ニュース, ブログ, ...

カルダノがDUSTトークンを発表

カルダノは先日、ゼロ知識データ保護ベースのサイドチェーンであるMidnightと、その次期トークンであるDUSTを発表しました。

DUSTトークンについてU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Just Introduced DUST Token, Here’s What Is Known」を翻訳したものです。

カルダノがDUSTトークンを発表 by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年11月20日

カルダノは先日、ゼロ知識データ保護ベースのサイドチェーンであるMidnightと、その次期トークンであるDUSTを発表しました。

Midnightの更なる詳細はまだ入ってきているが、そのトークンであるDUSTについてはほとんど何も知られていません。このため、何人かのカルダノユーザーは、DUSTトークンが一体どんなものなのか、そしてその後に続くユースケースについて疑問を抱いています。

また、DUSTがローンチされたとき、カルダノ・ブロックチェーンのネイティブ暗号通貨であるADAの状況はどうなるのかという推測もあります。

こうした憶測に対し、カルダノに特化したTwitterアカウント「ADA whale」は、DUSTトークンについてこれまで知っていることを紹介しています。彼は、DUSTトークンは別のチェーン上に存在し、他のトークンと同様に関連性を獲得しなければならないため、ADA暗号通貨を切り下げることはないと考えています。

さらに彼は、「ADAの最大供給量と放出スケジュールは変わらず、DUSTはカルダノの合意や収益のテーブルに席を与えることはありません。」と付け加えました。

Midnightブロックチェーン上でDUSTをガスとして使用する可能性に対し、ADAクジラは 「そういうアイディアだと思う、そうだね。 」と言っています。

ただし、DUSTはまだローンチされていないため、ユーザーは詐欺やニセのトークンに注意する必要があります。

Midnightの詳細

公式サイトによると、Midnightはデータ保護に基づくブロックチェーンで、結社、商業、表現の基本的自由を守りつつ、機密性の高い商業データや個人データを保護します。

関連記事
カルダノMidnight モネロ、否定的な発言を撤回

基礎となる研究は、IOGが2年前に発表した「Kachina」という論文で、プライバシーを強化したスマートコントラクトに踏み込んでいます。

免責事項:ここで述べられた意見は投資アドバイスではありません – それは情報提供のみを目的として提供されています。必ずしもU.Todayの意見を反映したものではありません。すべての投資および取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。