ニュース, ブログ, ...

カルダノ・コミュニティが語る、大きな暗号空間で「独立」する理由の1つ

Cardanoコミュニティに特化したTwitterアカウントであるADA whaleは、BitcoinとEthereumに大きく支配された大規模な暗号コミュニティでCardanoが受け入れられてないように見える理由を語っています。

これをU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Community Gives One Reason for Its “Standalone” in Larger Crypto Space」を翻訳したものです。

カルダノ・コミュニティが語る、大きな暗号空間で「独立」する理由の1つ by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年07月31日

カルダノは一貫して、より大きな暗号通貨スペースからの批判に直面しており、最も重要なのはゴーストチェーンと比較されたことです。初心者には不可解に思えるかもしれないが、Cardanoコミュニティに特化したTwitterアカウントであるADA whaleは、BitcoinとEthereumに大きく支配された大規模な暗号コミュニティでCardanoが受け入れられてないように見える理由を知っているようだ。

彼は、「Cardanoは依然として主要な暗号文化であり、暗号のあるべき姿の独自バージョンの構築を目指している」と述べています。カルダノはまだGeminiやRobinhoodといったいくつかのトッププラットフォームに上場されておらず、これについて、そのコミュニティの一部のメンバーは最近になって不満を表明している。

ADA whaleによると、「カルダノがしばしば排除される理由は複雑だ 」という。彼は、この「排除」がカルダノをより強く、自立したものにしていると続け、「今やカルダノは他の人ができることはすべてでき、優れた安定性/安全性を持ち、イーサリアムよりずっと前にPoSを実現し、おそらく最も教育的で強いコミュニティです。」と述べています。

過去にCardanoは、そのUTXOモデル、実装への体系的なアプローチ、そして最近ではTVLに反映されているCardanoのDeFiエコシステムの成長の遅さについて大きな批判に直面したことがあります。ADAの価格に対する一般的な批判は、上位2つの暗号通貨と異なり、後ろに余分なゼロがないことです。

構築し続けるCardano

現在、1,045のプロジェクトがCardano上で構築されており、93のプロジェクトが最近Cardano上でローンチされました。NFTプロジェクトの数は6,304であり、Cardanoネイティブトークンは560万に達している。Plutusのスクリプトは2,981になりました。
.
カルダノはビットコインと同じだが、イーサリアムとは異なり、供給制限があり、コインの存続期間中に450億ADAしか作成されません。現在、339.3億ADAが流通しており、最大供給量の75%を占めており、CoinMarketCapのデータでは、これまでに345.1億ADAが作成されています。

記事公開時、ADAは0.53ドルで取引されており、過去24時間で2%上昇しています。

免責事項:ここで述べられた意見は、投資アドバイスではありません – それは情報提供のみを目的として提供されています。必ずしもU.Todayの意見を反映するものではありません。すべての投資およびすべての取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。