ニュース, ブログ, ...

ホスキンソン氏、2024年までにカルダノにVCマネーの洪水が訪れると予想

Mainnet 2022: IOHK’s Charles Hoskinson on What Everyone Gets Wrong About Cardano

ニューヨークで開催されたMainnet 2022で、チャールズ・ホスキンソン氏は、長期戦に勝つための、ゆっくりとした、しかし着実なアプローチについて説明しており、現在はカルダノが”ponzinomics(ポンジスキームのトークノミクスを合わせた造語)”を持っていないことから、現在のところVCは他の場所に目を向けています。しかし、カルダノのdAppエコシステムが軌道に乗れば、VCの資金がやってくるとホキンソン氏は見ています。

このセッションのスピーカーは以下の通りです。

+モデレーター:ライアン・セルキス(Messari社共同創業者兼CEO
+チャールズ・ホスキンソン(Input Output Global, Inc.CEO兼創業者)。

メサリが業界トップのリサーチ、データ、ツールで暗号資産ゲームのレベルアップを支援する方法の詳細については、https://messari.io/ をご覧ください。

これについてCryptoSlate.comが記事で伝えています。

以下はCryptoSlate.comに掲載された記事「Hoskinson anticipates flood of VC money coming for Cardano by 2024」を翻訳したものです。

ホスキンソン氏、2024年までにカルダノにVCマネーの洪水が訪れると予想 by CryptoSlate.com

by Samuel Wan 2022年9月28日

ニューヨークで開催されたMainnet 2022で、ホスキンソン氏は人々がカルダノについて間違った認識をしていることについて話しました。

話題は、ビットコインのベース(UTXO)から始めることの利点、必要な前にアップグレード可能な経路を考慮したゆっくりとした方法論、スマートコントラクトの設計のニュアンスなど多岐にわたります。

簡単な解決策を差し込めるように、難しい重い作業を今やってもいいのか?一方、他のすべての人々は、古いシステムを取り込んで、意図していなかった機能を持たせるために改造しようとしています。


しかし、特に興味深かったのは、ベンチャーキャピタルの資金に関するホスキンソン氏の見解である。

VCはカルダノに興味がない

リサーチプラットフォームMessariを共同設立した消極的なライアン・セルキス氏を前に、ホスキンソン氏は一部のVCがカルダノのエコシステムを見過ごす理由を説明しました。

Input Output (IO) CEOは、「問題は、我々が彼らのためにポンジノミクスを持っていなかったことだ」と述べ、その前に、VCはリテールバッグホルダーにダンピングするために不当な早期分配によって短期的利益を追いかけると詳しく説明しました。

この指摘を裏付けるように、ホスキンソン氏は、高い評価額で市場に投入された無名の企業の例を挙げた。しかし、その直後に内部関係者がトークンを投げ捨て、価格下落を引き起こし、初期投資家は大金を手にすることができませんでした。

EOSに起きたことは、ホスキンソン氏の勘定を反映しています。2018年に行われた44億ドルのイニシャル・コイン・オファリングは、これまでで最大の調達額とでした。

カルダノの「平等主義的な(トークンの)分配」を考えると、そのような機会は存在せず、プロジェクトがVCに見過ごされることにつながりました。

カルダノは公平に分配され、素晴らしいジニ:gini係数(所得などの分布の均等度合を示す指標)を持ち、最も分散された通貨の一つです…だから、売りに行くためのインサイダー分配は存在しませんでした。

ジニ係数とは、富の分配を表す指標のこと。暗号通貨では、チェーンの中央集権化の度合いを数値化するために使われ、数値が1になると絶対的な不平等を示し、逆に数値が0になると完全な分配を意味します。

変わるべきものは変わる

しかし、「欲は彼らのものであり、金儲けはLPに対する “fiduciary obligation “であるため」、状況は変わろうとしているとホスキンソン氏は言う。

この動きのきっかけとなるのは、カルダノのdAppエコシステムが軌道に乗り、プロジェクトが数十億円の価値を持つようになったときだ。ホスキンソン氏は、今後2年以内にこのような事態が起こると予測している。

彼らが関与するのは、複数のCardano dAppが数十億ドルの評価を受け始めるのを見たときです。なぜなら、投資するものがあり、接続するものがあるからです。だから、おそらく2023年、2024年だ。

いずれにせよ、IOのCEOは、エコシステムがすでにコミュニティが運営するCatalystファンドに独自のVCを持っており、現在5億ドルのADAを保有し、Cardano上に構築しようとするスタートアッププロジェクトを支援できることを指摘した。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。