ニュース, ブログ, ...

カルダノが拡張している?チャールズ・ホスキンソン、パプアニューギニアで「本当にクールなもの」を開発中

Input Output Global社CEOでカルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、自身のツィートで、カルダノは「パプアニューギニアで”本当にクールなもの”に取り組んでいる」と伝えています。

U.TODAYはこれについて、ニューギニアはカルダノにとってもう一つのアフリカになるかもしれないとし、最近のカルダノのアフリカへの投資について取り上げています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Is Cardano Expanding? Charles Hoskinson Is Working on “Something Really Cool” in Papua New Guinea」を翻訳したものです。

カルダノが拡張している?チャールズ・ホスキンソン、パプアニューギニアで「本当にクールなもの」を開発中 by U.TODAY

by 2022年9月10日

Cardanoブロックチェーンを構築したInput Output Global社のクリエイターであるチャールズ・ホスキンソン氏は、自身のTwitterハンドルで、現在パプアニューギニアで「何かとてもクールなことに取り組んでいる」と述べています。

ホスキンソン氏は現地で具体的に何に取り組んでいるのかは明言しなかったが、過去の経験から、それはカルダノの新しいプロジェクトである可能性があります。

ニューギニアはカルダノにとってもう一つのアフリカになるかもしれない

ほぼ1年前の2021年10月、暗号の巨人で数学者のホスキンソン氏はアフリカを巡るツアーを行い、その中で彼はいくつかの国を訪問して公開演説を行い、その大陸でカルダノベースの革新的なプロジェクトを支援しました。

彼の言う「汎アフリカツアー」で、ホスキンソン氏はナイジェリアやザンジバルなどアフリカの数カ国を訪問し、大統領や高位政治家、ビジネスマンと面会しました。

それ以来、Cardanoは、アフリカの暗号スタートアップに支援を提供するためにCardanoが構築したエコシステムアクセラレーターであるAdaverseを通じて、アフリカのいくつかのブロックチェーンとフィンテックのスタートアップへの投資に参加しました。その中には、現地のブロックチェーンゲームギルドと分散型自律組織(DAO)であるAfriguildも含まれていました。

そして、Afriguildは、約1億人のアフリカ人を暗号とWeb3に引き込むことを意図していると発表しました。

最近のアフリカでのカルダノ投資

全体として、ホスキンソン氏は、近い将来、アフリカは、それらから生み出される多くの富を持つ、ブロックチェーンと暗号の採用率が最も高い大陸になると考えています。

最近U.Todayが報じたように、Cardanoはアフリカのフィンテック企業Pezeshaへの1100万ドルの投資ラウンドに参加し、マイクロファイナンスと地元の中小企業への手頃な融資に焦点を当てました。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。