ブログ, 情報, ...

カルダノでは、分散型金融はどのようになるのか?:What will decentralized finance look like on Cardano?

*この記事はカルダノ財団による「What will decentralized finance look like on Cardano?」を翻訳した記事になります。

カルダノでは、分散型金融はどのようになるのか?

過去1年間にブロックチェーンに少しでも興味を持ったことがあれば、分散型金融の現象に出くわしたことがあるだろう。

DeFiは、ブロックチェーンプロトコルの上で提供される伝統的な金融商品やハイブリッド金融商品のほとんどに適用できます。これには、オープンレンディングプロトコル、ピアツーピアローンプラットフォーム、あるいは伝統的な金融プロバイダーに典型的に関連するサービスの提供が含まれます。

しかし、DeFiには火の洗礼があった。料金の高騰、スマートコントラクトの悪用、大幅なユーザー損失の話などから、透明性、真の分散化、高度な保証に基づいたDeFiのインフラとプロセスの改善に焦点を当てる必要がありました。

Mary hardforkを通じたCardanoの重要なマイルストーンが間近に迫っている今、CardanoをDeFiアプリケーションを構築するための非常に魅力的なブロックチェーンにする機能を検討するのに良いタイミングです。ここでは、Cardanoが今日のDeFiのランドスケープにどのように大きな影響を与え始めるかを探っていきます。

CardanoがDeFiアプリケーションにもたらすメリット

まもなく、メアリーハードフォークを通じて、トークンフォージングとマルチアセット台帳がカルダノブロックチェーン上で利用できるようになります。これにより、分散型アプリケーション(DApps)、ネイティブ・トークン、そしてDeFiのユースケースへの道が開かれることになります。

しかし、なぜDeFiプロジェクトは、ピアプロトコルの1つではなく、Cardano上で実行することを選択するのでしょうか?ここでは、CardanoブロックチェーンがDeFiプロジェクトのために優れていると思われる簡単な分野に分解してみましょう。

1. トランザクション手数料の削減

ガス料金の複雑なトピックはこの記事の範囲外ですが、高額のガス料金は、DeFiプロトコルにとって大きな問題であり、障害となっていることを要約できます。一部のプロトコルのガス料金は、ネットワーク需要の増加により非常に高くなっているため、ユーザーは単一のトランザクションを処理するため法外な料金を支払うと報告しています。

ガス料金の上昇は、価値を動かしてスマートコントラクトコードを実行するときにDeFiプロトコル自体のコストが高くなるだけでなく、新規ユーザーの参入障壁にもなります。

私たちが知っているように、分散型金融商品の最大の潜在的なユーザーグループを引き付ける場合新興経済国のコストを低く抑える必要があります。銀行サービスに高額の手数料を支払うのと同様に、新しい金融インフラストラクチャを切実に必要としている多くのユーザーは、コストが高すぎるとDeFiソリューションを探求しません。

Cardanoでは、ネイティブ・トークンとアセット間の取引は、オンチェーンでの展開方法により、実行手数料が発生しません。これについては以下で詳しく説明しますが、要するに、DeFiはCardanoを介して、より手頃な価格で利用できる可能性を秘めているということです。

2. トークンとスマートコントラクトのセキュリティ

トークンは、ほとんどの既存のDeFiプロトコルの不可欠な部分であり、ガバナンス、ユーティリティ、または収量配分のために使用されています。Ethereumのような他のチェーンでは、トークンはスマートコントラクトを必要とし、多くの場合、トークンコントラクト内に複雑な目的のために書かれたコードを展開する必要があります。

これらのトークンは「非ネイティブ」、つまり、基礎となる元帳ではサポートされていないと言えるでしょう。一方、カルダノのトークンは「ネイティブ」です。これは、Cardano上の資産を表すトークンは、スマートコントラクトを使用するのではなく、Cardanoの元帳上で直接実行されるトークンロジックを使用することを意味します。トークンを展開するためのスマートコントラクトの必要性を取り除くことで、Cardanoはトークンのスマートコントラクトとのやりとりに伴うガスコストの大きな負担を取り除くことができます。

