ニュース, ブログ, ...

Forkast.Newsに語ったIOHKのチャールズ・ホスキンソン氏の2021年の三つの予想

下記は、ForkastNewsの記事「IOHK’s Charles Hoskinson says proof of stake is much better than proof of work」の記事から一部抜粋要約しコメントを加えたものです。

Forkast Forecasts 2021で語られたブロックチェーン関連分野のリーダーたちによる2021年の予測で、チャールズさんは下記の三つの予想をしています。

個人的にチャールズさんは未来予測においてとても素晴らしい分析能力があり、カルダノのロードマップに大変明確な意思を与え、それが社会の変化とともにマッチングし実際に実現されてきています。

チャールズさんは下記の動画で2021年の主な未来予測として下記の三つを予想しています。

クリプト業界の米国政策はジャネット・イエレン新財務長官に依存するだろう
プルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへと移行する業界
複製型システムから分散型システムへの動き

*以下は記事からの一部抜粋と要約

Forkast.Newsに語ったこれからの1年の予測

IOHKとカルダノの創業者も語る、ジャネット・イエレン新米財務長官がクリプト業界の未来にとって「唯一の最大の発展」である理由など三つの予測について語っています。

Forkast Forecasts 2021へようこそ。このシリーズでは、ブロックチェーン関連分野のリーダー、イノベーター、先見の明のある人たちが、Forkast.Newsにこれからの1年の予測を語っています。

チャールズ・ホスキンソン氏は、暗号技術と分散システムの研究開発を行うIOHK社の創業者であり、最高経営責任者です。

IOHKの前には、ホスキンソン氏はEthereumだけでなく、ブロックチェーン関連のスタートアップであるInvictus Innovationsを共同設立しました。また、ビットコイン財団の教育委員会の創設委員長を務め、2013年にはクリプトカレンシー研究グループを設立しました。

2021年の予測

クリプト業界の米国政策はジャネット・イエレン新財務長官に依存するだろう

私たちの業界にとって最大の発展は、ジャネット・イエレン氏が何をするかだと思います。基本的に、彼女はFinCENが何をするのか、SECが何をするのか、CFTCが何をするのかを決定しなければならないでしょう。CFTCは何をするのか?

プルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへと移行する業界

多くのテクノロジーが会話を強制しています – プルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへの価値の大きな動きが起きています。

現在、ここでのリーダーはEthereum 2.0のEthereumです。しかし、私たち全員がまとめて-ポルカドットであろうとEOSであろうとテゾスであろうとカルダノであろうと-私たちが言いたいのは、プルーフオブステークの方がプルーフオブワークよりも、少なくともビットコインのフレーバーのプルーフオブワークの方がはるかに優れているということです。

この傾向は本当に面白くなってきており、プルーフオブステークの運用に関する規制上の疑問や税務上の疑問が、プルーフオブワークとは明らかに異なるものになってきています。

複製型システムから分散型システムへの動き

誰もが同じであるような均質なシステムから、異質なシステムへと移行しなければならないでしょう。また、不愉快な真実を議論しなければなりません。例えば、スマートコントラクトの場合は特に、すべてのものを永遠に保存しているわけではないかもしれません。

今年は、このような不都合な真実が進展し、最終的には採用される年になると思います。一旦それが落ち着けば、これらのシステムはビットコインやその他のものよりも競争力のあるものになるでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。