ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン氏が語る、Vasilがカルダノ・ブロックチェーンに恩恵をもたらすかもしれないもう一つのこと

カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン氏のツィートによれば、SPOはサイドチェーンを運営し、それらのネイティブトークンで報酬を得ることで、複数の収益源を得ることができると述べています。

これについてU.TODAYが伝えています。

以下はU.today掲載された記事「Cardano Vasil: Charles Hoskinson Speaks on One Other Thing That Might Benefit Blockchain」を翻訳したものです。

チャールズ・ホスキンソン氏が語る、カルダノVasilがブロックチェーンに恩恵をもたらすかもしれないもう一つのこと by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年9月25日

Vasilのアップグレードは、9月22日にメインネット上で成功裏に開始されました。待望のアップグレードに先立ち、カルダノベースのNFTプロジェクトであるArtanoは、広範なテストから得られた知見を発表しました。Plutus v2を利用した場合、スクリプトサイズが90%以上減少し、それに伴ってコストが75%以上削減されたことが報告されています。

コスト削減はブロックチェーンに新規ユーザーを呼び込む上で全体的に有益ですが、現在懸念されているのはSPO(ステークプール運営者)の収益性に関わるものです。

ステイク・リワードデータによると、カルダノはステイクマーケットキャップ115億2000万ドルで第3位のブロックチェーンにランクインしています。莫大な額のステークにもかかわらず、カルダノのステーク報酬は3.62%であり、他を寄せ付けない。オブザーバーは、報酬の割合が低いことで、ブロックチェーンがインフレやハイパーインフレに陥らないことを保証すると主張しています。

Vasilのアップグレードに伴う低いステーキング報酬と取引手数料の大幅な削減の中で、SPOの収益性に懸念を示したユーザーに対し、カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏は、「サイドチェーンはこの問題を解決する」と発言、次のように述べています。

SPOはサイドチェーンを維持し、それらのネイティブトークンで報酬を得ることで、複数の収益源を得ることができます。

カルダノは、開発者とブロックチェーン愛好家のコミュニティを着実に拡大している。最近のIOGの統計によると、現在までに610万以上のネイティブトークンと1,107のプロジェクトがカルダノ上で構築されています。

カルダノのサイドチェーン

カルダノにサイドチェーンを追加することで、イーサリアム上のSolidity言語を使用する開発者に機会を与えることが可能になります。例えば、Ethereum Virtual Machine(EVM)を使えば、開発者はカルダノの上で簡単にdAppsを構築することができる。

現在、カルダノ上で稼働しているサイドチェーンには、Milkomeda、Wanchainなどがある。Orbisは、カルダノのエコシステム内で開発されている追加のスケーラビリティソリューションで、ZK(ゼロ知識)ロールアップのレイヤー2プロトコルとして機能する予定です。

IOGは今年、新しいパーミッションレスEVMサイドチェーンをリリースすることを計画しています。このサイドチェーンにより、開発者はカルダノ上でSolidityスマートコントラクトを書き、EVM互換のdAppsとERC20互換のトークン(そしていずれは独自のサイドチェーン)を作成することができるようになるのです。

免責事項:ここで述べられた意見は投資アドバイスではありません – 情報提供のみを目的として提供されるものです。必ずしもU.Todayの意見を反映したものではありません。すべての投資およびすべての取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。