スマートコントラクトを通じて起動されたトークンごとにカスタムコードを生成するには、そのコードに対する非常に高い信頼性が必要です。これらのコントラクトの多くが潜在的に数十億ドル相当のオンチェーン価値を担っているにもかかわらず、ヒューマンエラーはスマートコントラクトベースのトークンにおける本当のリスクです。その結果、トークンのスマートコントラクトのバグにより、すでに数年間で何百万ドルもの価値がユーザーの手に渡っており、スマートコントラクトの悪用はある程度定期的に発生しています。

一方、Cardanoはユーザー定義のネイティブ・トークンをサポートしているため、カスタム・コードを必要とせずに DeFiトークンを偽造することができます。カスタムコードが必要なのはミントポリシーだけで、これはそれぞれのトークンと永久にハッシュ化されており、ポリシーを変更する方法はありません。

Cardanoはこれを実行すると同時に、特別な契約を必要とせずに代替可能および代替不可能なトークンをサポートします。これにより現実世界の資産を安全かつ安価にオンチェーンで表現する方法を提供しています。

深刻な機関がDeFi製品の発売を検討している場合、カスタムコード化されたスマートコントラクトに固有の脆弱性と危険性を解決するトークンは非常に魅力的であることがわかります。

3. カルダノコミュニティパワー、究極のDeFiカタリスト?

このセクションでは、あなたについてご紹介します。

Cardanoのコミュニティは非常に強力です。私たちは共に、他のプロトコルが長い間目指してきた偉業、すなわち、コミュニティ主導のステークプール、繁栄するステークと委任のエコシステム、活気に満ちたコミュニティチャンネルを通じた完全な分散化を達成しました。

これは、DeFi開発者の才能を引き付け、Cardano上の新しいソリューションに資金を提供する上で非常に重要なものです。

既に3,000人以上の人々が投票にサインアップし、Fund3を通じて50万ドルの資金調達が可能になったProject Catalystは、これまでのブロックチェーンにおけるコミュニティ主導の最大の資金調達イニシアチブの一つです。

Cardanoコミュニティの端に力を押し出すことで、すでに資金調達に成功したDeFiの提案があり、これはCardanoのトップに立ち上がる最初のプロジェクトの1つであり、私たちのコミュニティがそれを実現させました。今後、私たちのコミュニティは、あらゆる種類のソリューションのためのCardanoブロックチェーンの開発と採用の推進力となるでしょう。

メアリーが地平線上にいることで、私たちは今、Catalystを通じてより多くのアイデアが開花するのを楽しみにしています。

プロジェクト・カタリストに登録するには、ここをクリックしてください。

重要なポイントは以下の通りです。

Cardano上でネイティブトークンを転送する際の執行手数料は無料です。

Cardanoでユーザー定義トークンを起動するために必要なカスタムコードは最小限です。

Cardano上のユーザー定義トークンのデプロイメントで悪用できるカスタムコードはありません。

DeFiは、より手頃な価格で、より安全に、より簡単にCardano上で起動できるようになります。

Cardano上に構築されたDeFiソリューションのアイデアをお持ちですか?
Ideascale経由でProject Catalystに提案し、コミュニティに投票してください。または、開発者フォーラムにアクセスして、会話に参加してください。

また、スマートコントラクトを書くための新しく更新されたPlutus Playgroundを探索することもできます。

*分散型金融についての詳細は下記の記事をご覧ください。

Cardanoは新興国における金融包摂を加速させることができます。

分散型アプリケーションとスマートコントラクトの入門編。

発展途上の世界が3年でDeFiに1億人のユーザーをもたらす?| 記者会見|チャールズ・ホスキンスン氏インタビュー。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。