した。Genius Yieldの公式Twitterハンドルは、「美しく、複雑で、強固なものは、構築するのに時間がかかる。しかし、一枚一枚、カルダノを我々のコミュニティ、エコシステム、そして世界のための業界標準に作り上げていきます」とコメントしています。

また、別のユーザーは、「このツイートはとてもクールだ…カルダノの進捗とどうリンクしているか、いろいろと解釈できる。私が思うに。カルダノは、この壮大な建築物のように、終わることのないプロジェクトです。最初のドミノが倒れるための実用性をもたらすために、レンガを一個一個積み上げていくのです。」

このツイートを、Cardanoの作者がVasilのハードフォークの遅延に関して発言していると受け取った人もいました。U.Todayが報じたように、IOGのテクニカルマネージャーであるKevin Hammond氏は、Cardano360のイベント中にVasilメインネットのローンチにあと数週間の遅れがある可能性をほのめかしました。

なぜVasilなのか?

Vasilは7月4日からテストネットで稼働しており、オンチェーンコードの動作の監視と最終的な統合プロセスの準備を可能にしています。

CardanoベースのDEXであるSundaeSwapはブログの中で、Vasilのハードフォークで何が新しくなったかを説明しています。Vasilは、拡散パイプラインや4つのCardano Improvement Proposals(CIP)を含むさまざまなメカニズムを通じて、Cardanoに機能性、パフォーマンス、スケーラビリティ、相互運用性の向上をもたらすことを期待しており、Cardanoにとって非常に大きなアップデートを意味します。

バジルアップデートには、Plutus v1スクリプトの3つの具体的な機能強化も含まれており、それはPlutusの速度改善、コストモデルのパラメータとデータムの更新などである。

IOGは、最新のWeekly Updateで、新しいノードv.1.35.3のリリースに向けた準備とPlutusツールのVasil Functionalityに向けたアップデートを報告しました。

免責事項:ここで述べられた意見は投資アドバイスではなく、情報提供のみを目的としたものです。また、必ずしもU.Todayの意見を反映したものではありません。すべての投資と取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。